【ジロデイタリア’17】第8ステージのレース展開と結果について ゴルカ・イサギレ逃げ切りステージ優勝! コンティは無念の落車

2017年5月13日(現地時間)、第100回ジロ・デ・イタリアの第8ステージが行われました。

本記事では第8ステージのレース展開、結果・総合成績・各賞ジャージ着用者について紹介いたします。

レース展開

第8ステージのレース展開です。

※画像出典:DAZN

レース序盤

残り128.6キロ地点

メイン集団は前方に蓋をしてペースを落とす。これ以上の逃げは容認しない構え。

残り128.4キロ地点

追走の3人は先頭集団を目指す。

残り125.9キロ地点

3人が追い付き、逃げ集団は16人に。メイン集団とのタイム差は2分近くまで広がる。

残り103.8キロ地点

ケイセがアタックをかけてトップで通過。チームメイトのガリビアがマリア・チクラミーノ(ポイント賞)のトップにいるため、ライバルにポイントを取らせないための動き。

レース中盤

残り98.6キロ地点

逃げ集団は上り区間に突入。メイン集団とのタイム差は1分。

残り98.3キロ地点

サモイラフとLLサンチェスがペースを上げる。

残り97.1キロ地点

再びLLサンチェスとサモイラフがペースを上げて、先頭集団から抜け出す。

残り95.5キロ地点

先頭はLLサンチェス1人となる。

残り94.2キロ地点

ビスコンティがメイン集団から飛び出す。ニーバリを前で待つ作戦?

残り88.0キロ地点

サンチェスが山岳ポイントをトップで通過。追走集団とは1分差。1人で行くか、追走を待つか。

残り73.8キロ地点

ばらけていた追走集団がひとまとまりに。43秒差でサンチェスを追う。

残り72.4キロ地点

メイン集団ではカチューシャが先頭に出てくる。ザッカリンを守る動きか。

残り68.0キロ地点

追走集団がサンチェスに合流。

 

逃げは13人。

残り66.7キロ地点

バルディアーニの選手が2人メイン集団から飛び出す。

残り65.9キロ地点

先頭集団は16人に。

残り59.0キロ地点

タイム差は3分46秒。

残り46.8キロ地点

山岳ポイントは再びサンチェスがトップで通過。

残り39.7キロ地点

タイム差は2分18秒。

残り36.7キロ地点

ヴィスコンティがペースアップ。

残り36.3キロ地点

ついていけたのは5人。

残り32.2キロ地点

先頭集団のメンバー。

残り30.2キロ地点

中間スプリントは特に争わずコンティが獲得。

レース終盤

残り29.7キロ地点

クイックステップはユンゲルスのマリアローザを守るため、先頭集団(コンティ)とのタイム差を縮めにかかる。

残り20.8キロ地点

先頭集団はきれいにローテーションしながらハイペースで進んでいく。

残り12.6キロ地点

メイン集団とのタイム差が縮まり、再びコンティが再びペースを上げる。

残り9.5キロ地点

ミュールベルガーが遅れ、先頭は4人に。

残り8.7キロ地点

メイン集団ではランダがアタック。総合上位勢は反応せず。

残り

ランダとペストルベルガーが先頭集団を目指す。

残り6.9キロ地点

先頭はイサギレとコンティの2人に。

残り5.6キロ地点

先頭集団は再び4人に。

残り3.9キロ地点

エフデジがランダを吸収。

残り1.5キロ地点

先頭集団は最後の上り区間に突入。タイム差は40秒。

残り1.0キロ地点

コンティまさかの落車……

残り500メートル

イサギレが先頭、サンチェスが少し距離をあけて追う。

残り50メートル

サンチェスはあきらめる。

残り0メートル

イサギレ、逃げ切りを決める!

