【マルチディスプレイ】株やFX取引・クリエイティブ作業のため、複数モニタ環境にしたい全ての方に捧ぐ 設定方法・コスト等の徹底解説【完全版】

株や為替トレードでマルチディスプレイ(マルチモニター)PCに憧れている方はかなり多いのではないかと思います。

また、マルチディスプレイ(マルチモニター)構成のPCは専門店からでないと購入できないという先入観をお持ちの方も、結構いらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、全くそんなことはありません。

むしろ今やマルチディスプレイが主流となり、マザーボードでも2ポート以上のグラフィックボード出力を内蔵している方が多い現状です。

この記事では、ご自身でできるマルチディスプレ増設の方法を徹底的に解説していきたいと思います。

【関連記事】
CPU比較
グラボ比較
おすすめ自作モデル
自作PCの作り方
USB DAC(サウンドカード)
M.2接続のSSD比較記事
マザーボード比較

(注意事項)
この記事で「枚数」や「○枚」といった表現をする場合は、出力可能なモニターの枚数を表すこととします。

DVIやHDMI等のポートには各種バージョンが存在しますが、本記事ではその詳細については省略しております。
なお、本構成は為替や株式トレードや画像編集作業をされる方におすすめの構成であり、ゲーミングパソコン用途としての推奨構成ではありませんので、あらかじめご了承ください。
メインCPUとして紹介しているCoei5-7500は、Windows10のみの動作可となっている点も、ご注意ください。

マルチディスプレイの使い方、参考例

一部妄想を交えながら、マルチディスプレイ(マルチモニター)の利用用途を見ていきましょう。

参考例1:トレーダー様用途

  • SNSや2chなどの情報を常にキャッチし
  • 複数のトレードソフトを開き
  • 最新のニュースや指標発表に対応
  • 手前で高速なトレードを行う

実際にトレードを行うこともあるため、多画面だと大変助かります。

参考例2:ブロガー様用途

  • メイン執筆スペースを中央に据え
  • TVなどのニュースメディアを確認
  • SNSや2chなどの情報を捕捉
  • 音楽や動画などを垂れ流し
  • 画像加工のためのスペースも確保

と言った感じです。
無駄遣いとか言わないで(´・ω・`)

参考例3:クリエイター様用途

作業スペースが手前にあるのが長所ですね。

  • 手前の液晶タブレットで描画や編集を行い
  • プレビュー画面をその他に据える
  • 構図等の参考を表示
  • 技法解説サイトや書籍を表示

などでしょう。
初心者の方でもいろいろ学びながら作業をすすめて行けるので、効率的な作業ができるのではないかと思います。

マルチディスプレイ構成の原則

基本的にはマザーボードやグラフィックボードのポート分、出力が可能と考えて大丈夫です。

例えば以下のグラフィックボードの場合、玄人志向 ビデオカードGEFORCE GTX 1050搭載 GF-GTX1050-2GB/OC/SF

写真をよ~く見ていただければお分かりいただけるのですが、3つの接続端子が存在しています。

この3つの内訳は、

  • HDMI×1
  • DVI×1
  • DisplayPort×1

となっています。

ここで疑問が出てくる方もいらっしゃることでしょう。「一つを使えばその他が使えなくなるのではないか」と。

しかし、そんなことはありません。

それぞれを別のモニターに接続すると、各々独立した別画面として、画面出力されるようになるのです。

なお、先に掲載したグラフィックボードは15,000円程ですから、オンボードで画面出力をされている方は、こちらを購入して増設すれば4枚以上のモニタ出力が可能になります。

今のpcで何枚接続できるか

いまお使いのPCでも、ディスプレイ接続端子が存在していれば、その分モニターを増設することが可能です。

代表的な接続端子を紹介しますので、一度探してみましょう。

名称 画像
VGA  
DVI  
HDMI  
HDMI MICRO  
DisplayPort  
MINI DisplayPort  

画像出典:ぱそこん倶楽部

これらの端子がPC背面にあれば、その分モニターが接続可能となります。

増設方法その1:既存PCを増強する場合

グラフィックボードのみを増設する場合

最も手軽なのがこの方法。現在マザーボードから画面出力しており、PCIスロットに出力ポートが存在していない場合は、増設が可能です。

初心者の方でも比較的簡単に行うことができますので、拡張スロットに空きがある場合は、行ってみると良いでしょう。

しかし電源容量に注意!400Wあたりがボーダーラインと考えましょう

電源容量はPCケースの蓋を開ければ、比較的簡単に確認することができます。

それでは、PCI Expressでおすすめのカードを紹介します。

(2005年以前のPCをご利用の場合は、対応していない可能性がありますのでご注意ください。)

