【ジロ’17】第1ステージのレース展開と結果について ペストルベルガーまさかのステージ優勝!

2017年5月25日(現地時間)、第100回ジロ・デ・イタリアの第1ステージが行われました。

本記事では第1ステージのレース展開、結果・総合成績・各賞ジャージ着用者について紹介いたします。

レース展開

第1ステージのレース展開です。

※画像出典:DAZN

レース序盤

残り176.8キロ地点

逃げは6名 タイム差は6分40秒・・・第1ステージからこれだけのタイム差がつくのは珍しい。

山岳ジャージ狙いっぽい動き。

残り174.1キロ地点

まだ序盤の方ですが、メイン集団は縦にかなり長く伸びている。ペースが上がっているのか。

集団の後ろの選手はかなりつらそう。

残り157.7キロ地点

タイム差は6分前後まで縮まる。

残り159.1キロ地点

残り距離表示が増える(笑)

ニーバリ、ユンヘルス、ニッツォーロのライブデータが表示される。ほとんど平坦基調の道で、集団内にいるにもかかわらず、3人とも400W超とはかなり踏んでる!?

残り148.5キロ地点

タイム差は5分ほどまで縮まる。

残り140.7キロ地点

山岳ポイントまで3キロを切った時点で、ベネディッティがアタック。

このあとテクレハイマノがペースを上げて吸収。

残り139.7キロ地点

逃げ集団が少しお見合い状態になった時点で再びアタック。

残り138.9キロ地点

ズパが追い付く。他の4人はまだ来ていない。

残り138.4キロ地点

最初の山岳ポイントはベネディッティがトップで通過。4級山岳、3ポイントを獲得。

下りに入り、逃げ集団は再び6人に戻る。

残り132.0キロ地点

再びライブデータ。なぜかスプリンターに偏ってる?

残り123.7キロ地点

逃げのペースが落ちてきたのか、タイム差は4分ほどまで縮まる。

残り120.4キロ地点

映像がピンクがかった色に(´・ω・`)

残り119.8キロ地点

2つ目の山岳ポイントに向けてテクレハイマノが抜け出す。

残り118.7キロ地点

後ろは3人で追うが、テクレハイマノとのタイム差は17秒程度まで広がる。

残り116.0キロ地点

山岳ポイント寸前でベネディッティが驚異の追い上げ! 2つ目の4級山岳も1位追加。

残り106.1キロ地点

逃げは5人に。

レース中盤

残り100.0キロ地点

逃げ集団は5人、メイン集団とのタイム差は3分17秒。

残り77.0キロ地点

上り区間に入り、メイン集団とのタイム差が2分台に。逃げ集団、メイン集団ともに目立った動きはなし。

残り70.4キロ地点

スプリントポイントはズパがトップ通過。

残り56.4キロ地点

逃げ集団は変わらず5名、タイム差も2分30分前後で推移。

残り33.3キロ地点

タイム差は1分45秒まで縮まる。

レース終盤

残り23.1キロ地点

ビアロブロツキーが遅れ始める。

残り22.9キロ地点

逃げ集団は4人に。

残り20.9キロ地点

3つ目の山岳ポイントもベネディッティがトップ通過。全ての山岳ポイントをトップで通過し、合計9ポイントを獲得。

残り11.6キロ地点

各チーム、ゴール前のスプリントに備えて位置取り争いが激化する。

残り3.6キロ地点

逃げの4人は吸収。

残り2.1キロ地点

コーナーを抜けて、トレインがバラバラに。

残り1.0キロ地点

ペストルベルガー、残り1キロを切ってスプリンターを切り離すつもりが集団から抜け出してしまう。

残り350メートル

後続は来ない!? 逃げ切れるか!

残り0メートル

そのままトップでゴール! ステージ優勝はルーカス・ペストルベルガー!

