【ジロデイタリア’17】第9ステージのレース展開と結果について キンタナが山頂ゴールを制する! マリアローザも獲得

2017年5月14日(現地時間)、第100回ジロ・デ・イタリアの第9ステージが行われました。

本記事では第9ステージのレース展開、結果・総合成績・各賞ジャージ着用者について紹介いたします。

レース展開

第9ステージのレース展開です。

※画像出典:DAZN

レース序盤

残り141.3キロ地点

10人の逃げ集団が形成される。

残り137.7キロ地点

ブルが抜けて、逃げ集団は9人に。タイム差は36秒。

残り129.9キロ地点

中間スプリントポイントは特に争うことなく、LLサンチェスがトップで通過。上り区間でメイン集団とのタイム差が縮まる。

残り126.8キロ地点

メイン集団から3人が飛び出す。

残り124.1キロ地点

逃げ集団としてはあまり来てほしくないメンバーか。

残り122.8キロ地点

逃げ集団と追走集団のタイム差はなかなか縮まらない。

残り106.1キロ地点

先頭集団になかなか追いつけず、モドロはあきらめムード。ローランも1人で追うのは厳しいので少しペースを落として待つ。

レース中盤

残り98.6キロ地点

先頭集団と追走集団のタイム差は45秒に。ローランの心拍数が高く、かなり踏んでいることが分かる。

残り89.9キロ地点

上りで先頭集団のペースが落ちたところで、追走集団が追いつく。3人(特にローラン)はかなり足を使った模様。

残り82.4キロ地点

メイン集団はモビスターがコントロール。先頭集団とのタイム差を詰めていく。

残り56.3キロ地点

フライレがアタックして、2つ目の中間スプリントポイントをトップで通過。

残り46.1キロ地点

先頭集団とメイン集団とのタイム差が2分を切る。

残り34.1キロ地点

メイン集団は変わらずモビスターがコントロール。タイム差が1分まで縮まり、先頭集団は射程圏内に。

レース終盤

残り27.6キロ地点

タイム差は46秒。そろそろ厳しいか。

残り24.0キロ地点

3人が最後に粘る。

残り23.2キロ地点

タイム差が少し広がる。

残り22.4キロ地点

ローランは脱落。すぐ後ろにはメイン集団が迫る。

残り21.9キロ地点

逃げは全員吸収。

残り15.1キロ地点

集団の真ん中で落車発生。スカイのゲラント・トーマスがかなり痛そうにしている。

停まっていたバイクを避けようとしたサンウェブの選手がバランスを崩して転倒。スカイの選手はほぼ全員巻き込まれる。

残り12.8キロ地点

アダム・イェーツも落車に巻き込まれたか。アシスト2人と集団復帰を目指す。

残り11.4キロ地点

メイン集団からゲラント・トーマスまでは2分22秒。ダメージが大きそう。

残り8.8キロ地点

ボブ・ユンゲルスが遅れ始める。

残り

小さくなったメイン集団。キンタナはアシスト2人を残している。

残り7.9キロ地点

ユンゲルスは22秒遅れ、Gトーマスまでは2分23秒。

残り7.6キロ地点

ティージェイ・ヴァンガーデレンも遅れる。

残り7.5キロ地点

ザッカリンとフォルモロも脱落。

残り6.7キロ地点

キンタナがアタック! 反応できたのはニーバリとピノだけ。

残り6.5キロ地点

ピノがカウンターアタック。ニーバリがシッティングのまま余裕をもってチェックに入る。

残り5.8キロ地点

キンタナが再びペースアップして揺さぶりをかける。 ニーバリはペースを保って追いつく。

残り5.3キロ地点

キンタナが再びペースアップ。ニーバリは落ち着いて対処。

残り4.4キロ地点

キンタナがペースアップを繰り返す。ニーバリはまだ動かない。

残り3.9キロ地点

キンタナが2人に11秒の差を付ける。

残り3.6キロ地点

ピノがニーバリを置いてペースアップ。

残り3.2キロ地点

ドゥムランとモレンマがニーバリを追い抜いていく。ニーバリは調子が良くなかった模様。

残り2.6キロ地点

ドゥムランとモレンマがピノに追いつく。

残り2.0キロ地点

ピノが再びペースアップ。キンタナまでは27秒。

残り1.2キロ地点

キンタナは良いペースで上っていく。

 

 

キンタナ、ステージ優勝! マリア・ローザも獲得!