その1:GIGABYTE グラフィックボードGEFORCE GTX 1060搭載 GV-N1060WF2OC-3GD

GIGABYTE ビデオカードGEFORCE GTX 1060搭載 GV-N1060WF2OC-3GD

  • チップセット:GTX 1060
  • 出力枚数:4枚
  • 消費電力:120W
  • 参考価格:28,000円

4枚出力可能です。
ビジネス用途にしてはかなりハイエンドモデルなので、「ここまで必要か……?」と感じることもありますが、ハイパフォーマンスを追求するなら、こちらがおすすめでしょう。

その2:玄人志向 グラフィックボードGEFORCE GTX 960搭載 4GBメモリ ショート基板 オーバークロックモデル GF-GTX960-E4GB/OC2/SHORT

玄人志向 ビデオカードGEFORCE GTX 960搭載 4GBメモリ ショート基板 オーバークロックモデル GF-GTX960-E4GB/OC2/SHORT

  • チップセット:GTX 960
  • 出力枚数:4枚
  • 消費電力:120W
  • 参考価格:19,500円

上記GTX 1060と比較すると劣りますが、中堅どころといったところで、ビジネス用途ではベストチョイスと考えます。
このカード自体の出力枚数が4枚なので、マザーボードとの組み合わせで最大7枚構成が可能となります。

その3:玄人志向 グラフィックボード NVIDIA GeForce GTX750Ti PCI-Ex16 LowProfile 2GB 補助電源なし GF-GTX750TI-LE2GHD

 

玄人志向 グラフィックボード NVIDIA GeForce GTX750Ti PCI-Ex16 LowProfile 2GB 補助電源なし GF-GTX750TI-LE2GHD

  • チップセット:GTX750Ti
  • 出力枚数:3枚
  • 消費電力:60W
  • 参考価格:13,000円

マザボ+グラフィックボード3枚の4~5画面出力モニタとして価格を安く上げるならばこちらです。
消費電力も低いのも良いところです。

グラフィックボード増設手順

グラフィックボード増設方法の作業手順は以下になります。

  • 電源をOFFにし、電源コネクタを外す
  • PCカバーを外す(多くは手で回せるネジ式になっています)
  • カードを差し込む箇所の背面スロットカバー(目隠し)を外す
  • 外したところにカードを差し込み、ネジで固定する

たったコレだけの作業です。作業時には静電気には気をつけましょう。

(画像を用いた手順はこちらのHPに細かく説明されていますので、ご参考ください。)

マザーボード+グラボを換装する場合

基本的に現行モデルでは、ほとんどのマザーボードに2つ以上の画面出力機能が存在しているので、マザボに映像出力ポートがない場合は、旧モデルである可能性が高いです。

ここでは旧モデルと想定した上で、マザボ交換とともにメモリ・CPUを載せ替えるプランを提示致します。

マザボは現行最大出力数の3枚を想定とします。

項目 モデル 価格
マザボ(3出力) H110 ¥7,000
CPU corei5-7500 ¥26,000
メモリ(DDR4) 8GB ¥6,500
合計 ¥39,500

この場合、わずか4万円で3枚のマルチディスプレイ(マルチモニター)を接続することが可能となります。

元のグラフィックボードを流用することが可能であれば、4~5枚のモニタ出力は可能となることでしょう。

増設方法その2:新しくPCを調達する場合

新しくPCを調達する場合は、構成を想像しやすいので、楽です。

自作する場合とBTOで購入する場合とで紹介します。

自作構成のおすすめ

まずは、当編集部ですでに用いているモニター構成をベースとした構成【7枚構成】を紹介します。

最も再現性があるため、一つ参考にされてはいかがでしょうか。

(一部最新モデルに差し替えています)

品目 モデル 参考価格
CPU corei5-7500 ¥26,000
マザボ H110 ¥7,000
グラボ GTX960 ¥19,500
メモリ 8GB ¥5,000
(DDR4)
SSD 120GB ¥5,000
HDD 1TB ¥6,000
電源 500W ¥5,000
ケース Sama ¥4,000
ドライブ LITE-ON ¥2,000
OS Win-10 ¥10,000
合計 ¥89,500
(税込)