レース結果一覧

第1ステージの結果、総合成績、各賞ジャージ着用者についてまとめています。

第1ステージ結果

順位 選手名 チーム ゴールタイム
1 ルーカス・ペストルベルガー BOA 5時間13分35秒
2 カレブ・ユアン ORS +0秒
3 アンドレ・グライペル LTS +0秒
4 ジャコモ・ニッツォーロ TFS +0秒
5 サーシャ・モドロ UAD +0秒
6 クリスティアン・ズバラーリ DDD +0秒
7 ジャスパー・ストゥイベン TFS +0秒
8 ライアン・ギボンズ DDD +0秒
9 サム・ベネット BOH +0秒
10 フィル・バウハウス SUN +0秒

総合成績

順位 選手名 チーム ゴールタイム
1 ルーカス・ペストルベルガー BOA 5時間13分35秒
2 カレブ・ユアン ORS +4秒
3 アンドレ・グライペル LTS +6秒
4 パヴェル・ブラット GAZ +8秒
5 ジャコモ・ニッツォーロ TFS +10秒
6 サーシャ・モドロ UAD +10秒
7 クリスティアン・ズバラーリ DDD +10秒
8 ジャスパー・ストゥイベン TFS +10秒
9 ライアン・ギボンズ DDD +10秒
10 サム・ベネット BOH +10秒

マリア・ローザ(個人総合時間賞)

ルーカス・ペストルベルガー(BOA)

マリア・ロッソ・パッショーネ(ポイント賞)

ルーカス・ペストルベルガー(BOA)

順位 選手名 チーム ポイント
1 ルーカス・ペストルベルガー BOA 50
2 カレブ・ユアン ORS 35
3 ダニエル・テクレハイマノ DDD 32

マリア・アッズーラ(山岳賞)

チェザーレ・ベネデッティ(BOH)

順位 選手名 チーム ポイント
1 チェザーレ・ベネデッティ BOH 9
2 エルゲルト・ズパ WIL 4
3 ダニエル・テクレハイマノ DDD 3

マリア・ビアンカ(新人賞)

ルーカス・ペストルベルガー(BOA)

順位 選手名 チーム 総合タイム
1 ルーカス・ペストルベルガー BOA 5時間13分25秒
2 カレブ・ユアン ORS +4秒
3 ジャスパー・ストゥイベン TFS +10秒

ひとこと

ゴール前のコースレイアウトがあまりよくなかったため、どのチームもトレインが分断してしまいました。ペストルベルガーはアシストとして先頭にいたのですが、後続が付いてこなかったため、約1キロのロングスプリントで逃げ切る形となりました。

グランツール初出場とのことですが、いきなりステージ優勝&マリアローザを獲得です。
何かを”持っている”選手ですね。これからの活躍にも大いに期待しています。

folder

スカパー加入料が無料!

国内最大のスポーツ専門テレビチャンネルであるJ-SPORTS
グランツール(ジロ・ツール・ブエルタ)はもちろん、春のクラシックや世界選手権まであらゆるサイクルロードレースを網羅しています。

→2017年からジロはDAZNのみの放映となりました。

劣悪なD◯ZNを経験すればわかるスカパーの偉大さ!(・ω・`)

当サイトでは試合結果速報や、レース内容解説をお伝えしていますが、やはりレースは映像で見るのが一番です!

スポーツ

【ジロデイタリア’17】第21ステージのレース展開と結果について トム・ドゥムランが初のグランツール制覇!
2017年5月28日(現地時間)、第100回ジロ・デ・イタリアの第21ステージが行われました。 本記事では第21ステージのレース展開、結果・総合成績・各賞ジャージ着用者について紹介いたします。 レース展開 第21ステージのレース展開です。 ※画像出典:DAZN 第1走者の       キリエンカがスタート。今日は落車せずにゴールしたいところ。   ヴァンエムデンが暫定1位となる33分08秒でゴール。   トラトニックは暫定4位に入る。   キリエンカはあまり調子が良くなかったか。暫定3位のタイムでゴール。   アダム・ハンセンは17回目のグランツール完走を達成。   ロスコフが暫定4位のタイムを記録。   ユンゲルスがスタート。ここから総合上位勢が登場する。   モレマがスタート。   フォルモロはそれほどペースを上げずに走る。 &nb

続きを読む

【ジロデイタリア’17】第20ステージのレース展開と結果について ティボー・ピノが今大会初勝利! キンタナとニーバリはドゥムランとの差を広げられず
【ジロデイタリア’17】第19ステージのレース展開と結果について ミケル・ランダ、単独で逃げを決めて今大会初勝利!
【ジロデイタリア’17】第18ステージのレース展開と結果について ティジェイ・ヴァンガーデレンがグランツール初勝利!
【ジロデイタリア’17】第17ステージのレース展開と結果について ピエール・ローランが逃げ切り優勝を決める

「'17ジロ」記事をもっと見る

'17ジロ 人気記事

記事が見つかりませんでした。