【ツール’17】第14ステージのみどころと結果、マシューズの坂道力! この日勝つために賭けてきた想い

コースプロフィール

ゆるやかな上り基調です。総合勢が激しい動きをしなければスプリンターステージにもなる可能性があります。

特に第12ステージの山基調のコースではキッテルも粘りを見せましたし、マイケル・マシューズが坂スプリントで強さを見せています。

【ツール’17】第12ステージのみどころと結果、バルデつよい、ウランも凄い、アルはマイヨ奪取!!

考えてみれば第3ステージでもサガンの次に入ったのはマシューズです。

【ツール’17】第3ステージのみどころと結果。サガン、ペダルを外す舐めプ(アクシデント)でも余裕!

坂路スプリントでサガンがいない今、完全に狙い目でしょう。

みどころ

スタート

アクチュアルスタートから逃げは4人で形成されます。

メイン集団はきれいなパレード陣形。

中間スプリントはキッテル

キッテルがマシュ-ズを抑えます。今回は本気出してきましたね。

キッテル、疲れる

山岳も超える実力を見せましたが、今回は明らかに厳しそう。

グルペットでタイムアウトにならないよう目指す必要があります。

プロトン

BMCとサンウェブが引きます。今日はこの2チームが勝ちたいようです。

  • BMC:ハンアーベルマート
  • サンウェブ:マイケル・マシューズ

また、

  • クイックステップ:ジルベール

もオーダーです。キッテルに脚があれば面白かったですが、それでもダン・マーティンの二枚看板なのでなかなかに有力です。

名パンチャーの逃げ

デヘントとヴォクレールが走ります。どちらもベテランパンチャーなので上手く行けば逃げ切る可能性もあります。

デヘント、単独へ

しかしヴォクレールがちぎれ、単独走行になります。

ジャイアント&BMC

この陣容は依然変わりません。

デヘント、あえなく吸収

間を縫ってカチューシャ

未勝利のカチューシャも見せ場を作ろうと頑張ってます。

その後再度4人の逃げ集団が形成されます。

スカイ勢が先陣

やっぱり引くのは俺達だ! 存在感が圧倒的です。

というか…アスタナが分断??

アルの姿が全く見えません。

これはスカイが仕掛けた感じもありますね。

残り600m

後方にいたジルベールがスイスイと上がってきます。

残り300m

この坂も一筋縄ではいかない坂で、そう簡単に勝負は決まらなさそう。

やはりジルベールがちょっとかかり気味だったかも。

残り150m

ハンアーベルマート、マシューズの三つ巴か。

マシューズは溜めれているぞ。

残り116m

マシューズ、力を解放――!

チェックするのはハンアーベルマート、彼も勝機充分!

しかしマシューズは勝利を確信しました。

登りきったら勝ちというこのコース特性を熟知した上での絶妙なスパートでしたね。

なかなか勝てなかっただけに、これは嬉しい!

第12ステージでの1級山岳スプリントも、自信につながったのでしょう。

フルーム、強い

前方に位置し続けたスカイ,フル-ムが7位でゴールとなりました。

アル、マイヨ失う

アルは群に揉まれタイムを落とし、マイヨを手放すことになります。

敗因はアシストの薄さでしょうか。途中からアスタナのジャージが分断されてしまいました。

アルがマイヨを決めた第12ステージでの、アスタナの妙なテンションの低さが、ここで思い出されます。

本ステージのバルギルのように喜ぶ仕草があっても良いものですが……?

もう一つの敗因は、コース適性でしょうか。

第12ステージの場合は、最後に体をよじらせるレベルの激坂が待ち構えていました。

このように斜度が大きく変動するコースと緩急をつけられる選手らは有利ですが、フルームのようにペースを緩やかに上げてゆく選手には不利ともいえるでしょう。

しかし本ステージは終始ゆるやかな上りであることから、急激にギアをチェンジする必要はありません。

とにかくテンポで漕いでゆけば大きく離されることはないわけですから、フルームに適していたといえるでしょう。

結果

ステージ結果

フルームが7位! ダン・マーティンが8位! ウランが9位!

総合結果

感想

フタを開ければワンデー巧者向け、というところで、上位勢の陣容が非常に面白い結果になったレースです。

ジルベールは4位に終わってしいまいましたが特筆すべきはダン・マーティン!

画像のテロップでは「ジルベール」となっているのが、ダン・マーティンです。

ジルベールのアシスト気味に働きながら、フルームを捉えて離さない。

ステージ勝利がないため余り注目されませんが、マイヨ奪還の最有力候補にさえ思えます。

第9ステージでタイムを1分以上落としてしまいましたが、それがなければもうすでに獲っていたかもしれません。

しかしあのポートの激しい落車に巻き込まれながら、今のところ無事であることが何よりの救いです。

彼のこれからの活躍に期待です!

参考になりましたら
いいね!お願いします

folder

スカパー加入料が無料!

国内最大のスポーツ専門テレビチャンネルであるJ-SPORTS
グランツール(ジロ・ツール・ブエルタ)はもちろん、春のクラシックや世界選手権まであらゆるサイクルロードレースを網羅しています。

→2017年からジロはDAZNのみの放映となりました。

劣悪なD◯ZNを経験すればわかるスカパーの偉大さ!(・ω・`)

当サイトでは試合結果速報や、レース内容解説をお伝えしていますが、やはりレースは映像で見るのが一番です!

スポーツ

【ツール’17】第21ステージ見どころと結果!フルーネウェーヘンが有終の美を飾る お疲れ様でした
コースプロフィール 最終ステージ、 みどころ ディラン・フルーネウェーヘンが勝利! MMは絡めず、グライペルは惜しくも2位 今年は2位ばかりだネ……(´・ω・`) 結果 ステージ優勝:ディラン・フルーネウェーヘン 総合優勝:クリス・フルーム スプリント賞:マイケル・マシューズ 山岳賞:ワレン・バルギル 新人賞:サイモン・イェーツ チーム総合:チーム・スカイ 総合敢闘賞:ワレン・バルギル 総合でもスカイが+7分14秒とバルデらのAG2Rを突き放し圧勝。チーム力も素晴らしかった。 そしてワレン・バルギル、山岳賞のみならず総合敢闘賞を獲得です! トマス・デヘント説もありましたが、やっぱり目立ち方が違いました。 全体感想 ツールオワタ(´・ω・`) 今年もいろいろありましたね。 スプリント勢が軒並み去っていったのはすごかった。最後にマイヨ・ヴェールを手中にしたマイケル・マシューズ、途中まで目立ちませんでしたが、地道な努力が身を結びました。 リゴベルト・ウランの覚醒、ワレン・バルギルの無尽蔵

続きを読む

【ツール’17】第20ステージのみどころと結果。ボドナール大金星! 新城幸也24-TWENTY FOUR-
【ツール’17】第19ステージのみどころと結果。ボアッソンハーゲン6年ぶりの勝利! 移動日。
【ツール’17】第18ステージのみどころと結果! バルギルは超人かな? スカイはレースを完全支配
【ツール’17】第17ステージのみどころと結果! ログリッチは超絶な逃げ勝ち、包囲網同士は膠着、スカイ鉄壁か

「'17ツール」記事をもっと見る