【ツアー・オブ・カリフォルニア’17】第6ステージのレース展開と結果について 個人TTはジョナサン・ディベンが制する

2017年5月20日(日本時間)、ツアー・オブ・カリフォルニアの第6ステージが行われました。

本記事では第6ステージのレース展開、結果・総合成績・各賞ジャージ着用者について紹介いたします。

レース展開

第6ステージのレース展開です。

※画像出典:JSPORTS

フィリッポ・ガンナが暫定トップとなる28分48秒をマーク。

 

サガンがスタート。

 

スカイのディベンがガンナのタイムを21秒更新。

 

ポリッツが28分54秒のタイムで暫定5位に入る。

 

サガンのクリートが外れる。

 

サガン、暫定3位となる28分50秒の好タイムでゴール。 クリートが外れたのがちょっと残念。

 

モートン、スタートした瞬間にチェーンが外れ、ノーマルバイクに交換。大きなタイムロスに……

 

最終走者のマイカがスタート。総合トップを守れるか。

 

ヘーシンクはノーマルバイクで戻ってくる。トラブルがあったか。

 

ブックウォルター、28分33秒の好タイムで暫定2位に。

 

タランスキーは暫定3位の28分43秒でゴール。

 

ボズウェルは29分25秒のタイムでゴール。総合3位は守れなかった。

 

ジョージ・ベネットは暫定4位となる28分45秒でゴール。総合トップ浮上の大チャンス!

 

マイカは29分26秒のタイムで総合トップを守れず、ベネットに逆転を許す。

レース結果一覧

第6ステージの結果、総合成績、各賞ジャージ着用者についてまとめています。

第6ステージ結果

順位 選手名 チーム ゴールタイム
1 ジョナサン・ディベン SKY 28分27秒
2 ブレント・ブックウォルター BMC +7秒
3 アンドリュー・タランスキー CDT +16秒
4 ジョージ・ベネット TLJ +18秒
5 フィリッポ・ガンナ UAE +21秒
6 マクシミリアン・シャッハマン QSF +21秒
7 ペーター・サガン BOH +23秒
8 マチェイ・ボドナール BOH +23秒
9 マルティン・エルミガー BMC +25秒
10 ニルス・ポリッツ KAT +27秒

ブックウォルター、ディベン、タランスキー

総合成績

順位 選手名 チーム タイム
1 ジョージ・ベネット TLJ 20時間16分48秒
2 ラファル・マイカ BOH +35秒
3 アンドリュー・タランスキー CDT +36秒
4 ブレント・ブックウォルター BMC +45秒
5 イアン・ボズウェル SKY +1分00秒
6 ヴァガールステイク・ラエンゲン UAD +1分54秒
7 タオ・ゲオゲーガンハート SKY +2分12秒
8 サム・オーメン SUN +2分15秒
9 ラックラン・モートン DDD +2分20秒
10 アイマル・スベルディア TFS +3分14秒

個人総合時間賞

ジョージ・ベネット(TLJ)

ポイント賞

表彰式なし

順位 選手名 チーム ポイント
1 ペーター・サガン BOH 37
2 ラファル・マイカ BOH 28
3 ジョージ・ベネット TLJ 24

山岳賞

表彰式なし

順位 選手名 チーム ポイント
1 ダニエルアレクサンデル・ハラミリョ UHC 38
2 ラファル・マイカ BOH 25
3 エヴァン・ハフマン RLY 25

新人賞

表彰式なし

順位 選手名 チーム 総合タイム
1 タオ・ゲオゲーガンハート SKY 20時間19分00秒
2 サム・オーメン SUN +3秒
3 ラックラン・モートン DDD +8秒

敢闘賞

表彰式なし

ひとこと

ジョージ・ベネットはタイムトライアルに強いイメージがあまりなかったのですが、うまくまとめてきましたね。

モートンはスタート直後のバイク交換が痛すぎましたね。チェーントラブルのようでしたが、メカニックは後ですごく怒られそうです(汗

さて、いよいよ明日の第7ステージが最終となります。総合上位勢のタイム差は5位のボズウェルまで1分以内。
逆転優勝へのワンチャンスに賭けて、熾烈な戦いが繰り広げられそうです。

スカパー加入料が無料!

国内最大のスポーツ専門テレビチャンネルであるJ-SPORTS
グランツール(ジロ・ツール・ブエルタ)はもちろん、春のクラシックや世界選手権まであらゆるサイクルロードレースを網羅しています。

→2017年からジロはDAZNのみの放映となりました。

劣悪なD◯ZNを経験すればわかるスカパーの偉大さ!(・ω・`)

当サイトでは試合結果速報や、レース内容解説をお伝えしていますが、やはりレースは映像で見るのが一番です!

スポーツ

【台湾】太魯閣(たろこ)渓谷で落石事故、日本人サイクリストが意識不明の重体 「太魯閣国際ヒルクライム」中止
1: 2017/09/09(土) 23:38:38.46 ID:CAP_USER9 台湾で落石事故、日本人が重体 景勝地の渓谷 朝日新聞:2017年9月9日23時08分 http://www.asahi.com/articles/ASK996SY5K99UHBI01J.html 台湾東部・花蓮県の観光地、太魯閣(タロコ)渓谷で9日、落石事故があった。 3人が巻き込まれ、病院に搬送された。 地元報道によると、1人は日本人男性で、頭を強く打って意識不明の状態という。 男性は静岡県の30代で、自転車でツーリングをしていたという情報もある。 現場は切り立った渓谷の景観で知られる。   現地報道資料では、静岡県の白井寬之さんと報じています。 また、太魯閣渓谷では2013年から本件も含め5件の事故が発生していたようです。 なお9月10日(本日)、MAXXIS太魯閣国際ヒルクライム2017が開催予定でしたが、中止となりました。 出場予定であったサイクリスト(モデル)の日向涼子さんが以下のツイートをし

続きを読む

【自転車/漫画】弱虫ペダルのルールっておかしくね?
【TOJ2017】ツアー・オブ・ジャパン堺ステージの現地観戦レポート レースは生が一番!
【ツアー・オブ・カリフォルニア’17】第7ステージ(最終)のレース展開と結果について ハフマンが2勝目!総合優勝はジョージ・ベネット!
【ツアー・オブ・カリフォルニア’17】第6ステージのレース展開と結果について 個人TTはジョナサン・ディベンが制する

「'17ステージ」記事をもっと見る

'17ステージ 人気記事