出力枚数は7枚、それを9万円以内で購入できる、驚きの構成です。

ここまでになれば、動画再生や簡単な画像処理など、ゲーム以外の作業においてはまず処理落ちすることはありません。

自作方法などはこちらの記事などをご参考ください。

BTO構成のおすすめ

BTOのおすすめをご紹介します。

今回はドスパラとパソコン工房の二通りで考えます。

ドスパラでのおすすめ構成

品目 モデル
CPU corei5-7500
マザボ B250
グラボ GTX1060
メモリ 8GB
(DDR4)
SSD 250GB
HDD 1TB
電源 400W
OS Win-10
合計 ¥129,578(税込)

GTX1060という妥協のないモデルでここまでの価格追求。

マザーボードのチップセットがB250と、GPUの性能を最大に引き出せるものであるため、ゲーマー様であればそのスペックを遺憾なく発揮することが可能です。

出力枚数が5枚なので、今までに比較すると劣りますが、例えば4枚接続の場合は、このスペックで十分なのかもしれません。値段としても理想的です。

パソコン工房でのおすすめ構成

品目 モデル
CPU corei5-7500
マザボ H110
グラボ GTX1060
メモリ 8GB
(DDR4)
SSD 480GB
HDD 1TB
電源 500W
OS Win-10
合計 ¥113,874
(税込)

出力枚数は6枚(カタログ値を信頼すれば)

ミニタワーですが全体スペックとしてはガレリアDTより安価でハイスペックです。特に電源が500Wなので安心。

ちなみにはっきりとした出力枚数をサイトで明記していないのは、「Kabuパソ」といった、別シリーズでのラインナップが存在しているからだと思います。

「Kabuパソ」こそが、マルチディスプレイ構成に特化したPCとされていますが、PCの構成要素はどれも同じなので、それらのラインナップは無視して構いません。

本モデルは、基本スペックとコストは最強に近いので、BTOパソコンの中では最もお勧めといえます。

 

そらは割高

品目 モデル 参考価格 実売価格
CPU corei5-7400 ¥24,500
マザボ (不明) ¥7,000
グラボ GT730 ¥5,600
メモリ 8GB ¥6,500
(DDR4)
SSD ¥0
HDD 500GB ¥5,000
電源 500W ¥5,000
ケース Sharkoon ¥4,500
ドライブ ¥2,000
OS Win-10 ¥10,000
合計 ¥70,100
(税込)
¥139,800
(税込)

デイトレPC専門店で非常に人気と信頼を誇る「そら」ですが、参考価格と実売価格を比較すると7万円ほどの差があります。

割高になりますが、その分株式・為替関連の専門サポートが受けられると考えると、初心者の方はこちらを選択するのも良いかもしれません。

しかし、PC自作などに興味がある探究心をお持ちの方は、冒頭で紹介した自作構成か、あるいは、パソコン工房などのBTO構成が最もおすすめと言えるでしょう。

【究極】理論上の最大枚数は?

Windowsの場合は、16画面が上限とされています。

したがって、それに併せた構成を追求することになり、

  • マザボ出力+5枚出力グラフィックボード×3
  • マザボ出力+4枚出力グラフィックボード×4

で、それが実現可能となります。

今回は、前者のグラボ3枚挿しの構成例についてご紹介します。

ご参考までにどうぞ。

品目 モデル 参考価格
CPU corei5-7500 ¥26,000
マザボ

Z170 GAMING

¥12,500
グラボ RX470×3 ¥58,500
メモリ 8GB ¥6,500
(DDR4)
SSD 120GB ¥6,000
HDD 1TB ¥6,000
電源 500W ¥5,000
ケース Sama ¥4,500
ドライブ  LITE-ON ¥2,000
OS Win-10 ¥10,000
合計 ¥137,000
(税込)

13万円台、意外に安いですね。

ただ電源やCPUパワーはギリギリなので、もう少し余裕がある構成にしても良いかもしれません。

マルチディスプレイ(マルチモニター)でのおすすめPCモニタサイズ

マルチディスプレイ(マルチモニター)環境を割安で実現するためのPCモニタについて説明します。

最近では液晶ディスプレイが非常に安くなってますのが、調子に乗って大きなサイズのモニタを勝ってしまうとスペース的に問題が生じることになりますので、気をつけましょう。

4枚構成の場合

4枚構成なら24インチ×4まで対応しているアームが多いので、そちらを用いて4画面拡張するというが基本となります。BenQ モニター ディスプレイ GL2460HM 24インチ/フルHD)/TN

