【ジロ’16】第17ステージのレース展開と結果について。解散が決まったIAMのロジャー・クルーゲがステージ優勝!

2016年5月25日(現地時間)、第99回ジロ・デ・イタリアの第17ステージが行われました。

本記事では第17ステージのレース展開、結果・総合成績・各賞ジャージ着用者について紹介いたします。

レース展開

第17ステージのレース展開です。

※画像出典:JSPORTS

 

スタート直後3名の逃げが決まる。
メンバーはダニエル・オス、パヴェル・ブルット、エウゲルト・ズパ。

残り101.9キロ地点

先頭集団と逃げ集団のタイム差は3分40秒

残り96.1キロ地点 山岳ポイント(4級)

  1. ダニエル・オス
  2. エウゲルト・ズパ
  3. パヴェル・ブルット

特に争うことなく通過。

残り94.6キロ地点

先頭集団とメイン集団のタイム差は4分14秒

残り88.5キロ地点

先頭集団とメイン集団のタイム差は4分26秒

残り74.1キロ地点

先頭集団とメイン集団のタイム差は3分27秒

残り62.0キロ地点

先頭集団とメイン集団のタイム差は2分48秒(1.8km)

残り50.0キロ地点

先頭集団とメイン集団のタイム差は2分08秒

残り32.0キロ地点 スプリントポイント

  1. ダニエル・オス
  2. エウゲルト・ズパ
  3. パヴェル・ブルット

オスとズパが競り合う

残り30.0キロ地点

メイン集団からイグナタス・コノヴァロヴァス、ラースユティング・バク、マキシム・ベルコフ
先頭集団とのタイム差は55秒

残り27.0キロ地点

先頭集団→41秒→追走集団→1分02秒→メイン集団

残り24.0キロ地点

先頭集団→20秒→追走集団→40秒→メイン集団

メイン集団は追走集団の3人を逃がしたくないためペースアップを図る

残り22.7キロ地点

先頭集団が6人になる。メイン集団とのタイム差は18秒。

残り16.0キロ地点

メイン集団はIAMなどが必死に牽くがタイム差が30秒に広がる

残り12.0キロ地点

先頭集団とメイン集団のタイム差は19秒

ニュートラルカーが先頭集団の方へ上がっていったため、差はかなり縮まっている模様。

残り10.0キロ地点

先頭集団とメイン集団のタイム差は12秒

残り5.0キロ地点

先頭集団とメイン集団のタイム差は13秒

残り3.0キロ地点

先頭集団とメイン集団のタイム差は6秒

残り2.0キロ地点

先頭集団とメイン集団のタイム差は6秒

残り1.8キロ地点

先頭集団はメイン集団に吸収。

残り1.0キロ地点

Capture20160526-000450

メイン集団からフィリッポ・ポッツァートがアタック。
ロジャー・クルーゲが追う。

残り500メートル

Capture20160526-000518

ポッツァートの後ろにクルーゲが付く

残り250メートル

Capture20160526-000521

クルーゲが前に出る

残り150メートル

Capture20160526-000524

後ろからはメイン集団が迫る

 

Capture20160526-000534

Capture20160526-000535

クルーゲ、ステージ優勝!

Capture20160526-001206

レース結果一覧

第17ステージの結果、総合成績、各賞ジャージ着用者についてまとめています。

第17ステージ結果

順位 選手名 チーム ゴールタイム
1 ロジャー・クルーゲ IAM 4:31:29
2 ジャコモ・ニッツォーロ TFS ST
3 ニキアス・アルント TGA ST
4 サーシャ・モドロ LAM ST
5 マッテーオ・トレンティン EQS ST
6 アレクサンドラ・ボルセフ KAT ST
7 ビム・リヒトハルト LTS ST
8 ラムーナス・ナヴァルダウスカス CPT ST
9 マヌエル・ベッレッティ WIL ST
10 パオロ・シミオン BAR ST

Capture20160526-002055

クルーゲは、2010年のツアー・オブ・カタールで新人賞を獲得している、というマニアック情報(笑

総合成績

順位 選手名 チーム 総合タイム
1 スティーファン・クルイシュウィック TLJ 68:11:39
2 ヨハンエスティバン・チャベス OGE +3分00秒
3 アレハンドロ・バルベルデ MOV +3分23秒
4 ヴィンチェンツォ・ニバリ AST +4分43秒
5 イルヌール・ザカリン KAT +4分50秒
6 ラファウ・マイカ TNK +5分34秒
7 ボブ・ユンヘルス EQS +7分57秒
8 アンドレイ・アマドール MOV +8分53秒
9 ドメニコ・ポッツォヴィーヴォ ALM +10分05秒
10 カンスタンティン・シウツォウ DDD +11分03秒