レース結果一覧

第9ステージの結果、総合成績、各賞ジャージ着用者についてまとめています。

第9ステージ結果

順位 選手名 チーム ゴールタイム
1 ナイロ・キンタナ MOV 3時間44分51秒
2 ティボー・ピノ FDJ +24秒
3 トム・ドゥムラン SUN +24秒
4 バウケ・モレマ TFS +41秒
5 ヴィンツェンツォ・ニーバリ TBM +1分00秒
6 ドメニコ・ポッツォヴィーボ ALM +1分18秒
7 タネル・カンゲルト AST +2分02秒
8 イルヌール・ザッカリン KAT +2分14秒
9 セバスチャン・ライヘンバッハ FDJ +2分28秒
10 ダヴィデ・フォルモロ CDT +2分35秒

ナイロ・キンタナ(MOV)

総合成績

順位 選手名 チーム タイム
1 ナイロ・キンタナ MOV 42時間06分09秒
2 ティボー・ピノ FDJ +28秒
3 トム・ドゥムラン SUN +30秒
4 バウケ・モレマ TFS +51秒
5 ヴィンツェンツォ・ニーバリ TBM +1分10秒
6 ドメニコ・ポッツォヴィーボ ALM +1分28秒
7 イルヌール・ザッカリン KAT +2分28秒
8 ダヴィデ・フォルモロ CDT +2分45秒
9 アンドレイ・アマドール MOV +2分53秒
10 スティーブン・クライシュヴァイク TLJ +3分06秒

マリア・ローザ(個人総合時間賞)

ナイロ・キンタナ(MOV)

マリア・ロッソ・パッショーネ(ポイント賞)

フェルナンド・ガビリア(QST)

順位 選手名 チーム ポイント
1 フェルナンド・ガビリア QST 191
2 ジャスパー・ストゥイベン TFS 160
3 アンドレ・グライペル LTS 129

マリア・アッズーラ(山岳賞)

ヤン・ポランチ(UAE)

順位 選手名 チーム ポイント
1 ヤン・ポランチ UAE 44
2 ナイロ・キンタナ MOV 35
3 ティボー・ピノ FDJ 27

マリア・ビアンカ(新人賞)

ボブ・ユンゲルス(QST)

順位 選手名 チーム 総合タイム
1 ダヴィデ・フォルモロ CDT 42時間08分54秒
2 ボブ・ユンゲルス QST +45秒
3 ヤン・ポランチ UAD +2分01秒

ひとこと

ようやく総合優勝争いが動き出しました。キンタナはかなり調子がよさそうです。

ニーバリはマイペース走法かと思いましたが、あまり調子がよくなかったようですね。ピノはもう少し早くニーバリを置いて行っていればステージ優勝も狙えたかも……というところでしょうか。

そしてスカイはかなり痛い落車となりました。ランダも遅れてしまい、ダブルエース体制で臨んだジロデイタリアでしたが、序盤で脱落となってしまいました。

folder

スカパー加入料が無料!

国内最大のスポーツ専門テレビチャンネルであるJ-SPORTS
グランツール(ジロ・ツール・ブエルタ)はもちろん、春のクラシックや世界選手権まであらゆるサイクルロードレースを網羅しています。

→2017年からジロはDAZNのみの放映となりました。

劣悪なD◯ZNを経験すればわかるスカパーの偉大さ!(・ω・`)

当サイトでは試合結果速報や、レース内容解説をお伝えしていますが、やはりレースは映像で見るのが一番です!

スポーツ

【ジロデイタリア’17】第21ステージのレース展開と結果について トム・ドゥムランが初のグランツール制覇!
2017年5月28日(現地時間)、第100回ジロ・デ・イタリアの第21ステージが行われました。 本記事では第21ステージのレース展開、結果・総合成績・各賞ジャージ着用者について紹介いたします。 レース展開 第21ステージのレース展開です。 ※画像出典:DAZN 第1走者の       キリエンカがスタート。今日は落車せずにゴールしたいところ。   ヴァンエムデンが暫定1位となる33分08秒でゴール。   トラトニックは暫定4位に入る。   キリエンカはあまり調子が良くなかったか。暫定3位のタイムでゴール。   アダム・ハンセンは17回目のグランツール完走を達成。   ロスコフが暫定4位のタイムを記録。   ユンゲルスがスタート。ここから総合上位勢が登場する。   モレマがスタート。   フォルモロはそれほどペースを上げずに走る。 &nb

続きを読む

【ジロデイタリア’17】第20ステージのレース展開と結果について ティボー・ピノが今大会初勝利! キンタナとニーバリはドゥムランとの差を広げられず
【ジロデイタリア’17】第19ステージのレース展開と結果について ミケル・ランダ、単独で逃げを決めて今大会初勝利!
【ジロデイタリア’17】第18ステージのレース展開と結果について ティジェイ・ヴァンガーデレンがグランツール初勝利!
【ジロデイタリア’17】第17ステージのレース展開と結果について ピエール・ローランが逃げ切り優勝を決める

「'17ジロ」記事をもっと見る

'17ジロ 人気記事

記事が見つかりませんでした。