5枚構成の場合

5枚構成の場合、縦型モニタなどを融合させることで、場所を有効活用することが可能となります。

参考写真で使われている縦型モニタ

レノボ・ジャパン ThinkVision L2440p Wideモニター 4420HB2

参考写真で使われている液晶タブレット

Parblo Coast22 21.5インチグラフィックモニター お描き液晶モニタ デジタルスクリーン コードレスとバッテリーフリーペン+防塵スクリーンプロテクター+モニタープロテクターカバー+2指グローブ+pergearクリーニングキット+mini DisplayPort → HDMI アダプタなどが付き

液晶タブレットなどの有用性については、後述いたします。

6枚構成の場合

6枚構成になると24インチで収めるとなると相当のデスクサイズが必要となってきます。

一般的なPCデスクを想定する場合は、20.7インチ当たりがベターと考えられます。I-O DATA モニター ディスプレイ EX-LD2071TB 20.7型(フルHD/ブルーライト軽減/スピーカー付/3年保証)

奇数構成にはタッチモニタ・ペンタブ等もおすすめ

接続可能枚数が3枚・5枚・7枚と、奇数枚数になると、モニタの所在に困ることがあります。

そこで一つおすすめしたいのが、手前に設置するモニタです。

ここでは手前に据え置くのにおすすめのディスプレイを種類別に紹介いたします。

液晶タブレットの場合

クリエイター様の場合は、液晶タブレットを前面に据え置くのがおすすめかと想います。

大きすぎると他のモニタが見えず、かといって角度を寝かせすぎると電気の反射で視認性が大幅に低下、難しいところです。

もちろん中央部の高さ調節でうまくクリアできますが、あまり大きすぎるサイズも考えものなので、計画的にどうぞ。

以下の中華タブレットなども価格としてはかなり安くなっています。

13.3インチ中華液タブ

【ARTISUL】 アーティスル 液晶 ペンタブレット 13.3インチ フルHD液晶 Artisul D13(SP1301) スタンド 付 日本正規代理店品

19インチ中華液タブ

HUION 19インチ液タブ ペンタブ用手袋付け プロ向け液晶ペンタブレット GT-190 WindowsとMac対応

21.5インチ中華液タブ

HUION GT-220 V2 IPS液晶21.5インチ液晶ペンタブレット フルHD液タブ ブラック (V2 ブラック)

タッチモニタ型ディスプレイの場合

液晶タブレットまでは必要ないが手前で直感的に操作できるパネルを所望される方は、タッチモニタ ディスプレイがおすすめでしょう。

10.1インチ可搬式モニタ

Gechic モバイルモニター On-Lap 1002 10.1インチ/タッチパネル対応

21.5インチワイド液晶モニタ

Dell ディスプレイ タッチ モニター S2240T 21.5インチ/フルHD/VA光沢/12ms/VGA,DVI,HDMI/10点マルチタッチ/3年間保証

USBディスプレイの場合

コスト面の関係でこれまで取り上げませんでしたが、USBのみで接続することが可能なディスプレイも存在します。

手軽に増設できるのでこちらを利用されることも一つの方法でしょう。

ASUS 薄い・軽量、USBで簡単接続 15.6型ワイドモバイルディスプレイ ( IPS / 広視野角178°/ 厚さ8mm / 重さ800g / 1,980×1,080 フルHD / USB3.0 / ノングレア / 3年保証 ) MB169B+

おすすめモニターアーム

モニタは基本的に動かすことはないと思うので、固定式で価格にこだわりを持つ必要はないかと思います。

  • イーサプライ モニターアーム スタンド 2面 24インチ 対応 EEX-LA006W

イーサプライ モニターアーム スタンド 2面 24インチ 対応 EEX-LA006W

  • サンワダイレクト 液晶モニターアーム デュアルモニター対応 上下2台設置 クランプ固定 100-LA031

サンワダイレクト 液晶モニターアーム デュアルモニター対応 上下2台設置 クランプ固定 100-LA031

  • サンワダイレクト 液晶モニターアーム デュアルモニター対応 2台設置 3関節 クランプ固定 100-LA030

サンワダイレクト 液晶モニターアーム デュアルモニター対応 2台設置 3関節 クランプ固定 100-LA030

などのコストパフォーマンスが高いモデルを選択すると良いでしょう。

ポート接続について

マルチディスプレイ(マルチモニター)接続の場合は、様々な種類のコネクタが必要となります。

ここでは主要ケーブルについて見ていきたいと思います。

いずれも500円~800円程度の価格なのでお求めやすいかとは思います。

DVI―DVI

Amazonベーシック DVI - DVI ケーブル 0.9m

HDMI―HDMI

Amazonベーシック ハイスピードHDMIケーブル - 1.8m (タイプAオス - タイプAオス/イーサネット/3D/4K/オーディオリターン/PS3/PS4/Xbox360対応)
 

