【リオ五輪】自転車競技・男子ロードレースのコース・出場選手・優勝候補・優勝予想をまとめました。サイクルロードレースファンは必見!

2016年8月5日、いよいよリオデジャネイロ五輪がスタート!
そして早くも2日目の8月6日には自転車競技・男子ロードレースが行われます。

本記事では観戦に役立つ情報として、ロードレースの概要・コース・出場国と出場選手について紹介いたします。

競技概要

まずは、ロードレースと個人タイムトライアルそれぞれの競技概要を紹介します。

ロードレース

全選手が一斉にスタートし、ゴールでの着順を争う競技です。
ロードレースは基本的に個人競技なのですが、実際のレースでは国ごとにチームを組んで、エースを勝たせるためにアシストが風除けになったり、他国の選手を牽制したりと、様々な駆け引きが繰り広げられながらレースは進んでいきます。

個人タイムトライアル

選手が1人ずつスタートし、ゴールするまでにかかったタイムを争う競技です。
集団で走るロードレースと違い、タイムトライアルは完全な個人戦です。

他の選手を風除けとして利用することができないため、独走力の高い選手が有利です。

前回大会(ロンドン五輪)の結果

ロードレース 個人タイムトライアル
金メダル アレクサンドル・ヴィノクロフ ブラッドリー・ウィギンス
銀メダル リゴベルト・ウラン トニー・マルティン
銅メダル アレクサンダー・クリストフ クリス・フルーム

ロードレースはオールラウンダーがメダルを獲得しています。

1日で結果が決まるレースだとスプリンターが有利に思えますが、上りでアタックを掛けるなど、レースの展開次第ではスプリンターに仕事をさせないということも可能なのですね。

競技日程(日本時間)

  • 8月6日(土)21:30~28:15:男子個人ロードレース
  • 8月10日(水)20:30~25:20:男子個人タイムトライアル

自転車競技・ロードレースは2日間の日程で行われます。

放送予定(日本時間)

  • 8月7日(日) 午後3時~ 「男子個人ロードレース」

男子ロードレースは、NHKがBS1で録画放送を予定しています。

コースについて

男子個人ロードレースと個人タイムトライアルで使われるコースを紹介します。

個人ロードレース

コースマップ

167883_8-LG-HD

コースプロフィール

20160801rio

 

リオデジャネイロ市内をスタートし、海岸線を走るコースです。

細かいアップダウンはありますが、斜度は最大5.7%とあまりきつくありません。

個人タイムトライアル

コースマップ

167884_8-LG-SD

コースプロフィール

※編集中

個人TTは1周29.8kmのグルマリ周回コースが使用されます。

スタートとゴール地点はポンタウビーチで、男子は2周・59.6kmを走ります。

結果

男子ロードレース

順位 選手名 国名 タイム
金メダル グレッグ・ヴァンアーヴェルマート ベルギー 6:10:05
銀メダル ヤコブ・フグルサング デンマーク +0秒
銅メダル ラファル・マイカ ポーランド +5秒
4位 ジュリアン・アラフィリップ フランス +22秒
5位 ホアキン・ロドリゲス スペイン +22秒
6位 ファビオ・アル イタリア +22秒
7位 ルイ・メンティス 南アフリカ +22秒
8位 アンドレイ・ツェイツ カザフスタン +25秒
9位 タネル・カンゲルト エストニア +1分47秒
10位 ルイ・コスタ ポルトガル +2分29秒

※27位 新城幸也・・・+9分38秒

個人タイムトライアル

順位 選手名 国名 タイム
金メダル ファビアン・カンチェラーラ スイス 1:12:15.42
銀メダル トム・ドゥムラン オランダ 1:13:02.83
銅メダル クリス・フルーム イギリス 1:13:17.54
4位 ホナタン・カストロビエホ スペイン 1:13:21.50
5位 ローハン・デニス オーストラリア 1:13:25.66
6位 マチェイ・ボドナル ポーランド 1:14:05.89
7位 ネルソン・オリヴェイラ ポルトガル 1:14:15.27
8位 ヨン・イサギレ スペイン 1:14:21.59
9位 ゲラント・トーマス イギリス 1:14:52.85
10位 プリモシュ・ログリッチェ スロベニア 1:14:55.16