レース結果一覧

第8ステージの結果、総合成績、各賞ジャージ着用者についてまとめています。

第8ステージ結果

順位 選手名 チーム ゴールタイム
1 ゴルカ・イサギレ MOV 4時間24分59秒
2 ジョヴァンニ・ヴィスコンティ TBM +5秒
3 ルイスレオン・サンチェス AST +10秒
4 エンリーコ・バッタリン TLJ +12秒
5 マイケル・ウッズ CDT +12秒
6 ティボー・ピノ FDJ +12秒
7 ヴィンツェンツォ・ニーバリ TBM +12秒
8 アダム・イェーツ ORS +12秒
9 ステフェン・クライスヴァイク TLJ +12秒
10 ボブ・ユンゲルス QST +12秒

ゴルカ・イサギレ(MOV)

総合成績

順位 選手名 チーム タイム
1 ボブ・ユンゲルス QST 38時間21分18秒
2 ゲラント・トーマス SKY +6秒
3 アダム・イェーツ ORS +10秒
4 ヴィンツェンツォ・ニーバリ TBM +10秒
5 ドメニコ・ポッツォヴィーボ ALM +10秒
6 トム・ドゥムラン SUN +10秒
7 ナイロ・キンタナ MOV +10秒
8 バウケ・モレマ TFS +10秒
9 アンドレイ・アマドール MOV +10秒
10 ティボー・ピノ FDJ +10秒

マリア・ローザ(個人総合時間賞)

ボブ・ユンゲルス(QST)

マリア・ロッソ・パッショーネ(ポイント賞)

フェルナンド・ガビリア(QST)

順位 選手名 チーム ポイント
1 フェルナンド・ガビリア QST 191
2 ジャスパー・ストゥイベン TFS 160
3 アンドレ・グライペル LTS 129

マリア・アッズーラ(山岳賞)

ヤン・ポランチ(UAE)

順位 選手名 チーム ポイント
1 ヤン・ポランチ UAE 44
2 ダニエル・テクレハイマノ DDD 23
3 イルヌール・ザッカリン KAT 18

マリア・ビアンカ(新人賞)

ボブ・ユンゲルス(QST)

順位 選手名 チーム 総合タイム
1 ボブ・ユンゲルス QST 38時間21分18秒
2 アダム・イェーツ ORS +10秒
3 ダビデ・フォルモロ CDT +10秒

ひとこと

個人的にはLLサンチェスの方が有利かなと思っていましたが、最後のイサギレの底力が上回りました。
第8ステージの逃げは大規模で、有力選手が多くいたため、いつになくハイペースで見ごたえがありました。

ヴァレリオ・コンティは、まさか残り1キロで落車してしまうとは……

folder

スカパー加入料が無料!

国内最大のスポーツ専門テレビチャンネルであるJ-SPORTS
グランツール(ジロ・ツール・ブエルタ)はもちろん、春のクラシックや世界選手権まであらゆるサイクルロードレースを網羅しています。

→2017年からジロはDAZNのみの放映となりました。

劣悪なD◯ZNを経験すればわかるスカパーの偉大さ!(・ω・`)

当サイトでは試合結果速報や、レース内容解説をお伝えしていますが、やはりレースは映像で見るのが一番です!

スポーツ

【ジロデイタリア’17】第21ステージのレース展開と結果について トム・ドゥムランが初のグランツール制覇!
2017年5月28日(現地時間)、第100回ジロ・デ・イタリアの第21ステージが行われました。 本記事では第21ステージのレース展開、結果・総合成績・各賞ジャージ着用者について紹介いたします。 レース展開 第21ステージのレース展開です。 ※画像出典:DAZN 第1走者の       キリエンカがスタート。今日は落車せずにゴールしたいところ。   ヴァンエムデンが暫定1位となる33分08秒でゴール。   トラトニックは暫定4位に入る。   キリエンカはあまり調子が良くなかったか。暫定3位のタイムでゴール。   アダム・ハンセンは17回目のグランツール完走を達成。   ロスコフが暫定4位のタイムを記録。   ユンゲルスがスタート。ここから総合上位勢が登場する。   モレマがスタート。   フォルモロはそれほどペースを上げずに走る。 &nb

続きを読む

【ジロデイタリア’17】第20ステージのレース展開と結果について ティボー・ピノが今大会初勝利! キンタナとニーバリはドゥムランとの差を広げられず
【ジロデイタリア’17】第19ステージのレース展開と結果について ミケル・ランダ、単独で逃げを決めて今大会初勝利!
【ジロデイタリア’17】第18ステージのレース展開と結果について ティジェイ・ヴァンガーデレンがグランツール初勝利!
【ジロデイタリア’17】第17ステージのレース展開と結果について ピエール・ローランが逃げ切り優勝を決める

「'17ジロ」記事をもっと見る

'17ジロ 人気記事

記事が見つかりませんでした。