【ノートPC】ハイエンド系ノートPCの高コスパ製品ランキング! クリスマス目前、今”買い”のPCはこれだ!!

ドンキのノートPC販売とともに、格安PCを紹介してまいりました。

2万円台でも執筆やカフェで楽しむ用であれば、存分な実力を発揮できそうですが、ノートPCのメインユーザーにとっては、もう少し欲張りたいところ。(2万PCおすすめはこちら

ということで、いろいろ思案しておりましたところ、GearBestからとても興味深い販売ページが紹介されましたので、こちらを紹介したいと思います。

The TOP Laptob Brands Sale

最高ブランドのノートパソコンのセールということで、シャオミや日本でもおなじみのmsiなどのノートパソコンが販売されている会場です。

ちょっと携帯するノートパソコンのレベルを上回ったハイエンドユース向けのPCとなっており、ファンは垂涎待ったなしといえれるでしょう。

今回はおすすめモデルをランキング形式で紹介していきましょう。

4位:Xiaomi Mi Notebook Pro

シャオミのおなじみのノートPC。スタイリッシュデザインの受けはいいのですが、シャオミのノーパソは結構割高なイメージがあります。

…と思いましたが、こちらは第8世代のCPU、Corei7-8550Uを入れており低消費電力かつ最速を期しています。

またGeForceMX150で最低限のグラフィック環境は内包、またDolby ATOMSの音響テクノロジで音声再生のクオリティも十分以上ときました。

この商品の価格が1199ドル、日本円にして135,130円ということですから、これはなかなか安い商品ですね。

3位:ACER A515-51G-59WL

おなじみACER(エイサー)。とはいえ最近ではあまり日本では見なくなったような気がしますが筆者個人は5年ほどAcerのノーパソに親しんでまいりました。

価格は679.99ドル、日本円で76,573円とかなり安いです。

こちらもCPUは第8世代のi5-8250Uを採用し、低消費電力高スペックを期しています。

8250UのPassmark(ベンチ)上のスペックは旧モデルのi7を凌駕するスペックとなっており、コスパは神がっているといえます。

(参考)着色しているのが今回紹介しているPCに採用されているCPUです。

モデル名 周波数 TB コア数 スレッド数 LLC TDP 性能目安
8550U 1.8GHz 4.00GHz 4 8 8MB 15W 8029
7700HQ 2.8GHz 3.8GHz 4 8 6MB 45W 8914
6700HQ 2.6GHz 3.5GHz 4 8 6MB 45W 8135
4710HQ 2.5GHz 3.5GHz 4 8 6MB 47W 7812
4700MQ 2.4GHz 3.4GHz 4 8 6MB 47W 7707
3630QM 2.4GHz 3.4GHz 4 8 6MB 45W 7593
8250U 1.6GHz 3.4GHz 4 8 6MB 15W 7496
2670QM 2.2GHz 3.1GHz 4 8 6MB 45W 5919
2630QM 2.00GHz 2.9GHz 4 8 6MB 45W 5543
7500U 2.7GHz 3.5GHz 2 4 4MB 15W 5232

500GBHDDのストレージも好印象で、十分なデータを詰め込むことができますね。

2位:ASUS ZX53VD7700

ASUSの読み方議論が巻き起こるレベルなので、もっとも有名なブランドの一つといっても過言ではありません。

i7-7700HQおよびNVIDIA GTX1050、8GB DDR4、1TBHDDと、来てますねこれは。

969ドルは日本円にすると109,230円。うわー安い、これは売れてます!

個人的にはイチオシといったところです。なにしろゲーミンググラボの最低限のスペックであるGTX1050が入っているのが大きな違いです。

最先端機能においても、3年は使えるPCになるのではないでしょうか?

