1: 2017/01/19(木) 21:05:59.94 ID:CAP_USER http://www.yomiuri.co.jp/science/20170118-OYT1T50120.html 内閣府のプロジェクトチームと食品メーカーの明治は18日、カカオを多く含むチョコレートを 中高年の男女30人に4週間にわたり毎日食べてもらったところ、学習などにかかわる大脳皮質の量が6割の人で増えたと発表した。 脳の機能が平均1~2歳若返った可能性があるといい、今後は対象者を増やした長期的な実験を行う計画だ。 チームは今回、脳の構造を画像化する磁気共鳴画像装置(MRI)を使って、大脳皮質の量を数値化する 手法を開発。試験的にカカオを70%以上含むチョコを1日25グラムずつ、45~68歳の男女に食べてもらった。 その結果、18人で大脳皮質の量が増え、特に女性でその傾向が強かったという。 大阪市立大健康科学イノベーションセンターの渡辺恭良所長(神経科学)は「抗酸化作用のあるカカオが、 脳の若返りに寄与している可能性はあるが、さらにデータを集めてメ...