出場国と参加選手

男子ロードレースの出場国と参加選手の一覧です。

各国の出場枠は、UCI(国際自転車競技連合)が発表する国別ランキングによって決められています。日本は2枠が与えられ、新城幸也と内間康平が出場します。

個人ロードレースの有力候補:黄色マーカー

個人TTの有力候補:ピンクマーカー

ベルギー

国別ランキングではイギリスに次いで5位。自転車大国の復権なるか。

  • フィリップ・ジルベール
  • セルジュ・パウエルス
  • グレッグ・ヴァンアーヴェルマート
  • ティム・ウェレンス
  • ローレンス・デプラス

コロンビア

前回銀メダルのウラン(最近調子は良くないが)、スプリント力があるチャベスに期待。
地理的に開催国ブラジルと隣接しているため、移動時間や気候に慣れ親しんでいるといった面では有利か。

  • エスティバン・チャベス
  • エナオ・モントーヤ
  • ミゲルアンヘル・ロペス
  • ハルリンソン・パンタノ
  • リゴベルト・ウラン

英国

’16ツール覇者のフルーム、TTはライバル不在の可能性大(マルティン・デュムランがケガをしているため)で、トラブルがなければまず優勝するのでは。

ロードは’16ツール新人賞のアダム・イェーツを、ゲラント・トーマスを初めとした超強力アシスト陣がフォローすれば盤石か。

  • ゲラント・トーマス
  • クリス・フルーム
  • アダム・イェーツ
  • スティーヴン・カミングス
  • イアン・スタナード

イタリア

’16ジロの覇者ニバリと同チームのアルの二枚看板が目を惹くが、アルをエースに据えた’16ツールは大失敗。
ロードはニバリが優勝候補だが、チーム内での協調体制がとれるかどうかで勝利が大きく左右されるか。

  • ヴィンツェンツォ・ニバリ
  • ファビオ・アル
  • ダミアーノ・カルーゾ
  • ディエゴ・ローザ
  • アレッサンドロ・デマルキ

スペイン

2015年UCIランキング1位(バルベルデ)・2位(ロドリゲス)を占める、世界最強メンバーで構成されている。
優勝の筆頭はバルベルデ。ただホアキンとの協調体制はまずないので、各国はチーム力でどう切り崩していくかが課題となる。

  • アレハンドロ・バルベルデ
  • ホアキン・ロドリゲス
  • イマノル・エルビティ
  • ヨン・イサギレ
  • ホナタン・カストロビエホ

オランダ

’16ツールの前半TTで、クリス・フルームに大差をつけ圧勝したのがトム・ドゥムラン。
今回のコースは、プロフィール的に彼に最適だが、’16ツール第20ステージでの落車による左手橈骨の骨折の影響が辛いところ。

  • トム・ドゥムラン
  • ヴァウテル・プールス
  • バウケ・モレマ
  • ステファン・クルイシュウィック

ドイツ

TTスペシャリストであり前回銀メダルのトニー・マルティンが有力。
ただしツール’16では、ほぼパレード走行である最終日であるにもかかわらず、膝の故障を理由にリタイアしている点が懸念される。

  • エマヌエル・ブッフマン
  • シモン・ゲシュケ
  • マキシミリアン・レヴィ
  • トニー・マルティン

フランス

ツール’16総合2位のバルデ、ツアー・オブ・カリフォルニア優勝のアラフィリップ、フランス期待の若手が本領を発揮できるかどうか。

  • アレクシー・ヴュイエルモーズ
  • ロメン・バルデ
  • ワレン・バルギル
  • ジュリアン・アラフィリップ

ノルウェー

  • スヴェンエーリク・ビストラム
  • エドボルド・ボアッソンハーゲン
  • ヴェガールステイク・ラエンゲン
  • ラーシュペッテル・ヌールハウ

ポーランド

’14世界選手権個人ロードで優勝したクヴィアトコウスキーに期待。
マイカが強力アシストと強調できれば勝機は見いだせる。

  • マチェイ・ボドナル
  • ミカル・クヴィアトコウスキー
  • ラファル・マイカ
  • ミハウ・ゴワシュ

ポルトガル

ルイ・コスタは逃げを仕掛ける可能性大。新城含む大人数で逃げが決まれば、かなり有利な展開に持ち込めるのではないか。

  • アンドレ・カルドソ
  • ルイ・コスタ
  • ジョゼジョアオ・メンデス
  • ネルソン・オリヴェイラ

スロヴェニア

  • シモン・スピラク
  • プリモシュ・ログリッチェ
  • ヤン・ポランチ
  • マテイ・モホリッチ

チェコ

アシストとしてかなり優秀なケーニッヒが、エースとして覚醒できるかに注目。

  • ヤン・バルタ
  • レオポルド・ケーニッヒ
  • ゼネディク・スティバル
  • ペトル・ヴァコッチ

スイス

往年のスーパースターカンチェラーラ、今年限りで引退を表明しているため、優勝し花道を飾ってほしいところ。
ロンドン五輪では優勝目前にして落車した、その雪辱にも期待。