1位:LENOVO LEGION R720

1位はレノボです。

i7-7700HQおよびNVIDIA GTX1050 tI、8GB DDR4、1TBHDDに128GBのSSD

949.99ドル、106,978は神価格と言って過言ではないしょう(´・ω・`)

中華バックドアの噂好きな人にはおすすめではありませんが、私はかれこれLENOVOは6年ぐらい愛用しています(今目の前にi7-3520MのPCがあります)そのため心から買い替えたいレベル……

時を経ても衰えぬ動作の軽快さなどから考えるとこの商品は強いとみていいでしょう(もちろん、必ずしもメーカーによるものとは限りませんが)

LENOVOは日本の代理店がそもそも安いので、今回GearBestは頑張って値段を削ってきています。

ねらい目です。

まとめ

いずれも10万円と少し値が張るPCです。この価格になると1050Tiや第8世代CPUのi7やi5は当たり前。

そうなると2万円ノートPCとはやはり別次元のスペックになりますね。

ちょおっと可搬性などの困難もありそうですが、ノートパソコンを愛している方であれば、こういった薄型の形状にテクノロジが詰め込まれていることにロマンを感じる方もおおいのではないでしょうか。

その他セール会場もありますので以下をごらんください。

【Frontier】18年11月BTOランキング【一強】

2018年11月概況と戦略

GTX1080の価格が7万円台とかなり押し込まれ買いやすく。自作ユーザーにとって有利な価格帯に。
ただしintelのCPUは需要増で価格が上がる結果になり、微妙なライン。ただ在庫品である以上なかなか価格には転嫁されないのがBTOの宿命。

ただやや価格が下がってているFrontierが圧倒的価格のままです。ノーパソも安い!

紹介ベーススペック

  • CPU:Corei7-8700K
  • MEM:16GB
  • グラボ:GTX1080
  • SSD:500GB
  • HDD:3TB
  • 電源:800W

アマゾンでi7-8700(16GB)+GTX1080マシンを自作したときの価格[2018/5]

項目 型番 参考価格
チップセット Z370 ¥24,000
CPU Corei7 8700 ¥41,000
グラボ GTX1080 ¥80,000
SSD 500GB ¥10,000
HDD 3TB ¥9,300
メモリ 16GB ¥18,000
OS win10 ¥13,000
ケース SAMA ¥5,000
電源 800W ¥11,800
合計 \212,100

悲しき哉。今年の第一四半期より約1.8万円高くなっています…212,100円をベース価格として覚えておいてください。

注:以下価格は税抜き表記です。

Frontier 👑

商品の変動が激しいので、セール会場からお探しください。

10月31日の月末セールからピックアップ。

最新グラボのPCがゲロ安

ベーススペックより良いグラボを実装し、それでいて価格がほぼ同じという脅威。850W電源は拡張性の面からも神です。

スタンダードモデルながらゲーマーも納得 それでいてこの価格

ゲーマーとして最低は欲しいGTX060。それを搭載し、i7-8700″K”とまだまだ最新世代CPUを載せてこの値段。自作するのをなげうちたくなること請け合いです。



Xiaomiのノートより安い…💦

私はXiaomiのノートを愛用していますが、8700Uに8GBメモリで11万くらいでした。
こちらは…GTX1050Tiに8750Hにメモリ16GBにSSD480…いやもう完全に常軌を逸していますよ。

持ち運びはどうなのかな‥というくらいの揚げ足の取り方しかできないのが悲しい。

常に変動するセールでFrontierの神髄を心行くまで楽しんでください。

マウスコンピュータ

トップページからNEXTGEAR i670PA1-14と検索

189,800円(前月:179,800円)

変化なし

注意点:SSDなし、700W電源

少し値上がりしてしまいました。

第3位:ドスパラ

196,980円(前月:189,980円)

値上げ

残念、値上がりしてしまいました。分割購入にはおすすめです。

 

サイコム

277,520円税込

値上がり

サイコムは価格よりも独自路線での勝負です。水冷クーラー採用で冷却性能を高めグラボとCPUを冷やしまくってくれます。

この価格の標準搭載グラボは1070Tiですが、AMDのRadeon Vegaシリーズ後に投入されたものであり、GTX1080と同一性能と考えても差し支えありません。