総合上位勢には変化はありません。

マリア・ローザ(個人総合時間賞)

スティーファン・クルイシュウィック(TLJ)

マリア・アッズーラ(山岳賞)

ダミアーノ・クネゴ(NIP)

順位 選手名 チーム ポイント
1 ダミアーノ・クネゴ NIP 134
2 ステファン・デニフル IAM 72
3 ホンダルウィン・アタプマ BMC 69

マリア・ロッソ・パッショーネ(ポイント賞)

ジャコモ・ニッツォーロ(TFS)

順位 選手名 チーム ポイント
1 ジャコモ・ニッツォーロ TFS 185
2 ディエゴ・ウリッシ LAM 137
3 ダニエル・オス BMC 123

Capture20160526-002654

多くの友人が見に来ていたようですが、ニッツォーロは残念ながら2位。

マリア・ビアンカ(新人賞)

ボブ・ユンヘルス(EQS)

順位 選手名 チーム 総合タイム
1 ボブ・ユンヘルス EQS 68:19:36
2 セバスティアン・エナオ SKY +14分17秒
3 ダヴィデ・フォルモロ CPT +34分38秒

ひとこと

ロジャー・クルーゲ選手の所属するIAMサイクリングは、スポンサー探しが頓挫したため、2016年限りで活動を終了することが発表されました。
ステージレースのシーズンが始まり、さぁこれから!というときにチームの解散を告げられるというのは選手にとって辛いうえにモチベーションを保つのも難しいと思います。

そんな中グランツールでのステージ優勝を果たしたIAMですが、これで新たなスポンサーが名乗りを上げるなんてことはないですかね。

ちなみに小島よしおさんが現地で観戦されていたようです。うらやましい~

関連記事

次ステージ→ジロ16 第18ステージの結果

前ステージ→ジロ16 第16ステージの結果

ジロ・デ・イタリア2016のコース図や出場チーム・出場選手

UCIワールドチームの使用バイク・機材について
UCIプロコンチネンタルチームの使用バイク・機材について

スカパー加入料が無料!

国内最大のスポーツ専門テレビチャンネルであるJ-SPORTS
グランツール(ジロ・ツール・ブエルタ)はもちろん、春のクラシックや世界選手権まであらゆるサイクルロードレースを網羅しています。

→2017年からジロはDAZNのみの放映となりました。

劣悪なD◯ZNを経験すればわかるスカパーの偉大さ!(・ω・`)

当サイトでは試合結果速報や、レース内容解説をお伝えしていますが、やはりレースは映像で見るのが一番です!

スポーツ

【ジロ’16】第20ステージのレース展開と結果について。レイン・タラマエが14キロを逃げ切る!マリア・ローザはヴィンツェンツォ・ニバリの手に!
2016年5月28日(現地時間)、第99回ジロ・デ・イタリアの第20ステージが行われました。 本記事では第20ステージのレース展開、結果・総合成績・各賞ジャージ着用者について紹介いたします。 レース展開 第20ステージのレース展開です。 ※画像出典:JSPORTS レース中盤 逃げは8人。 メンバーは、 タネル・カンゲルト、ホンダルウィン・アタプマ、ジョセフロイド・ドンブロウスキー、 ジャンルーカ・ブランビッラ、アレクサンドル・フォリフォロフ、ステファン・デニフル、 ジョバンニ・ヴィスコンティ、ミケル・ニエベ 追走集団は2人。 メンバーは、アレクセイ・リバルキン、タネル・カンゲルト 残り124.6キロ地点 ディエゴ・ウリッシがメイン集団から飛び出し、先頭集団への合流を目指す 残り120.1キロ地点 先頭集団にリバルキンが追いつく。少し遅れてタラマエも合流。 残り119.7キロ地点 スプリントポイント フォリフォロフがトップで通過、続いてヴィスコンティ 残114.9キロ地点 山岳ポイント(1級) ステファン・デニフル

続きを読む

【ジロ’16】第19ステージのレース展開と結果について。ヴィンチェンツォ・ニバリが貫禄のステージ優勝!クルイシュウィックは落車でマリア・ローザを失う。
【ジロ’16】第18ステージのレース展開と結果について。マッテーオ・トレンティンが驚異的な追い上げで逆転勝利!
【ジロ’16】第17ステージのレース展開と結果について。解散が決まったIAMのロジャー・クルーゲがステージ優勝!
【ジロ’16】第16ステージのレース展開と結果について。アレハンドロ・バルベルデがジロ初勝利を挙げる

「’16ジロ」記事をもっと見る

’16ジロ 人気記事

記事が見つかりませんでした。