DVI―HDMI

Amazonベーシック HDMI-DVI 変換ケーブル - 1.8m (タイプAオス- DVI24pinオス)

VGA―VGA

ELECOM ディスプレイケーブル D-Sub15ピン(ミニ)オス-D-Sub15ピン(ミニ)オス スリム 0.7m ブラック CAC-07BK

DVI―Video Port

Kabalo 1.8m DisplayPort Plug Socket to DVI-D 24+1 Male-to-Male Plug Digital Video Cable M/M (Black)

おさらい

  • 枚数を増やす基本:グラフィックボードを増設
  • 理想の方法:マザボ+CPU+メモリ+グラフィックボードの換装
  • 初心者推奨:BTO(+グラフィックボード換装)
  • モニターのおすすめ:4枚なら24インチ可、6枚以上なら20.7インチ
  • モニタアーム:動かさないのであれば安くても十分
  • 奇数枚数の場合:手前に1枚あれば使い勝手向上、USBモニタも○
  • 変換ケーブル:DVIケーブル+変換コネクタ

上記の流れをしっかり押さえることで、簡単にマルチディスプレイ(マルチモニター)画面の環境を構築することができます。

これからトレードをしようと考えている皆さまだけでなく、楽しいPC環境を作りたいとお考えの皆さまも、おひとつ参考にしてみて下さい。

【Frontier】2019年BTOランキング【一強】

2019年1月概況と戦略

GTX1080の価格が7万円台とかなり押し込まれ買いやすくなった2018年。RTX系の台頭によりRTX2070がベーススペックになってきています。
intelのCPUは需要増で価格が上がる結果になった年末、価格の下落もなく微妙なライン。そのため、なかなか価格には転嫁されないのがBTOの宿命。

2019年も依然としてFrontierが圧倒的価格を誇っています。ノーパソも安い!

紹介ベーススペック

  • CPU:Corei7-8700(or 8700K)
  • MEM:16GB
  • グラボ:RTX2070
  • SSD:500GB
  • HDD:3TB
  • 電源:800W

アマゾンでi7-8700(16GB)+GTX1080マシンを自作したときの価格[2018/5]

項目 型番 参考価格
チップセット Z370 ¥24,000
CPU Corei7 8700 ¥41,000
グラボ RTX2070 ¥80,000
SSD 500GB ¥10,000
HDD 3TB ¥9,300
メモリ 16GB ¥18,000
OS win10 ¥13,000
ケース SAMA ¥5,000
電源 800W ¥11,800
合計 \212,100

悲しき哉。今年の第一四半期より約1.8万円高くなっています…212,100円をベース価格として覚えておいてください。

注:以下価格は税抜き表記です。

Frontier 👑

商品の変動が激しいので、セール会場からお探しください。

10月31日の月末セールからピックアップ。

最新グラボのPCがゲロ安

ベーススペックより良いグラボを実装し、それでいて価格がほぼ同じという脅威。850W電源は拡張性の面からも神です。

スタンダードモデルながらゲーマーも納得 それでいてこの価格

ゲーマーとして最低は欲しいGTX060。それを搭載し、i7-8700″K”とまだまだ最新世代CPUを載せてこの値段。自作するのをなげうちたくなること請け合いです。



Xiaomiのノートより安い…💦

私はXiaomiのノートを愛用していますが、8700Uに8GBメモリで11万くらいでした。
こちらは…GTX1050Tiに8750Hにメモリ16GBにSSD480…いやもう完全に常軌を逸していますよ。

持ち運びはどうなのかな‥というくらいの揚げ足の取り方しかできないのが悲しい。

常に変動するセールでFrontierの神髄を心行くまで楽しんでください。

マウスコンピュータ

トップページからNEXTGEAR i670PA1-14と検索

189,800円(前月:179,800円)

変化なし

注意点:SSDなし、700W電源

少し値上がりしてしまいました。

第3位:ドスパラ

196,980円(前月:189,980円)