  • ファビアン・カンチェラーラ
  • ミハエル・アルバジーニ
  • スティーブ・モラビート
  • セバスチャン・ライヘンバッハ

アルゼンチン

  • エドゥアルド・セプルペダ
  • マクシミアリーノ・リチェセ
  • ダニエルリカルド・ディアズ

オーストラリア

オーストラリア同士の団結力の強さはなかなかのもの。’15ジロ第10ステージでは、サイモン・クラークが2分ものタイムペナルティを推してまで他チームのリッチー・ポートに前輪を渡すというドラマが記憶に新しいところ。チーム力によって勝利なるか。

  • ローハン・デニス
  • リッチー・ポート
  • サイモン・クラーク

カナダ

  • アントワーヌ・デュシューヌ
  • ユーゴ・ウル
  • マイケル・ウッズ

デンマーク

  • ヤコブ・フグルサング
  • クリスタファー・ユールイェンセン
  • クリスアンカー・ソレンセン

イラン

  • ガデル・ミズバニ
  • アルヴィン・モアゼミ
  • Pourseyedi Mirsamad

モロッコ

  • AIT EL ABDIA Anass
  • ソーフィアン・ハディ
  • ムシネ・ラサイヌ

ウクライナ

  • アンドリー・グリフコ
  • デニス・コスチェク
  • Padun Mark

ロシア

  • セルゲイ・チェルネトスキー
  • パヴェル・コチェトコフ

アメリカ

  • タイラー・フィニー
  • ブレント・ブックウォルター

アルジェリア

  • Mansouri Abderrahmane
  • ユーセフ・レグイグイ

エリトリア

  • ダニエル・テクレハイマノ

エストニア

  • タネル・カンゲルト
  • レイン・タラマエ

ブラジル

  • ムリーロ・フィッシャー
  • クレヴェル・ラモスダルシヴァ

アイルランド

  • ダニエル・マーティン
  • ニコラス・ロッシュ

日本

グランツール(イタリア・フランス・スペイン)を日本人ただ一人完走した、日本史上最強のロードレーサー、新城幸也。

今年2月の大腿骨骨折からわずか4ヶ月後の、6月のツアー・オブ・ジャパン第7ステージで優勝するという超回復、またツール’16第6ステージでは約165kmもの逃げで敢闘賞を獲得するという大快挙と、その進化は止まるところを知らない。

アシストに徹すると公言している内間選手や、現チームメイトであるルイ・コスタらと協調しながら、攻撃的な逃げを決まれば、メダルを手にすることも夢ではない。

pimg_7303_1_1JOCより(左:新城 右:内間)

  • 新城幸也
  • 内間康平

※日本チームは個人TTの出場権を獲得できなかったため、個人ロードのみの出場となります。

カザフスタン

  • バーフティヤール・コージャタイエフ
  • アレクセイ・ルチェンコ

クロアチア

  • クリスティアン・デュラセック
  • マティア・クヴァシナ

リトアニア

  • ラムーナス・ナヴァルダウスカス
  • イグナタス・コノヴァロヴァス

ラトビア

  • トームス・スクインシュ
  • アレクセイ・サラモティンス

オーストリア

  • ゲオルク・プライドラー
  • ステファン・デニフル

スロバキア

  • Tybor Patrik

トルコ

  • Balkan Onur
  • Orken Ahmet

ベネズエラ

  • ホナタン・モンサルベ
  • ミゲル・ウベト

ベラルーシ

  • ヴァシル・キリエンカ
  • カンスタンティン・シウツォウ

南アフリカ

  • ダリル・インピー
  • ルイ・メンティス

韓国

  • Kim Ok Cheol
  • SEO Joon Yong

アゼルバイジャン

  • アヴェリン・マクシム

ブルガリア

  • Hristov Stefan Koychev

チリ

  • ホセ・ルイス・ロドリゲス

コスタリカ

  • アンドレイ・アマドール

ドミニカ共和国

  • ディエゴ・ミラン

エクアドル

  • GUAMA Byron

エチオピア

  • GRMAY Tsgabu

ギリシャ

  • TAMOURIDIS Ioannis

グアテマラ

  • RODAS Manuel

香港

  • CHEUNG King Lok

ルクセンブルグ

  • フランク・シュレク

メキシコ

  • LEMUS Luis

ナミビア

  • CRAVEN Dan

ニュージーランド

  • ジョージ・ベネット

プエルトリコ

  • BABILONIA Brian

ルーマニア

  • TVETCOV Serghei

ルワンダ

  • NIYONSHUTI Adrien

セルビア

  • STEVIC Ivan

チュニジア

  • NOUISRI Ali

アラブ首長国連邦

  • MIRZA Yousef Mohamed

優勝予想&まとめ

個人TTは、怪我を考慮しなければ、

  • トム・ドゥムラン(オランダ)
  • クリス・フルーム(イギリス)
  • トニー・マルティン(ドイツ)
  • ヨン・イサギレ(スペイン)

