1: 2017/07/21(金) 16:13:24.37 ID:CAP_USER9 「今日は誰でもお持ち帰りできるぞー!」──7月8日の深夜1時過ぎ、東京・六本木のとあるバーで高揚して叫ぶ男性がいた。190センチ近くある長身と厚い胸板、日米ハーフらしい端正な顔立ちの男性は、 広島カープの九里亜蓮投手(25)。その隣にいたのは広島の“新エース”の呼び声高い後輩の薮田和樹投手(24)だ。個室に陣取った2人は美女4人に囲まれ、白ワインやテキーラを浴びるように飲んでいたが、 その目は熱投の余韻を引きずるかのようにギラギラ燃えていたという。 その数時間前、セ・リーグの首位を快走する広島は、神宮球場でヤクルトに8―2で圧勝。薮田はその試合で、今シーズン8勝目を上げた。15日のオールスターゲーム第2戦では8回から登板し、1回をわずか8球で 無安打無失点に抑える堂々の球宴デビューを遂げた。 一方の九里は5月まで先発で4勝。その後は中継ぎに回るも大事な場面で試合を任され、緒方孝市監督の信頼は厚い。高校、大学の先輩・後輩の間柄でもある2人は、いずれもカープの将来を背負って...