【フレッシュ・ワロンヌ2016】大会の概要、スタートリスト、結果とレース内容について。バルベルデ圧勝!3連覇&4度目の優勝を果たす。

2016年4月20日、ベルギーのワロン地域でフレッシュ・ワロンヌ2016が開催されます。

画像出典:www.20minutes.fr

ここではレースの概要、結果と、レース展開について紹介します。

※展開についてはレース中に随時更新いたします。

大会の概要とコース

ベルギーのワロン地域を走るワンデーレースで、1936年から行われています。
フレッシュ「Flèche」とはフランス語で矢を意味します。

距離は200km前後と、クラシックレースの中では短めの距離ですが、多数の坂が何度も続く過酷なコースレイアウトとなっています。

その中でも、「ユイの壁(Mur de Huy)」と呼ばれる最大勾配20%を超える激坂はレースの行方を左右するポイント。

5月開催のジロ・デ・イタリアの調整レースとして走る選手も多いため、各チームのエース選手が多く登場することも。

過去5年の優勝者

  • 2015・・・アレハンドロ・バルベルデ(スペイン)
    レースの実況記事
  • 2014・・・アレハンドロ・バルベルデ(スペイン)
  • 2013・・・ダニエル・モレノ(スペイン)
  • 2012・・・ホアキン・ロドリゲス(スペイン)
  • 2011・・・フィリップ・ジルベール(ベルギー)

近年はスペイン勢の活躍が目立ちます。

コースマップ

フレッシュ・ワロンヌ2016のコース図です。

2016

(画像をクリックすると拡大します)

コースプロフィール

コースの高低差を表したプロフィールです。

PROFIL

(画像をクリックすると拡大します)

無数のアップダウンがあり、選手の体力をじわじわと奪っていきます。

主な峠

今大会で登場する主な峠です。

登場地点(km) 峠名 長さ(km) 平均勾配
67.0 コート・ド・ベレア 1.0 6.3%
74.0 コート・ド・ボイッソウ 1.3 7.6%
87.0 コート・ド・ソリエール 4.3 4.0%
101.0 ミュル・ド・ユイ(ユイの壁) 1.3 9.6%
114.0 コート・デレフ 2.1 5.0%
133.0 コート・ド・ベレア 1.0 6.3%
140.0 コート・ド・ボイッソウ 1.3 7.6%
133.0 コート・ド・ソリエール 4.3 4.0%
167.0 ミュル・ド・ユイ(ユイの壁) 1.3 9.6%
180.0 コート・デレフ 2.1 5.0%
190.5 コート・ド・シュラーヴ 1.3 8.1%
196.0 ミュル・ド・ユイ(ユイの壁) 1.3 9.6%

最大勾配20%を超えるユイの壁(Mur de Huy)は全部で3回登場します。

スタートリスト

全チームのスタートリストです。

モビスターチーム(MOV)

ゼッケン 選手名 国籍
1 アレハンドロ・バルベルデ スペイン
2 カルロスアルベルト・ベタンクール コロンビア
3 イマノル・エルビティ スペイン
4 ルーベン・フェルナンデス スペイン
5 ヨン・イサギレ スペイン
6 ダニエル・モレノ スペイン
7 ローリー・サザーランド オーストラリア
8 ジョヴァンニ・ヴィスコンティ イタリア

エティックス・クイックステップ(EQS)

ゼッケン 選手名 国籍
11 ジュリアン・アラフィリップ フランス
12 ジャンルーカ・ブランビッラ イタリア
13 ダビ・デラクルス スペイン
14 ローレンス・デブルス ベルギー
15 ボブ・ユンゲルス ルクセンブルク
16 ダニエル・マーティン アイルランド
17 ビーテル・スライ ベルギー
18 ペトル・ヴァコッチ チェコ

オリカ・グリーンエッジ(OGE)

ゼッケン 選手名 国籍
21 ミヒャエル・アルバジーニ スイス
22 ジャック・ヘイグ オーストラリア
23 マシュー・ヘイマン オーストラリア
24 クリストファー・ユールイェンセン オーストラリア
25 イェンス・クークレール ベルギー
26 マイケル・マシューズ オーストラリア
27 クリスチャン・メイヤー カナダ
28 アダム・イェーツ イギリス

