【スマホ】Vkworld Mix Plus 4G Phabetをレビュー! スペックは弱いが使い勝手はよし

3面ベゼルレスで画質も高く、基本スペックはそこそこですが1万円台と非常に買いやすいと評判の中華スマホ、『Vkworld Mix Plus」ですが、購入し、ようやく手元に届いたのでレビューします。

GearBestから注文しましたが、大阪のDream Works様から届きました。一回中継地点になるようですね。

スペックおさらい

  • CPU:MTK6737 1.3GHz(4コア)
  • サイズ:5.5インチ
  • RAM:3GB
  • ROM:32GB
  • OS:Android7.0
  • カメラ: 5.0MP(SW 8.0MP)フロントカメラ+ 8.0MP(SW 13.0MP)バックカメラ

まあ基本を抑えている感じです。

なかなか見た感じはベゼルレスフォルム、いい感じですね。

嬉しいのは、TPU素材のクリアケースとガラスフィルムが元々ついていることですね。

デフォルトで付いているのはありがたいです。早速装着してみます。

PUケースは付けると高級感が失われてしまうのが残念な点。

付けないほうが背面のジェットブラックのような光沢を楽しむことができるので、付ける付けないは好みでしょう。

起動してみる

起動すると、VK Worldのロゴが表示され、その後Androidのセットアップ画面が表示されます。

SIM挿入を行うと自動的に日本語になりました。

WiFiや指紋認証など設定を終えると、ホーム画面がお目見え。

終わったらホーム画面へ移行します。

うーん初期のアプリが多い……あんまり入っていない方が好きなんですけどねえ。

中華スマホという一抹の不安がありますから。

といいながら、ファイルの整理整頓などはかなり視覚的に、またきれいな見た目で整理ができますから、いい感じです。

整理後

iOSユーザーにはあまりなじみがなかったウイジェット機能でのメニューバーの設置など含め、画面は使いやすいですね。

指紋認証精度

初期設定で指紋認証を行います。

指紋認証部分は背面のカメラの下です。どのような感じで認証されるのかについて動画でお伝えします。

この認証精度と速度、なかなか優れています。

例えばお風呂上がりのふやけた指でもしっかりと認証してくれるスグレモノ。現行のiPhone7では少しでも汗ばむと認証しなくなるので、それと比較するとこちらの方が格段に上です。

しかしも連打してノータイムでリトライができるため、短時間で認証クリアできるのが素晴らしい点であると感じます。

画質は鮮やかだが青っぽい?

VKWorld Mix Plusの売りの一つは画面の綺麗さです。それが示されているのが下の画像。

青みが強いため鮮やかに感じるようですが、個人差があるような気がするのも事実。

ということで私も比較してみました。

画像はソフトバンクの胴上げの写真です。

 

上がiPhone7 Plusで下がVKWorldです。やはり青みの強い印象があります。

したがって画面の美しさはこれは人それぞれの好み、といったところかもしれません。。

ベンチマーク

スマホのベンチを測ってみましょう。

比較用として()の数値は、以前レビューしたAlldocube Free Young X5の値です。(→レビュー記事

総合ベンチ

総合的なスペックを測れるAntutuの結果です。

  • 総合:28972 (42096)
  • 3D:2370 (6223)
  • UX:12389 (17276)
  • CPU:10116 (13579)
  • RAM:4097  (5018)

iPad mini相当の性能です。

CPU・メモリ

CPUやメモリの性能検証に強いGeekbenchの結果です。

  • シングルコア:552 (704)
  • マルチコア:1556  (2517)

Galaxy Active NEo相当の性能です。

GPU(グラフィック)

おもに3Dグラフィック性能を測れるGFXBenchでの結果です。

  • ティラノサウルス・レックスオフスクリーン:334.5 (551.3)

Zenfone2 Laser相当

作業性に関するベンチ

おもにゲーム以外の作業(画像編集・文章作成・ウェブブラウジング)についての速度を計測できる、PCMark Workでの結果です。

  • スコア:2646(3558)

総合的には…

正直に言いますとベンチ性能はそこまで高くないですね。3世代前レベルといって過言ではないほどです。

しかし使い心地自体はかなり上です。場合によっては比較用に出したAlldocube Free Younb X5よりもスムーズな動作感があると確信を持って言えます。

少なくとも1万円台となると値段は確実に妥当といえるスマホです。

また、指紋認証のレスポンスの速さもやはり、大きく評価したいところです。

またiPhone7 Plusと比較すると有効画面はほぼ同じですが上部ベゼルレスでコンパクトになっているのも良い点です。

お弁当箱型(真四角サイズ)で、丸みのあるスマホが苦手な方にもピッタリ。

上位機種をすでにお持ちの方は、メインで使うのはもしかしたら難しいかもしれませんが、サブ機として使うには大きな価値があるかと思います。

イヤフォンジャックもついているので、最近のiPhoneを使っている方にとっては、サブで音楽プレイヤーとしても使えそうです。

最低限の機能しか使わない方は(まあ自分もですが)この1万円スマホは必要十分な機能を備えているのでははないかと思います。

注意:再起動すると英語になる時も

これはSIMを認証させ、自動的に日本語になってから再起動したときの現象です。

設定画面から言語設定を日本語にすると、この問題は解消されますが、このようなことがあることは認識しておきましょう。

folder

PayPalで買える中国大手サイト、「GearBest」の激安クーポン一覧です。毎日更新しています。

クーポン適用は絶対的にお得!

