【ツール・ド・ヨークシャー2017】第1ステージの結果について フルーネヴェーヘン、ゴール前スプリントを制しリーダージャージ獲得

2017年4月28日、イギリスのヨークシャー地方で、ツール・ド・ヨークシャーの第1ステージが開催されました。

この記事では、第1ステージの結果、レース概要、ジャージ獲得者についてお知らせいたします。

関連記事

【ツール・ド・ヨークシャー2017】概要・コース・スタートリスト・結果について

【ツール・ド・ヨークシャー2017】第2ステージの結果について

レース結果一覧

第1ステージの結果、総合成績、各賞ジャージ着用者についてまとめています。

第1ステージ結果

順位 選手名 チーム ゴールタイム
1位 ディラン・フルーネヴェーヘン TLJ 4時間09分38秒
2位 カレブ・ユアン ORS +0秒
3位 C.POIE BIK +0秒
4位 ナセル・ブアニ COF +0秒
5位 スティール・ヴォンホフ ONE +0秒
6位 クリスティアン・ズバラーリ DDD +0秒
7位 Andre LOOIJ RNL +0秒
8位 A.BLYTHE ABS +0秒
9位 B.PLANCKAERT KAT +0秒
10位 E.SANZ UNZUE RAL +0秒

優勝のディラン・フルーネヴェーヘン

レース展開

7人の逃げ集団が形成され、メイン集団とはだいたい2分前後の差を保ちながらレースは進んでいきました。

 

最終的に逃げは2人が残りますが、メイン集団がしっかりとタイム差をコントロールし、残り8.3キロ地点で吸収されました。

 

その後、各チームきれいなトレインを形成し、ゴール前スプリントに向けた位置取り争いが始まりました。

 

残り1キロを切り、選手たちが加速していきますが、どのチームもトレインがばらけ、選手が入り乱れてしまいます。

 

そんな中、ブアニ(黒いヘルメット)は前にアシストを残し、有利な位置を確保します。

 

残り100メートルを切ったところで集団落車が発生。一番スピードが乗ったところで起きた落車だけに、選手たちのけがの程度が心配です。

 

いい位置を確保していたブアニはいまいち伸びが見られず、フルーネヴェーヘンがトップゴールしました。

 

ゴール前の様子を上から。ブアニは前の2人に挟まってしまい、抜け出せなかったようです。

 

トップ2人の差はほんのわずか。ギリギリの勝負でした。

 

落車に巻き込まれた選手のうち、一部は大きなダメージを負っていそうです……

何ともなければ良いのですが。

総合成績

順位 選手名 チーム タイム
1位 ディラン・フルーネヴェーヘン TLJ 4時間09分28秒
2位 カレブ・ユアン ORS +4秒
3位 C.OPIE BIK +6秒
4位 ナセル・ブアニ COF +10秒
5位 スティール・ヴォンホフ ONE +10秒
6位 クリスティアン・ズバラーリ DDD +10秒
7位 Andre LOOIJ RNL +10秒
8位 アダム・ブライス ABS +10秒
9位 B.PLANCKAERT KAT +10秒
10位 E.SANZ UNZUE RAL +10秒

リーダージャージ(個人総合時間賞)

ディラン・フルーネヴェーヘン(TLJ)

ポイント賞

ディラン・フルーネヴェーヘン(TLJ)

順位 選手名 チーム ポイント
1 ディラン・フルーネヴェーヘン TLJ 15
2 カレブ・ユアン ORS 12
3 K.GRADEK ONE 10

山岳賞

E.ファンエンペル(RNL)

順位 選手名 チーム ポイント
1 E.ファンエンペル RNL 9
2 ペリグ・ケムヌール DEN 4
3 C.ダン ABS 4

 

ひとこと

トレインがばらけた時点ではブアニが断然有利かな、と思って見ていたのですが、進路が無くなるという、落とし穴がありましたね。第2ステージ以降に期待です。

落車に巻き込まれた選手が心配です。ゴール直前だっため、速度は軽く60km/h以上は出ていたでしょう(汗

しばらく動けない選手もいたようですが、大けがではないことを祈りたいです。

※画像は全てJSPORTSより引用させていただきました。

スカパー加入料が無料!

国内最大のスポーツ専門テレビチャンネルであるJ-SPORTS
グランツール(ジロ・ツール・ブエルタ)はもちろん、春のクラシックや世界選手権まであらゆるサイクルロードレースを網羅しています。

→2017年からジロはDAZNのみの放映となりました。

劣悪なD◯ZNを経験すればわかるスカパーの偉大さ!(・ω・`)

当サイトでは試合結果速報や、レース内容解説をお伝えしていますが、やはりレースは映像で見るのが一番です!

スポーツ

【台湾】太魯閣(たろこ)渓谷で落石事故、日本人サイクリストが意識不明の重体 「太魯閣国際ヒルクライム」中止
1: 2017/09/09(土) 23:38:38.46 ID:CAP_USER9 台湾で落石事故、日本人が重体 景勝地の渓谷 朝日新聞:2017年9月9日23時08分 http://www.asahi.com/articles/ASK996SY5K99UHBI01J.html 台湾東部・花蓮県の観光地、太魯閣(タロコ)渓谷で9日、落石事故があった。 3人が巻き込まれ、病院に搬送された。 地元報道によると、1人は日本人男性で、頭を強く打って意識不明の状態という。 男性は静岡県の30代で、自転車でツーリングをしていたという情報もある。 現場は切り立った渓谷の景観で知られる。   現地報道資料では、静岡県の白井寬之さんと報じています。 また、太魯閣渓谷では2013年から本件も含め5件の事故が発生していたようです。 なお9月10日(本日)、MAXXIS太魯閣国際ヒルクライム2017が開催予定でしたが、中止となりました。 出場予定であったサイクリスト(モデル)の日向涼子さんが以下のツイートをし

続きを読む

【自転車/漫画】弱虫ペダルのルールっておかしくね?
【TOJ2017】ツアー・オブ・ジャパン堺ステージの現地観戦レポート レースは生が一番!
【ツアー・オブ・カリフォルニア’17】第7ステージ(最終)のレース展開と結果について ハフマンが2勝目!総合優勝はジョージ・ベネット!
【ツアー・オブ・カリフォルニア’17】第6ステージのレース展開と結果について 個人TTはジョナサン・ディベンが制する

「'17ステージ」記事をもっと見る

'17ステージ 人気記事

記事が見つかりませんでした。