チーム・カチューシャ(KAT)

ゼッケン 選手名 国籍
31 ホアキン・ロドリゲス スペイン
32 スヴェーンエーリク・ビストラム ノルウェー
33 セルゲイ・チェルネトスキー ロシア
34 アルベルト・ロサダ スペイン
35 ティアゴジョセビント・マシャド ポーランド
36 アクセレイ・ツァテヴィッチ ロシア
37 ユルヘン・ヴァンデンブロック ベルギー
38 アンヘル・ビシオソ スペイン

AG2R・ラモンディアル(ALM)

ゼッケン 選手名 国籍
41 ピエールロジュ・ラトゥール イタリア
42 ヤン・バークランツ ベルギー
43 ミカエル・シュレル フランス
44 ベン・ガスタウアー ルクセンブルク
45 シリル・ゴティエ フランス
46 セバスティアン・ミナール フランス
47 マッテーオ・モンタグーティ イタリア
48 クリストフ・リブロン フランス

チームスカイ(SKY)

ゼッケン 選手名 国籍
51 セルビオルイス・エナオ コロンビア
52 ミハウ・ゴワシュ ポーランド
53 セバスティアン・エナオ コロンビア
54 ラーシュベッテル・ヌールハウ ノルウェー
55 ヴァウテル・ブルース オランダ
56 サルヴァトーレ・プッチョ イタリア
57 ベン・スイフト イギリス
58 ダニ・ファンプッペル オランダ

アスタナプロチーム(AST)

ゼッケン 選手名 国籍
61 ディエゴ・ローザ イタリア
62 ダリオ・カタルド イタリア
63 アンドリー・グリフコ ウクライナ
65 アレクセイ・ルツェンコ カザフスタン
67 ルイスレオン・サンチェス スペイン
68 パオロ・ティラロンゴ イタリア
69 リーウ・ウェストラ オランダ
70 アンドレイ・ツェイツ カザフスタン

キャノンデール(CPT)

ゼッケン 選手名 国籍
71 トムイェルト・スラフトール オランダ
72 サイモン・クラーク オーストラリア
73 ローソン・クラドック アメリカ
74 アレックス・ハウズ アメリカ
75 ベンジャミン・キング アメリカ
76 トームス・スクインシュ ラトビア
77 マイケル・ウッズ カナダ
80 ネイサン・ブラウン アメリカ

チーム・ロット・NLユンボ(TLJ)

ゼッケン 選手名 国籍
81 ウィリコ・ケルデルマン オランダ
82 エンリーコ・バッタリーン イタリア
84 クーン・ボウマン オランダ
85 ロベルト・ヘーシンク オランダ
86 ベアトヤン・リンデルマン オランダ
87 ポール・マルティンス ドイツ
88 ポール・マルティンス アメリカ
89 ヴィクトール・カンベナールツ ベルギー

ティンコフ(TNK)

ゼッケン 選手名 国籍
91 ロマン・クロイツィゲル チェコ
92 パヴェル・ブルット ロシア
93 ロベルト・キセルロウスキー クロアチア
94 エフゲーニ・ペトロフ ロシア
95 パヴェブ・ポリャンスキー ポーランド
96 イヴァン・ロヴニー ロシア
97 ユーリ・トロフィモフ ロシア
98 ミケル・ヴァルグレンアナスン デンマーク

BMCレーシング(BMC)

ゼッケン 選手名 国籍
101 フィリップ・ジルベール ベルギー
102 アレッサンドロ・デマルキ イタリア
103 シルヴァン・ディリエ スイス
104 ベン・ヘルマンス ベルギー
105 シュテファン・キュンク スイス
106 サムエル・サンチェス スペイン
107 ディラン・トゥーンス ベルギー
108 ロイック・ブリーヘン ベルギー

ワンティ・グループゴベール(WGG)

ゼッケン 選手名 国籍
111 エンリーコ・ガスパロット イタリア
112 ジェローム・ボニー ベルギー
113 ゲイタン・ビーユ ベルギー
114 ギヨーム・マルタン フランス
115 マーク・マクナリー アメリカ
116 マルコ・ミナールド オランダ
117 ビョルン・トゥーラウ ドイツ
118 フレデリック・バカールト ベルギー