値上げ

残念、値上がりしてしまいました。分割購入にはおすすめです。

 

サイコム

277,520円税込

値上がり

サイコムは価格よりも独自路線での勝負です。水冷クーラー採用で冷却性能を高めグラボとCPUを冷やしまくってくれます。

この価格の標準搭載グラボは1070Tiですが、AMDのRadeon Vegaシリーズ後に投入されたものであり、GTX1080と同一性能と考えても差し支えありません。

イロモノ枠ですが、なかなか単純な自作ではここまでには至れないプロ仕様なので、ある意味1位の商品ではあります。夏場も静かで安定、快適なゲーミングを志す方にはうってつけでしょう。

パソコン工房

トップページからLEVEL-R037-i7K-VNR-GCPと検索

179,980円(前月:179,980円)

横ばい

注意:SSDなし、500W電源

最後に表を出しますが、やはり実装がさみしいため、順位を最下位にしました。

各社総合比較

  フロンティア マウス サイコム ドスパラ PC工房
CPU 8700 8700K 8700K 8700K 8700K
グラボ 1080 1080 1070Ti 1070Ti 1080
メモリ 16GB 16GB 16GB 8GB 16GB
HDD 1TB 1TB 2TB 1TB
SSD 240GB 500GB 640GB
電源 850W 700W 750W 500W 500W
その他 OSオプション
価格 159,800円 189,800 274,650 189,980 179,980

性能が他社PCと比較すると劣るものにはを、優れているものにはを着色しています。

こう見るとフロンティア一強のような気がするのですが……
その他が高いのではなく横並び(サイコムは特殊なので例外)なので、むしろフロンティアが安すぎるのかなと思います。

テック・ゲーム

【PC】「プログラミング教育推奨ノートパソコン」が酷いww これMacBookじゃダメなの?
1: 名無しさん@涙目です。(北海道) 2019/01/16(水) 15:24:22.93 ID:pCO7GenV0 BE:422186189-PLT(12015) 2020年から小学校でプログラミングが必修化する。 ならばいち早くプログラミングに挑戦してみたい。 最も手軽に始められる手段として、富士通が小学生に向けて開発した「じぶん」パソコンに挑戦してみた! 富士通 LIFEBOOK LH55/C2 実勢価格:9万9800円 Windows 10 Home 64ビット版 CPU インテル® Celeron® プロセッサー 3865U (1.80GHz) メモリ 4GB(4GB×1)(デュアルチャネル対応可能 DDR4 PC4-17000) ストレージ SSD 約128GB 光学ドライブ なし ディスプレイ 14型ワイドフルフラットファインパネル (ノングレア・LEDバックライト・タッチパネル式) (1366×768) グラフィック Intel® HD Graphics 610 カメラ 内蔵(有効画素数 約92

続きを読む

【半導体】「ムーアの法則は終わった」:NVIDIAのCEOがCES 2019でも明言 本当に終わったか
【GPU】NVIDIAが「GeForce RTX 2060」を発表! 349ドル(たぶん7万円くらい)で1月15日より発売
ゲーミングPC持ってない情弱おる?
【PC】ハイエンドノートPCって排熱とかに無理は無いの?

「PC自作最前線」記事をもっと見る

PC自作最前線 人気記事

【2019】CPU徹底比較!種類・スペック・性能差は?動画編集・ゲーミングにオススメのCPUは?全てが分かる完全保存版!
【Windows10中華タブレット】激安10インチ CoreM3搭載「Cube Mix Plus」は絶対に買い! 驚愕のスペック徹底解剖!!
3万円台でCorei5・SSD・メモリ16GBの快適なノートPCを調達する裏ワザとは!?~R731編~
【PC自作】M.2(NVMe)装着方法、クローン方法と体感速度の変化について。このご時世、やはり入れて起きたい。
グラボ2枚挿しによって得られる性能と発熱・消費電力対策について。とにかくハイエンドを目指す方にはおすすめ。
【2019】グラボの選び方完璧指南!GPUの種類・命名方法から性能差、用途別おすすめモデルまで!!
PCのサウンドデバイスはUSB DACが主流に!なぜサウンドカードは衰退してしまったのか?
M.2 SSDとSATA SSDの速度比較!M.2 SSDの価格は少々高いが、速度の速さは魅力的!
【激安】メルカリで売ってる自作PCめっちゃ安くてワロタ【マジック】
【Frontier】ワイのPC、ついに届く!!!!!!!!!!!!!!!!!! (反応まとめ)