【ジロ’16】第5ステージのレース展開と結果について。やっぱり強かったアンドレ・グライペル!上り基調のスプリントを制する。

2016年5月11日(現地時間)、オランダで第99回ジロ・デ・イタリアの第5ステージが行われました。

本記事では第5ステージのレース展開、結果・総合成績・各賞ジャージ着用者について紹介いたします。

レース展開

第5ステージのレース展開です。

※画像出典:JSPORTS

20160512girost05-01

逃げのメンバーは、ダニエル・オス、アレクサンドル・フォリフォロフ、アメツ・チュルカ、パヴェル・ブルットの4人。

残り62.7キロ地点

20160512girost05-03

あまり調子が良くないミケル・ランダ。後半のキツイ山岳で勝負をかける?

残り56.7キロ地点

20160512girost05-04

メイン集団とのタイム差は3分31秒

残り49.9キロ地点

20160512girost05-05

6%の下りで、先頭集団は80km/h弱巡航。しかしメイン集団とのタイム差はどんどん縮まります。

残り40.2キロ地点

20160512girost05-06

天候は、

  • 晴れときどきくもり
  • 気温24度
  • 湿度65%
  • 風速5メートル

という予測でした。

残り27.5キロ地点

20160512girost05-07

先頭集団とメイン集団のギャップは1km

残り16.7キロ地点

20160512girost05-11

ジャンフランコ・ジリオーリがスリップして落車。それを避けようと草むらに突っこんだアルベルト・ティッメルとジャック・ボブリッジも落車。

20160512girost05-12

見た目以上に深い草むらだった模様。

20160512girost05-09

何やら話しながら集団復帰を目指す2人。落車した時のことや、傷の状況をお互いに説明しているようです。

そんな中・・・・・・

20160512girost05-10

気まずそうに2人を抜いていくジリオーリ。ボブリッジが何か声をかけました。

「いいよいいよ気にするな」それとも「おい、ちょっと待てよ」?

表情的には前者だと思われますが、実際は何と言っているのか気になります(笑)

残り7.0キロ地点

Capture20160512-000206

逃げ集団は吸収。

残り1.6キロ地点

Capture20160512-000841

強力に牽き続けるロットトレイン。ランプレがいい位置に上がってきました。

残り1.0キロ地点

Capture20160512-000928

トレインはFDJ、ランプレ、ロットNLの順

 

Capture20160512-001156

カチューシャの選手が落車。この影響でサッシャ・モドロ少し遅れます。

 

Capture20160512-001025

(画像クリックでスプリント動画を再生・27MB)

スプリント開始!

 

Capture20160512-001651

誰も横に並べずグライペル、第5ステージ優勝!
それにしてもすごい筋肉。

 

Capture20160512-001701

ウイリーを披露。ペーター・サガンも良くやってますね。

レース結果一覧

第5ステージの結果、総合成績、各賞ジャージ着用者についてまとめています。

第5ステージ結果

順位 選手名 チーム ゴールタイム
1 アンドレ・グライペル TLJ 5:40:36
2 アルノー・デマール FDJ ST
3 ソンニ・コルブレッリ BAR ST
4 ボブ・ユンヘルス EQS ST
5 モレノ・ホフラント TLJ ST
6 マヌエル・ベッレッティ STH ST
7 リック・ツァベル BMC ST
8 ゲオルク・プライドラー TGA ST
9 カレブ・イーウェン OGE ST
10 アクセレイ・ツァテヴィッチ KAT ST

Capture20160512-001933

グライペルはキャリア通算164勝目とのことです。

総合成績

順位 選手名 チーム 総合タイム
1 トム・デュムラン TGA 19:40:48
2 ボブ・ユンヘルス EQS +16秒
3 ディエゴ・ウリッシ LAM +20秒
4 ゲオルク・プライドラー TGA +20秒
5 スティーファン・クルイシュウィック TLJ +24秒
6 ヴィンチェンツォ・ニバリ AST +26秒
7 アレハンドロ・バルベルデ MOV +27秒
8 イルヌール・ザカリン KAT +35秒
9 ヤコブ・フグルサング AST +35秒
10 ニコラ・ロッシュ SKY +37秒