フォルテュネオ・ヴィタルコンセプト(FVC)

ゼッケン 選手名 国籍
121 ケヴィン・ルダノワ フランス
122 ジャンマルク・ビドー フランス
123 アントニー・ドゥラプラス フランス
124 ブリース・フェイユー フランス
125 アルミンド・フォンセカ フランス
126 ジュリアン・ルベ フランス
127 クリスアンカー・ソレンセン デンマーク
128 フロリアン・ヴァション フランス

IAMサイクリング(IAM)

ゼッケン 選手名 国籍
131 ハルリンソン・バンタノ コロンビア
132 クレモン・シュブリエ フランス
134 シュテファン・デニフル オーストリア
135 ドリース・デヴェニンス ベルギー
136 ヴェガールステイク・ラエンゲン ノルウェー
137 ローレンス・ワーパス アメリカ
138 オリヴァー・ツァウグ スイス
140 マルセル・ヴィス スイス

トレック・セガフレード(TSF)

ゼッケン 選手名 国籍
141 フランク・シュレク ルクセンブルク
142 別府史之 日本
143 ニッコロ・ボニファジオ イタリア
144 ローラン・ディディエ ルクセンブルク
146 ライダー・ヘシェダル カナダ
147 キール・レイネン アメリカ
148 アイマル・スベルディア スペイン
150 ピーター・ステティナ アメリカ

コフィディス・ソリューションクレディ(COF)

ゼッケン 選手名 国籍
151 ダニエル・ナバロ スペイン
152 ニコラ・エデ フランス
153 ロマン・アルディ フランス
154 アルノルド・ジャヌソン フランス
155 ルイスアンヘル・マテ・マルドネス スペイン
156 リュディ・モラール フランス
157 ジュリアン・シモン フランス
158 アントニー・テュルジス フランス

FDJ(FDJ)

ゼッケン 選手名 国籍
161 アルチュ-ル・ヴィショ フランス
162 ウィリアム・ボネ フランス
163 オドクリスティアン・エイキング ノルウェー
164 ローラン・ピション フランス
165 ケヴィン・レザ フランス
166 アントニー・ルー フランス
167 ジェレミー・ロワ フランス
168 ブノワ・ヴォグルナール フランス

ジャイアント・アルペシン(TGA)

ゼッケン 選手名 国籍
171 ワレン・バルギル フランス
172 ケレブ・フェアリー アメリカ
173 ヨハンネス・フレリンガー ドイツ
174 シモン・ゲシュケ ドイツ
175 チャド・ハガ アメリカ
176 フレドリク・ルドヴィグソン スウェーデン
177 サム・オーメン オランダ
178 ゲオルク・プライドラー オーストリア

ランプレ・メリダ(LAM)

ゼッケン 選手名 国籍
181 ルイ・コスタ ポーランド
182 マッテーオ・ボーノ イタリア
183 ヴィレリオ・コンティ イタリア
184 マリオ・コスタ ポーランド
185 ルイ・メインティス 南アフリカ
186 マヌエーレ・モーリ イタリア
187 ヤン・ポランチ スロバキア
188 ディエゴ・ウリッシ イタリア

ロット・ソウダル(LTS)

ゼッケン 選手名 国籍
191 トニー・ガロパン フランス
192 サンデル・アルメ ベルギー
193 バルト・デクレルク ベルギー
194 トマス・デヘント ベルギー
195 トーマス・マルチンスキー ポーランド
196 トッシュ・ヴァンデルザント ベルギー
197 イエール・ヴァンネンデル ベルギー
198 ティム・ウェレンス ベルギー

ロームポット・オラニエプロトン(ROP)

ゼッケン 選手名 国籍
201 ピーテル・ウイーニング オランダ
202 フッブ・ドゥーイン オランダ
203 レイニール・ホイフ オランダ
204 ジョニー・ホーヘルランド オランダ
205 ミッシェル・クレイデル オランダ
206 マウリツ・ラマルティンク オランダ
207 カイ・ルース オランダ
208 アントワン・トーロク オランダ

ディメンションデータ(DDD)

