【ジロデイタリア’17】第6ステージのレース展開と結果について シルヴァン・ディリエが上りのスプリントを制する

2017年5月11日(現地時間)、第100回ジロ・デ・イタリアの第6ステージが行われました。

本記事では第6ステージのレース展開、結果・総合成績・各賞ジャージ着用者について紹介いたします。

レース展開

第6ステージのレース展開です。

※画像出典:DAZN

レース序盤

アクチュアルスタート

5人の選手が飛び出す。

残り153.2キロ地点

トレックは2人の選手が逃げに乗る。タイム差は8分前後。

 

プロの心拍数の低さ(汗

残り137.0キロ地点

特に争うことなく、ジャスパー・ストゥイベンが山岳ポイントをトップで通過。

レース中盤

残り98.8キロ地点

横風がかなり強い様子。メイン集団がこの地点に来た時は面白い展開に……?

残り82.2キロ地点

風が強すぎて、サコッシュを取りに行った選手がなかなか集団に復帰できない。

残り64.7キロ地点

伝統的な補給食バナナがポケットに刺さっている。

残り44.1キロ地点

逃げ集団とメイン集団とのタイム差は5分

残り33.5キロ地点

10キロで30秒ほど縮まる。

レース終盤

残り26.5キロ地点

メイン集団はまだそれほどペースを上げる感じではない。

残り25.7キロ地点

逃げ集団は上り区間に突入する。

残り23.9キロ地点

メイン集団も上り区間に入りペースが上がる。クイックステップがコントロール。

残り23.7キロ地点

山岳ポイントは特に争わず。逃げのメンバーは4人に。

残り20.6キロ地点

下り区間で再び5人に戻る。

残り10.8キロ地点

バーレーン・メリダ、スカイ、モビスターあたりがメイン集団の前方に出てくる。

残り6.5キロ地点

ペデルセンはここで完全に遅れる。

残り5.6キロ地点

ストゥイベンがアタックをかける。これで逃げは3人に。

残り3.3キロ地点

3人で先頭交代しながら必死に逃げる・

残り1.0キロ地点

ステージ優勝争いはこの3人に絞られた模様。

残り400メートル

 

残り200メートル地点

メイン集団が後ろに見えてくる。

残り150メートル

ディリエが先に仕掛ける。

残り75メートル地点

ついていけたのはストゥイベンだけ。

残り0メートル

横並びでゴール! 先にラインを割ったのは!?

レース結果一覧

第6ステージの結果、総合成績、各賞ジャージ着用者についてまとめています。

第6ステージ結果

順位 選手名 チーム ゴールタイム
1 シルヴァン・ディリエ BMC 4時間58分01秒
2 ジャスパー・ストゥイベン TFS +0秒
3 ルーカス・ペストルベルガー BOH +12秒
4 シモーネ・アンドレッタ BRD +26秒
5 マイケル・ウッズ CDT +39秒
6 アダム・イェーツ ORS +39秒
7 ウィリコ・ケルデルマン SUN +39秒
8 ボブ・ユンゲルス QST +39秒
9 バウケ・モレマ TFS +39秒
10 ゲラント・トーマス SKY +39秒

シルヴァン・ディリエ(BMC)

総合成績

順位 選手名 チーム タイム
1 ボブ・ユンゲルス QST 28時間20分47秒
2 ゲラント・トーマス SKY +6秒
3 アダム・イェーツ ORS +10秒
4 ヴィンツェンツォ・ニーバリ TBM +10秒
5 ドメニコ・ポッツォヴィーボ ALM +10秒
6 ナイロ・キンタナ MOV +10秒
7 トム・ドゥムラン SUN +10秒
8 バウケ・モレマ TFS +10秒
9 ティージェイ・ヴァンガーデレン BMC +10秒
10 アンドレイ・アマドール MOV +10秒

マリア・ローザ(個人総合時間賞)

ボブ・ユンゲルス(QST)

マリア・ロッソ・パッショーネ(ポイント賞)

フェルナンド・ガビリア(QST)

順位 選手名 チーム ポイント
1 フェルナンド・ガビリア QST 140
2 ジャスパー・ストゥイベン TFS 137
3 アンドレ・グライペル LTS 105

マリア・アッズーラ(山岳賞)

ヤン・ポランチ(UAE)

順位 選手名 チーム ポイント
1 ヤン・ポランチ UAE 43
2 ダニエル・テクレハイマノ DDD 23
3 イルヌール・ザッカリン KAT 18

マリア・ビアンカ(新人賞)

ボブ・ユンゲルス(QST)

順位 選手名 チーム 総合タイム
1 ボブ・ユンゲルス QST 28時間20分47秒
2 アダム・イェーツ ORS +10秒
3 ダビデ・フォルモロ CDT +10秒

ひとこと

ディリエは仕掛けるタイミングが完璧でした。

ストゥイベンとしては逃げに同チームの選手がいたため、もっと早いタイミングで2人で抜け出していれば少し違った結果になったかもしれませんね。

folder

スカパー加入料が無料!

国内最大のスポーツ専門テレビチャンネルであるJ-SPORTS
グランツール(ジロ・ツール・ブエルタ)はもちろん、春のクラシックや世界選手権まであらゆるサイクルロードレースを網羅しています。

→2017年からジロはDAZNのみの放映となりました。

劣悪なD◯ZNを経験すればわかるスカパーの偉大さ!(・ω・`)

当サイトでは試合結果速報や、レース内容解説をお伝えしていますが、やはりレースは映像で見るのが一番です!

スポーツ

【ジロデイタリア’17】第21ステージのレース展開と結果について トム・ドゥムランが初のグランツール制覇!
2017年5月28日(現地時間)、第100回ジロ・デ・イタリアの第21ステージが行われました。 本記事では第21ステージのレース展開、結果・総合成績・各賞ジャージ着用者について紹介いたします。 レース展開 第21ステージのレース展開です。 ※画像出典:DAZN 第1走者の       キリエンカがスタート。今日は落車せずにゴールしたいところ。   ヴァンエムデンが暫定1位となる33分08秒でゴール。   トラトニックは暫定4位に入る。   キリエンカはあまり調子が良くなかったか。暫定3位のタイムでゴール。   アダム・ハンセンは17回目のグランツール完走を達成。   ロスコフが暫定4位のタイムを記録。   ユンゲルスがスタート。ここから総合上位勢が登場する。   モレマがスタート。   フォルモロはそれほどペースを上げずに走る。 &nb

続きを読む

【ジロデイタリア’17】第20ステージのレース展開と結果について ティボー・ピノが今大会初勝利! キンタナとニーバリはドゥムランとの差を広げられず
【ジロデイタリア’17】第19ステージのレース展開と結果について ミケル・ランダ、単独で逃げを決めて今大会初勝利!
【ジロデイタリア’17】第18ステージのレース展開と結果について ティジェイ・ヴァンガーデレンがグランツール初勝利!
【ジロデイタリア’17】第17ステージのレース展開と結果について ピエール・ローランが逃げ切り優勝を決める

「'17ジロ」記事をもっと見る

'17ジロ 人気記事

記事が見つかりませんでした。