が有力です。

一方ロードは、展開次第でどのようにも転びそうです。

上位に絡んでくると予想されるのは、

  • アレハンドロ・バルベルデ(スペイン)
  • ヴィンツェンツォ・ニバリ(イタリア)
  • アダム・イェーツ(イギリス)
  • エスティバン・チャベス(コロンビア)

あたりではないでしょうか。ワンデーレースの巧者、バルベルデに勝利するためには、イタリアやイギリスがチームとしてどのくらいうまく機能するかにかかってきそうです。またコロンビア勢は、五輪開催地として評判が芳しくないブラジルに隣接していることから、何かと有利かもしれません。

日本人は、チーム人数が2人と不足していますが、思い切った攻撃が決まれば、メダル圏内に絡むことも決して夢ではないはずです。少なくとも、新城選手ならばきっと何かを魅せてくれることでしょう、その勇姿に期待したいところです。

folder

当サイトの不適切な報道について

→謝罪記事はこちら

今日のピックアップ・裏ワザ

ピックアップ記事


 

【GEARBEST】~1/17日の特選クーポン~

商品名 倉庫 クーポンコード クーポン価格(円) 限定回数 終了日 備考
スマホ&周辺商品
OnePlus 7T Pro 8GB 256GB BLUE HK
GBOP7TPROJAN 72815 円 200 2月2日
OnePlus 7T 8+256 blue HK
GBOP7TG8256 59939 円 200 2月2日
Redmi Note8 Pro 6+128 WHITE HK
GBNOTE8P3 25529 円 200 2月2日
Mi 9T 6+64 Blue HK
GBMI9T501 29525 円 200 2月2日
MI 9T EU 6+64 black HK
GBMI9T500 29525 円 200 2月2日
Mi 9T 6+128 black HK
GBMI9T802 30635 円 200 2月2日
タブレット&ノートパソコン
Teclast F6 Plus China
フラッシュセール 35519 円 100 2月2日
スマートウォッチ
Amazfit GTR Lite 47mm International Version (Xiaomi Ecosystem Product) – Black HK
フラッシュセール 12209 円 100 2月9日

過去のクーポン一覧・購入方法はこちら

スポーツ

【悲報】バドミントン桃田、割りとヤバい事故に巻き込まれる 運転手死亡 鼻骨折か(´・ω・`)
1: 風吹けば名無し 2020/01/13(月) 11:06:35.54 ID:9Wa0Vwd80 バドミントンの桃田賢斗選手が訪問先のマレーシアで13日午前4時40分、交通事故に巻き込まれ、軽傷を負った。地元メディアが報じた。 事故は、クアラルンプールと近郊の都市プトラジャヤを結ぶ高速道路で起きた。桃田選手が乗っていた車が、その前方を走っていたトラックに衝突したと見られる。 桃田選手が乗っていた車の運転手が死亡したほか、日本人の女子バドミントン選手を含む4人の選手が負傷したという。 以下、反応 13: 風吹けば名無し 2020/01/13(月) 11:08:07.02 ID:AUsxr1khr 桃田はギャンブラーだからな 悪運強いねん   26: 風吹けば名無し 2020/01/13(月) 11:08:58.45 ID:D4t0jduH0 ほんま人生山あり谷ありやなって   27: 風吹けば名無し 2020/01/13(月) 11:08:59.20 ID:CWLWfCg7H 闇カジノは先輩無理矢理連れてこられた感出してた

続きを読む

【五輪紅白】『紅白歌合戦(2020)』ってなんで五輪とかスポーツをやたら持ち上げてたんや?誰が興味あんねん
【衝撃】新国立競技場の木製屋根、当初設計と違いすぎて日本やばい
【悲報】男子卓球もうメチャクチャ 大会に出場しなかっただけで水谷が代表落選
【感染症・社会】ラグビーW杯が拍車!?「インフルエンザ」が最速、大流行の兆し

「五輪・W杯」記事をもっと見る