【ツアー・オブ・カリフォルニア’16】第1ステージのレース展開と結果について。ペーター・サガンが初日の集団スプリントを制する!

2016年5月16日、アメリカでツアー・オブ・カリフォルニアの第1ステージが行われました。

本記事では第1ステージのレース展開、結果・総合成績・各賞ジャージ着用者について紹介いたします。

レース展開

第1ステージのレース展開です。

※画像出典:JSPORTS

ダニエル・パッタン、ダニエル・イートン、ジェイコブ・レイズ、ミシェール・シーハン、オスカー・クラーク、ヨーナス・ヘンッタラ、ダニー・ペイトの7人が逃げ集団を形成。

残り119.5キロ地点 スプリントポイント

  1. ミシェール・シーハン:3pts
  2. ダニエル・イートン:2pts
  3. ジェイコブ・レイズ:1pts

の順で通過。

残り87.0キロ地点 山岳ポイント(1級)

  1. オスカー・クラーク:8pts
  2. ジェイコブ・レイズ:7pts
  3. ダニー・ペイト:6pts
  4. ダニエル・イートン:5pts
  5. ヨーナス・ヘンッタラ:3pts

の順で通過。

残り56.1キロ地点

メイン集団はカチューシャが中心にコントロール

残り44.5キロ地点

20160516tocst01-1

先頭集団はきれいに先頭交代しながら進む

残り34.5キロ地点 スプリントポイント

ミシェール・シーハンが先頭通過。

残り27.9キロ地点

ジェイコブ・レイズが先頭集団からアタック。
オスカー・クラーク、ダニー・ペイトが追走する。

残り20.2キロ地点

メイン集団とのタイム差は1分ジャスト

残り15.5キロ地点

残りの逃げメンバーは吸収

残り9.7キロ地点

タイム差は25秒

残り8.5キロ地点

20160516tocst01-2

オスカー・クラークがアタック。ジェイコブ・レイズが追走する。

残り5.8キロ地点

ダニー・ペイトは吸収される。

先頭の2人はメイン集団と22秒差。

残り3.3キロ地点

先頭の2人も吸収。

ロットNLが集団のペースを上げる

残り1.0キロ地点

20160516tocst01-3

ペーター・サガンが良い位置につける

 

20160516tocst01-4

サガン勝利!

レース結果一覧

第1ステージの結果、総合成績、各賞ジャージ着用者についてまとめています。

第1ステージ結果

順位 選手名 チーム ゴールタイム
1 ペーター・サガン TNK 4:20:41
2 ヴァウテル・ウィッベルト CPT ST
3 ディラン・フルーネウェーヘン TLJ ST
4 ブライアン・コカール DEN ST
5 マッタイン・フェルスコール TNN ST
6 ニッコロ・ボニファジオ TSF ST
7 ロビン・グエレイオ AHB ST
8 トム・ボーネン EQS ST
9 ジャンピエール・ドリュケール BMC ST
10 ジョン・マーフィー UHC ST

総合成績

順位 選手名 チーム 総合タイム
1 ペーター・サガン TNK 4:20:31
2 ヴァウテル・ウィッベルト CPT +4秒
3 ミシェール・シーハン JBC +4秒
4 ディラン・フルーネウェーヘン TLJ +6秒
5 ダニエル・イートン UHC +7秒
6 ヨーナス・ヘンッタラ TNN +8秒
7 ブライアン・コカール DEN +10秒
8 マッタイン・フェルスコール TNN +10秒
9 ニッコロ・ボニファジオ TSF +10秒
10 ロビン・グエレイオ AHB +10秒

20160516tocst01-sagan

サガンがゴールで10秒のタイム差を獲得し、リーダージャージを着用。

各ポイント賞

個人総合時間賞

ペーター・サガン

山岳賞

オスカー・クラーク

順位 選手名 チーム ポイント
1 オスカー・クラーク HSD 8
2 ジェイコブ・レイズ JBC 7
3 ダニー・ペイト RLY 6

ポイント賞

ミシェール・シーハン

順位 選手名 チーム ポイント
1 ミシェール・シーハン JBC 3
2 ダニエル・イートン UHC 2
3 ジェイコブ・レイズ JBC 1

新人賞

ディラン・フルーネウェーヘン

順位 選手名 チーム 総合タイム
1 ディラン・フルーネウェーヘン TLJ 4:20:41
2 ニッコロ・ボニファジオ TSF +0秒
3 ロビン・グエレイオ AHB +0秒

ひとこと

サガン強かった。
他のチームの選手をうまく使って前に出てくるのが非常にうまいですね。

ティンコフの選手は前の方でトレインを組んでたように見えましたが、サガンにはあまり関係ないようです(汗

関連記事

ツアー・オブ・カリフォルニア2016のコース図や出場チーム・出場選手

UCIワールドチームの使用バイク・機材について
UCIプロコンチネンタルチームの使用バイク・機材について

スカパー加入料が無料!

国内最大のスポーツ専門テレビチャンネルであるJ-SPORTS
グランツール(ジロ・ツール・ブエルタ)はもちろん、春のクラシックや世界選手権まであらゆるサイクルロードレースを網羅しています。

→2017年からジロはDAZNのみの放映となりました。

劣悪なD◯ZNを経験すればわかるスカパーの偉大さ!(・ω・`)

当サイトでは試合結果速報や、レース内容解説をお伝えしていますが、やはりレースは映像で見るのが一番です!

スポーツ

【ドーフィネ’16】第7(最終)ステージのレース展開と結果について。スティーブ・カミングスがステージ優勝。総合ではツールに向け絶好調のクリス・フルームが2連覇を達成!
2016年6月12日(現地時間)、クリテリウム・ドゥ・ドーフィネ2016の第7ステージが行われました。 本記事では第7ステージのレース展開、結果・総合成績・各賞ジャージ着用者について紹介いたします。 レース展開 第7ステージのレース展開です。 ※画像出典:JSPORTS 20人ほどの逃げ集団が形成される。 残り137.5キロ地点 山岳ポイント(2級) ダニエル・ナバーロ ジェローム・コッペル ホセ・エラダ ダリオ・カタルド 残り117.5キロ地点 山岳ポイント(3級) ジェレミー・ロワ ツカブ・ゲブレマリアム・グルマイ 残り68.0キロ地点 山岳ポイント(4級) ダニエル・テクレハイマノット 残り48.5キロ地点 山岳ポイント(1級) スティーブ・カミングス ツカブ・ゲブレマリアム・グルマイ ダニエル・テクレハイマノット ユルヘン・ヴァンデンブロック アレクセイ・ルチェンコ ジャック・バウワー 20人の集団はバラバラになり、スティーブ・カミングスが単独先

続きを読む

【ドーフィネ’16】第6ステージのレース展開と結果について。山頂ゴールでティボ・ピノーがロマン・バルデとのフランス人対決を制する。
【ドーフィネ’16】第5ステージのレース展開と結果について。クリス・フルームがステージ優勝!リッチー・ポートとの上りスプリント対決を制する。
【ドーフィネ’16】第4ステージのレース展開と結果について。エドヴァルド・ボアッソンハーゲンが早めのスプリントでブアニに競り勝つ!
【ドーフィネ’16】第3ステージのレース展開と結果について。ファビオ・アルが15キロ弱の単独逃げを成功させる!

「’16 ステージ」記事をもっと見る

’16 ステージ 人気記事

記事が見つかりませんでした。