ゼッケン 選手名 国籍
211 セルジュ・バウェルス ベルギー
212 イゴール・アントン スペイン
213 ナトナルネ・ベルハネ エリトニア
214 スティーブン・カミングス イギリス
215 オマール・フライレ スペイン
216 レイナールト・イャンスファンレンスブルフ 南アフリカ
217 ユーセフ・レグイグイ アルジェリア
218 ダニエル・テクレハイマノット エリトニア

トップスポルト・ブラーンデレン・バロワーズ(TSV)

ゼッケン 選手名 国籍
221 プレーベン・ヴァンハック ベルギー
222 フロリス・デティール ベルギー
223 ティム・デクレルク ベルギー
224 サンデル・ヘルヴェン ベルギー
225 エリオット・リエター ベルギー
226 ドリス・ヴァンヘステル ベルギー
227 ピーテル・ヴァンスペイブロウク ベルギー
228 オット・ヴェルガールデ ベルギー

シュテルティング・サービスグループ(SSG)

ゼッケン 選手名 国籍
231 リヌス・ケルデマン ドイツ
232 ゲラルト・ツィオレク ドイツ
233 ラッセノーマン・ハンセン デンマーク
234 トマス・クープ ドイツ
235 クリスティアン・マーガー ドイツ
236 マッツ・ペーダセン デンマーク
237 ミケル・レイス デンマーク
238 ファビアン・ヴェークマン ドイツ

デルコ・マルセイユプロヴァンス・カテエム(DMP)

ゼッケン 選手名 国籍
241 ジュリアン・エルファレス フランス
242 ロマン・コンボー フランス
243 レミー・ディグレゴリオ フランス
244 ダニエルリカルド・ディアス アルジェリア
245 レオナルドファビオ・ドゥケ コロンビア
246 デリオ・フェルナンデス スペイン
247 ヤニック・マルティネス フランス
248 カンタン・パシェ フランス

 

レース内容

レースの詳しい展開です。

※レース中随時更新

残り78.2キロ

Capture20160420-213832

Capture20160420-213900

逃げのメンバーは10人。
メイン集団とのタイム差は3分04秒

残り62.7キロ

Capture20160420-215912

クーン・ボウマンが先頭集団から抜け出すがすぐに吸収される

残り55.7キロ

Capture20160420-220950

メイン集団はモビスターがコントロール

残り54.9キロ

Capture20160420-221135

上り区間で先頭集団が4人に絞られる

シルヴァン・ディリエ、マッテーオ・ボーノ、トッシュ・ヴァンデルザント、スティーブ・カミングス

残り51.3キロ

Capture20160420-221655

先頭集団 (41秒) 追走集団 (1分23秒) メイン集団

残り44.8キロ

Capture20160420-222640

メイン集団の中ほどで落車が発生。
フランク・シュレク(奥)とアイマル・スベルディア(手前)のダメージが大きい

シュレクは骨折か

残り42.1キロ

Capture20160420-223157

先頭集団 (1分15秒) 追走集団 (37秒) メイン集団

残り32.9キロ

Capture20160420-224353

メイン集団は大幅にペースアップ。

先頭集団とのタイム差は1分17秒

残り30.0キロ

Capture20160420-224749

先頭集団は2回目のユイの壁に突入

残り28.9キロ

Capture20160420-225101

先頭集団ではカミングスとディリエが前に

残り27.1キロ

カミングスがアタック

残り21.7キロ

追走集団は吸収される

残り20.0キロ

カミングスとメイン集団のタイム差は42秒

残り18.2キロ

Capture20160420-230602

モビスターがメイン集団の先頭でペースアップを図る

残り17.7キロ

Capture20160420-230751

カミングス吸収

残り13.1キロ

Capture20160420-231319

ユンゲルスがアタックし、イザギレ・インサウスティとプライドラーが追いかける

残り10.3キロ

メイン集団から何人か飛び出し、追走集団ができる

残り7.5キロ

追走集団は吸収される

残り5.8キロ

ティム・ウェレンスがメイン集団からアタック

残り3.2キロ

ウェレンスが前の2人に追いつき、先頭集団は3人に

残り2.0キロ

Capture20160420-232741

全員吸収される

残り1.3キロ

最後の勝負ポイント、3度目のユイの壁に突入

残り500メートル

Capture20160420-233046

バルベルデが先頭の良い位置につける

残り300メートル

 

