【ツアー・オブ・カリフォルニア’16】第5ステージのレース展開と結果について。トームス・スクインシュがプロ初勝利を挙げる!

2016年5月20日、アメリカでツアー・オブ・カリフォルニアの第5ステージが行われました。

本記事では第5ステージのレース展開、結果・総合成績・各賞ジャージ着用者について紹介いたします。

レース展開

第5ステージのレース展開です。

※画像出典:JSPORTS

 

前半

逃げは18人。メンバーは、
アダム・ブライズ、マキシム・ブエ、ニコラス・マース、
ハビエル・サンディオ、ジャック・イャンスファンレンスブルグ、ヤコポ・グアルニエーリ、
マーク・クリスチャン、ダニロ・ヴィス、オウェイン・ドゥル、
トームス・スクインシュ、ジャスパー・ストゥイヴェン、アンジェロ・テュリク、
フェアリー・ケレブ、ディラン・フルーネウェーヘン、クリストファー・ジョーンズ、
ローガン・オーエン、ジェイコブ・レイズ、アダム・フォス

残り62.3キロ地点

タイム差は3分15秒

残り59.1キロ地点 山岳ポイント(2級)

Capture20160520-071509

トームス・スクインシュがポイントに向けてアタックし、アダム・フォスがすぐにマーク。

先頭通過はフォス。山頂を越えて、そのまま2人で先行する。

残り49.6キロ地点

先頭集団←45秒→追走集団←3分05秒→メイン集団

残り47.6キロ地点 山岳ポイント(2級)

再び、フォスが先頭通過。

残り41.7キロ地点

追走集団から6人が追いつき

トームス・スクインシュ、アダム・フォス、クリストファー・ジョーンズ、
ダニロ・ヴィス、ハビエル・サンディオ、マキシム・ブエ、
ジェイコブ・レイズ、ジャスパー・ストゥイヴェンの8人に。

残り37.5キロ地点

先頭集団は元の18人に戻る。

残り31.4キロ地点

スクインシュが先頭集団から飛び出す。

残り26.5キロ地点

ハビエル・サンディオ、アダム・フォスがスクインシュに追いつき先頭は3人。

残り15.0キロ地点

先頭集団(3人)←55秒→追走集団(13人)←2分10秒→メイン集団

残り4.4キロ地点

Capture20160520-074336

先頭と追走のタイム差は55秒。

残り1.0キロ地点

先頭の3人はペースが落ちない

残り500メートル地点

Capture20160520-074808

サンディオが先頭

残り100メートル

Capture20160520-074849

フォスが先に仕掛ける

 

Capture20160520-075054

勝ったのはスクインシュ!

レース結果一覧

第5ステージの結果、総合成績、各賞ジャージ着用者についてまとめています。

第5ステージ結果

順位 選手名 チーム ゴールタイム
1 トームス・スクインシュ CPT 5:54:45
2 アダム・フォス RLY ST
3 ハビエル・サンディオ SKY +8秒
4 ジャスパー・ストゥイヴェン TSF +28秒
5 ホナタン・レストレポ KAT +43秒
6 ロニー・スクワイア HSD +43秒
7 ジュリアン・アラフィリップ EQS +43秒
8 トラビス・マッケープ HSD +43秒
9 ローハン・デニス BMC +43秒
10 ローソン・クラドック CPT +43秒

スクインシュはプロ1勝目!

総合成績

順位 選手名 チーム 総合タイム
1 ジュリアン・アラフィリップ EQS 24:01:45
2 ピーター・ステティナ TFS +22秒
3 ジョージ・ベネット TLJ +37秒
4 ブレント・ブックウォルター BMC +40秒
5 ローレンス・テンダム TGA +49秒
6 ネイルソン・パウウェルス AHB +1分01秒
7 ローハン・デニス BMC +1分01秒
8 サムエル・サンチェス BMC +1分01秒
9 ロブ・ブリトン RLY +1分12秒
10 アイマル・スベルディア TFS +1分15秒