ドゥムランがマリアローザをキープ。2位のユンヘルスがタイム差を4秒縮めて+16秒としました。

各ポイント賞

マリア・ローザ(個人総合時間賞)

トム・デュムラン(TGA)

マリア・アッズーラ(山岳賞)

ダミアーノ・クネゴ(NIP)

順位 選手名 チーム ポイント
1 ダミアーノ・クネゴ NIP 14
2 ニコラ・ボエム BAR 7
3 フレン・アメケスタ STH 6

マリア・ロッソ・パッショーネ(ポイント賞)

マルセル・キッテル(EQS)

順位 選手名 チーム ポイント
1 マルセル・キッテル EQS 106
2 アルノー・デマール FDJ 86
3 マールテン・チャリンギ TLJ 80

Capture20160512-003234

キッテルは誕生日でした。

マリア・ビアンカ(新人賞)

ボブ・ユンヘルス(EQS)

順位 選手名 チーム 総合タイム
1 ボブ・ユンヘルス EQS 19:41:04
2 ダヴィデ・フォルモロ CPT +41秒
3 セバスティアン・エナオ SKY +1:18秒

ひとこと

真っ平らなステージではキッテル選手の強さが目立っていましたが、上りが入るとグライペル選手が本領を発揮しますね。

残り16キロ地点での落車では、軽い怪我で済んで良かったです。
ロードレースにおける様々な人間模様の一部が垣間見られた興味深いステージとなりました。

関連記事

次ステージ→ジロ16 第6ステージの結果

前ステージ→ジロ16 第4ステージの結果

ジロ・デ・イタリア2016のコース図や出場チーム・出場選手

UCIワールドチームの使用バイク・機材について
UCIプロコンチネンタルチームの使用バイク・機材について

スカパー加入料が無料!

国内最大のスポーツ専門テレビチャンネルであるJ-SPORTS
グランツール(ジロ・ツール・ブエルタ)はもちろん、春のクラシックや世界選手権まであらゆるサイクルロードレースを網羅しています。

→2017年からジロはDAZNのみの放映となりました。

劣悪なD◯ZNを経験すればわかるスカパーの偉大さ!(・ω・`)

当サイトでは試合結果速報や、レース内容解説をお伝えしていますが、やはりレースは映像で見るのが一番です!

スポーツ

【ジロ’16】第20ステージのレース展開と結果について。レイン・タラマエが14キロを逃げ切る!マリア・ローザはヴィンツェンツォ・ニバリの手に!
2016年5月28日(現地時間)、第99回ジロ・デ・イタリアの第20ステージが行われました。 本記事では第20ステージのレース展開、結果・総合成績・各賞ジャージ着用者について紹介いたします。 レース展開 第20ステージのレース展開です。 ※画像出典:JSPORTS レース中盤 逃げは8人。 メンバーは、 タネル・カンゲルト、ホンダルウィン・アタプマ、ジョセフロイド・ドンブロウスキー、 ジャンルーカ・ブランビッラ、アレクサンドル・フォリフォロフ、ステファン・デニフル、 ジョバンニ・ヴィスコンティ、ミケル・ニエベ 追走集団は2人。 メンバーは、アレクセイ・リバルキン、タネル・カンゲルト 残り124.6キロ地点 ディエゴ・ウリッシがメイン集団から飛び出し、先頭集団への合流を目指す 残り120.1キロ地点 先頭集団にリバルキンが追いつく。少し遅れてタラマエも合流。 残り119.7キロ地点 スプリントポイント フォリフォロフがトップで通過、続いてヴィスコンティ 残114.9キロ地点 山岳ポイント(1級) ステファン・デニフル

続きを読む

【ジロ’16】第19ステージのレース展開と結果について。ヴィンチェンツォ・ニバリが貫禄のステージ優勝!クルイシュウィックは落車でマリア・ローザを失う。
【ジロ’16】第18ステージのレース展開と結果について。マッテーオ・トレンティンが驚異的な追い上げで逆転勝利!
【ジロ’16】第17ステージのレース展開と結果について。解散が決まったIAMのロジャー・クルーゲがステージ優勝!
【ジロ’16】第16ステージのレース展開と結果について。アレハンドロ・バルベルデがジロ初勝利を挙げる

「’16ジロ」記事をもっと見る

’16ジロ 人気記事

記事が見つかりませんでした。