飲めばがんを治すという奇跡の水としてただの水を販売していた事業者が摘発されました。 画像出典:KTV 事件概要 薬機法違反などで逮捕されたのは健康会社社長、大場秀樹容疑者(65) 容疑者は経営する会社のHPで、フコイダンを濃縮しておりがんに効くなど、医薬品としての効能が在るかのように示し「いき水」と称して販売をしていた疑い。 検査によると、本商品の成分は99.89%はタダの水で、残りはクエン酸などの成分であったという。フコイダンの検出は認められなかった。 容疑者はこれまでに17,000本の水を販売し、2000万円以上の利益を得たとみられている。 ※フコイダンには抗酸化詐称やアポトーシス誘導による抗ガン作用などが研究により報告されている。 容疑者について 名前:大場秀樹(65) 職業:健康食品会社「いき水本舗」社長 Twitter:@garakutofukan なおアマゾンでも販売されている(いた)模様 (現在在庫切れ) 口コミを紹介してみます。強調は編集部 飲み水用と化粧水...