イロモノ枠ですが、なかなか単純な自作ではここまでには至れないプロ仕様なので、ある意味1位の商品ではあります。夏場も静かで安定、快適なゲーミングを志す方にはうってつけでしょう。

パソコン工房

トップページからLEVEL-R037-i7K-VNR-GCPと検索

179,980円(前月:179,980円)

横ばい

注意:SSDなし、500W電源

最後に表を出しますが、やはり実装がさみしいため、順位を最下位にしました。

各社総合比較

  フロンティア マウス サイコム ドスパラ PC工房
CPU 8700 8700K 8700K 8700K 8700K
グラボ 1080 1080 1070Ti 1070Ti 1080
メモリ 16GB 16GB 16GB 8GB 16GB
HDD 1TB 1TB 2TB 1TB
SSD 240GB 500GB 640GB
電源 850W 700W 750W 500W 500W
その他 OSオプション
価格 159,800円 189,800 274,650 189,980 179,980

性能が他社PCと比較すると劣るものにはを、優れているものにはを着色しています。

こう見るとフロンティア一強のような気がするのですが……
その他が高いのではなく横並び(サイコムは特殊なので例外)なので、むしろフロンティアが安すぎるのかなと思います。

テック・ゲーム

【PC】ノートPCが19,800円(税別)
1: 名無しさん@涙目です。(北海道) 2018/12/04(火) 16:37:18.67 ID:GYKCHcwE0 BE:422186189-PLT(12015) メモリーを、従来モデルの2GB LPDDR3から4GB LPDDR3(増設・変更不可)に増強。 ストレージは32GB eMMCのままだが、 外部記録媒体として、microSDメモリーカードスロットの対応容量を、従来の64GBから最大128GBまで向上させた。 このほか主な仕様は、ディスプレイに、フルHD解像度(1920×1080ドット)の14.1型IPS液晶パネルを採用。 CPUが「Atom x5-Z8350」、 無線通信がIEEE802.11b/g/n準拠の無線LAN規格、Bluetooth 4.0に対応。 インカメラに30万画素カメラを備える。 インターフェイスは、USB 3.0×1、USB 2.0×1、miniHDMI×1、3.5mmイヤホン×1を装備。 スピーカーは1W×2。 バッテリー容量は9800mAhで、駆動時間は約7時間。 ビジネスソフトは、キ

続きを読む

【2018冬】 ゲーミングPCに自信ニキ
【PC】MacBookが大苦戦?アップルが市場シェア24%減の報  誰もかってくれない(´・ω・`)
【PC】グラボがお亡くなりになった件wwwwwwwwwwww
【懐古】最も長く使ったCPU

「PC自作最前線」記事をもっと見る

PC自作最前線 人気記事

【PC自作】M.2(NVMe)装着方法、クローン方法と体感速度の変化について。このご時世、やはり入れて起きたい。
【2018】マザーボード徹底比較! チップセットの種類・機能・拡張性の違いは?現行最新マザボ選びが分かる完全保存版!
【2019】CPU徹底比較!種類・スペック・性能差は?動画編集・ゲーミングにオススメのCPUは?全てが分かる完全保存版!
3万円台でCorei5・SSD・メモリ16GBの快適なノートPCを調達する裏ワザとは!?~R731編~
PCのサウンドデバイスはUSB DACが主流に!なぜサウンドカードは衰退してしまったのか?
グラボ2枚挿しによって得られる性能と発熱・消費電力対策について。とにかくハイエンドを目指す方にはおすすめ。
【PC】誰かパソコン壊す方法教えてください!
【Frontier】ワイのPC、ついに届く!!!!!!!!!!!!!!!!!! (反応まとめ)
【Windows10中華タブレット】激安10インチ CoreM3搭載「Cube Mix Plus」は絶対に買い! 驚愕のスペック徹底解剖!!
【2019】グラボの選び方完璧指南!GPUの種類・命名方法から性能差、用途別おすすめモデルまで!!