総合上位勢は変わりありません。

各ポイント賞

個人総合時間賞

ジュリアン・アラフィリップ (EQS)

山岳賞

エヴァン・ハフマン(RLY)

順位 選手名 チーム ポイント
1 エヴァン・ハフマン RLY 25
2 ジュリアン・アラフィリップ EQS 23
3 オスカー・クラーク HSD 22

ポイント賞

ペーター・サガン(TNK)

順位 選手名 チーム ポイント
1 ペーター・サガン TNK 38
2 ベンジャミン・キング CPT 23
3 ジュリアン・アラフィリップ EQS 21

新人賞

ネイルソン・パウウェルス(AHB)

順位 選手名 チーム 総合タイム
1 ネイルソン・パウウェルス AHB 24:02:46
2 ロビン・グエレイロ AHB +33秒
3 タオ・ゲオゲガン・ハート AHB +1分12秒

ひとこと

トームス・スクインシュ選手はプロ1勝目ということですが、カリフォルニアでは若い選手の活躍が目立ちます。

イタリアではジロが開催されていますが、将来ここで活躍している選手の姿をグランツールで見られる日が来るのが楽しみです。

関連記事

前ステージ→第4ステージの展開と結果

ツアー・オブ・カリフォルニア2016のコース図や出場チーム・出場選手

UCIワールドチームの使用バイク・機材について
UCIプロコンチネンタルチームの使用バイク・機材について

ジロ・デ・イタリア2016のコース図や出場チーム・出場選手

スカパー加入料が無料!

国内最大のスポーツ専門テレビチャンネルであるJ-SPORTS
グランツール(ジロ・ツール・ブエルタ)はもちろん、春のクラシックや世界選手権まであらゆるサイクルロードレースを網羅しています。

→2017年からジロはDAZNのみの放映となりました。

劣悪なD◯ZNを経験すればわかるスカパーの偉大さ!(・ω・`)

当サイトでは試合結果速報や、レース内容解説をお伝えしていますが、やはりレースは映像で見るのが一番です!

スポーツ

【ドーフィネ’16】第7(最終)ステージのレース展開と結果について。スティーブ・カミングスがステージ優勝。総合ではツールに向け絶好調のクリス・フルームが2連覇を達成!
2016年6月12日(現地時間)、クリテリウム・ドゥ・ドーフィネ2016の第7ステージが行われました。 本記事では第7ステージのレース展開、結果・総合成績・各賞ジャージ着用者について紹介いたします。 レース展開 第7ステージのレース展開です。 ※画像出典:JSPORTS 20人ほどの逃げ集団が形成される。 残り137.5キロ地点 山岳ポイント(2級) ダニエル・ナバーロ ジェローム・コッペル ホセ・エラダ ダリオ・カタルド 残り117.5キロ地点 山岳ポイント(3級) ジェレミー・ロワ ツカブ・ゲブレマリアム・グルマイ 残り68.0キロ地点 山岳ポイント(4級) ダニエル・テクレハイマノット 残り48.5キロ地点 山岳ポイント(1級) スティーブ・カミングス ツカブ・ゲブレマリアム・グルマイ ダニエル・テクレハイマノット ユルヘン・ヴァンデンブロック アレクセイ・ルチェンコ ジャック・バウワー 20人の集団はバラバラになり、スティーブ・カミングスが単独先

続きを読む

【ドーフィネ’16】第6ステージのレース展開と結果について。山頂ゴールでティボ・ピノーがロマン・バルデとのフランス人対決を制する。
【ドーフィネ’16】第5ステージのレース展開と結果について。クリス・フルームがステージ優勝!リッチー・ポートとの上りスプリント対決を制する。
【ドーフィネ’16】第4ステージのレース展開と結果について。エドヴァルド・ボアッソンハーゲンが早めのスプリントでブアニに競り勝つ!
【ドーフィネ’16】第3ステージのレース展開と結果について。ファビオ・アルが15キロ弱の単独逃げを成功させる!

「’16 ステージ」記事をもっと見る

’16 ステージ 人気記事

記事が見つかりませんでした。