Capture20160420-233109

ホアキン・ロドリゲスがアタック

残り150メートル

Capture20160420-233329

 

アラフィリップがアタック。ダニエル・マーティンとバルベルデが追う

残り100メートル

Capture20160420-233145

バルベルデがアタック。

 

Capture20160420-233306

他者を寄せ付けず、トップでゴール

レース結果

フレッシュ・ワロンヌ2016、トップ10のリザルトです。

※レース終了後に更新

順位 選手名 所属 タイム
1位 アレハンドロ・バルベルデ MOV 4時間43分57秒
2位 ジュリアン・アラフィリップ EQS +0秒
3位 ダニエル・マーティン EQS +0秒
4位 ヴァウテル・ポエルス SKY +4秒
5位 エンリーコ・ガスパロット WGG +5秒
6位 サムエル・サンチェス BMC +5秒
7位 ミヒャエル・アルバジーニ OGE +5秒
8位 ディエゴ・ウリッシ LAM +5秒
9位 ワレン・バルギル TGA +5秒
10位 ルイ・コスタ LAM +5秒

Capture20160420-235548

バルベルデ圧倒的な強さで3連覇達成。
アラフィリップは惜しくも2年連続の2位となりました。

ひとこと

2015年のフレッシュ・ワロンヌ(→実況記事)でも強かったバルベルデですが、2016年も変わらず強かったです。

バルベルデは今年、珍しくジロ・デ・イタリアに出場するということですが、この調子だと良い結果を期待できそうですね。

スカパー加入料が無料!

国内最大のスポーツ専門テレビチャンネルであるJ-SPORTS
グランツール(ジロ・ツール・ブエルタ)はもちろん、春のクラシックや世界選手権まであらゆるサイクルロードレースを網羅しています。

→2017年からジロはDAZNのみの放映となりました。

劣悪なD◯ZNを経験すればわかるスカパーの偉大さ!(・ω・`)

当サイトでは試合結果速報や、レース内容解説をお伝えしていますが、やはりレースは映像で見るのが一番です!

スポーツ

【リエージュ~バストーニュ~リエージュ2016】大会の概要、スタートリスト、結果とレース内容について。調子のいいポエルスがスプリントで勝利!
2016年4月24日、ベルギーのワロン地域でリエージュ~バストーニュ~リエージュ(LBL)2016が開催されました。 画像出典:www.letour.fr この記事では、レースの概要、全チームのスタートリスト、レース展開と結果について紹介いたします。 大会の概要とコース リエージュ〜バストーニュ〜リエージュは、ベルギーのワロン地域を走る春のクラシックシーズン最後のワンデーレース。 1892年から行われており、最も歴史あるワンデーレース。そのため、Doyenne(ドワイエンヌ=最古参)と呼ばれることも。 リエージュをスタートし、バストーニュまで行き、折り返してからまたリエージュに戻るコース。 延々とアップダウンが繰り返され、ゴール地点も登り。そのためクラシックレースの中ではオールラウンダーに有利とされています。 過去5年の優勝者 2015・・・アレハンドロ・バルベルデ(スペイン) →レースの内容と結果 2014・・・サイモン・ジュラン(オーストラリア) 2013・・・ダニエル・マーティン(アイルランド) 2012・・・マクシム・イグリ

続きを読む

【フレッシュ・ワロンヌ2016】大会の概要、スタートリスト、結果とレース内容について。バルベルデ圧勝!3連覇&4度目の優勝を果たす。
【アムステルゴールドレース2016】大会の概要、スタートリスト、結果とレース内容について。ガスパロットが絶妙な位置からの飛び出しで勝利!
【パリ~ルーべ2016】大会の概要、スタートリスト、結果とレース内容について。37歳のヘイマンがボーネンを下して大金星!
【ツール・デ・フランドル2016】サガン、圧倒的な力で2連勝!大会の概要、スタートリスト、結果とレース内容について。

「’16クラシック」記事をもっと見る

’16クラシック 人気記事

記事が見つかりませんでした。