※GearBestでの購入方法はこちら、当サイトメインレビュー対象のXiaomiカテゴリはこちら

▼クーポンの使い方を動画にしてみました▼

  • アカウント登録方法はこちら
  • 購入方法をじっくりご覧になりたい方はこちら

の記事をご覧ください。

保証規定について

主な保証は

  • 3日間の初期不良保証(送料GearBest負担)
  • 45日間返金保証(送料購入者負担)
  • 1年間修理保証(送料GearBest負担)

と充実!詳細は以下の公式ブログをご参考ください。

http://gearbestjapan.com/gearbest-service/

【おまけ】Xiaomiレビュー一覧

過去にレビューした一覧です。Xiaomiカテゴリはこちらからご覧ください。

★★★★★★

  • ノートブック「Xiaomi Mi Notebook Pro」→記事へ
    i7モデルを10万円台で買えればコスパ最強間違い無し、性能も抜群でおすすめ。

★★★★★

  • Bluetootheイヤフォン「Mi Sports Earbuds Mini 」→記事へ
    BTイヤフォンの決定版です!
  • 体重計「Mi Smart Scale 2」→記事へ
    スマホ必須になりますが骨組成など10項目の検査が出来る最強体重計です。
  • 空気清浄機「Pro Air Purifier for Home」→記事へ
    でかいですが空気清浄力はすさまじいです。こちらもスマホ連動で楽しめます。
  • スマートウォッチ「AMAZFIT Bip」 →記事へ
    歩数や心拍計、睡眠時間などを計測できる素晴らしい時計です。液晶表示付きですが、体感的に30日充電なしでつかえそうなバッテリーの持ちの良さも◎。

★★★★

  • シーリングライト「Philips LED」→記事へ
    取り付けが特殊ですがPhilipsだけあって照度は素晴らしい。スマホ連動で楽しめます。
  • イヤフォン「Xiaomi Piston 2 or 3」→記事へ
    シャオミはイヤフォンで日本では名前を挙げましたが、Piston2~3は最高傑作に近いかと思います。
  • 電動歯ブラシ「Oclean SE」→記事へ
    スマホ連動での4万振動/分の圧倒的実力。価格も安いのが魅力的。

★★★

  • スマートバンド「Mi Band2」→記事へ
  • スマートバンド「Mi Band Pluse」→記事へ
  • イヤフォン「XiaoMi Iron Ring Earphones」→記事へ
  • イヤフォン「Xiaomi Piston 3」→記事へ

スマホ

【悲報】サムスン「ヘッドフォンジャックが無いiPhoneはゴミ」→最新Galaxyでヘッドフォンジャック廃止 最後の砦が…
1: ウォルフ・ライエ星(ジパング) 2019/08/14(水) 13:32:12.52 ID:NHiNEgc20 BE:323057825-PLT(12000) 韓国サムスンの公式YouTubeチャンネルから、いくつかのCMがこっそりと削除されていることがわかった。 米メディアAppleInsiderが8月8日に報じた。  削除されたのは主にiPhoneにヘッドフォンジャックがないことを煽る動画だ。 「Growing Up」という動画では、iPhoneにヘッドフォンジャックがないこと、ワイヤレス充電機能がないことを挑発していた。 また、「Ingenius dongle」との動画では「有線のヘッドフォンを利用したければドングル(アダプタ)を使ってください。 充電したいならダブルドングルです」と、やはりヘッドフォンジャックがないことを煽っていた。  サムスンはこれらのCMを削除した理由について明らかにしていないが、先日発表されたGalaxy Note 10にヘッドフォンジャックがないことが理由ではないかとみられている。  なお、この記事で

続きを読む

【四面楚歌】ファーウェイのスマホなど全製品、Amazonで販売中止。「OSに重大な懸念」
【断末魔】情強気取りだったファーウェイスマホニキって息してるの?
【米帝対抗】ファーウェイから非Androidの完全オリジナルOSキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
【もはや戦争】Google、HuaweiにAndroidサービスの停止を決定w何もかも使えなくなるwwwww

「Android」記事をもっと見る