【ジロデイタリア’17】第4ステージのレース展開と結果について ヤン・ポランチが長距離の逃げを成功させる!

2017年5月9日(現地時間)、第100回ジロ・デ・イタリアの第4ステージが行われました。

本記事では第4ステージのレース展開、結果・総合成績・各賞ジャージ着用者について紹介いたします。

レース展開

第4ステージのレース展開です。

※画像出典:DAZN

レース序盤

アクチュアルスタート

残り125.6キロ地点

逃げは4人。メイン集団とのタイム差は6分前後で推移。ここまでの平均時速は49km/hとハイペースなレース展開。

残り123.5キロ地点

逃げ集団は2級山岳の上り区間に突入。タイム差は5分19秒に縮まる。

残り115.9キロ地点

タイム差は再び6分を超える。

残り112.1キロ地点

タイム差は7分11秒に。

レース中盤

残り100.0キロ地点

山頂まで残り9キロほど。タイム差は8分05秒。

残り99.9キロ地点

メイン集団はこれまでクイックステップがコントロールしてきたが、ペースがなかなか上がらないのでバーレーン・メリダの選手が前に出てくる。

残り95.7キロ地点

BMCレーシングのローハン・デニスがリタイヤとの情報が入る。

残り91.2キロ地点

2級山岳ポイント。ヤンレンズバーグがポランチのラインを塞いで妨害した形になる。

残り91.1キロ地点

ポランチ(左)が抗議する。

残り85.6キロ地点

メイン集団はテクレハイマノが先頭で山岳ポイントを通過。

残り82.5キロ地点

タイム差は6分前後に。メイン集団は再びクイックステップがコントロールし始める。

残り72.2キロ地点

タイム差は5分41秒に。クイックステップが下りをいいペースで牽いている。

残り68.8キロ地点

カチューシャのロサダが落車。肩を脱臼したか。

残り57.8キロ地点

中間スプリントポイントに向け、ブルットがアタック。そのまま1位で通過。

残り56.4キロ地点

アラファーチは遅れ、逃げ集団は3人に。

残り55.5キロ地点

アスタナ(前所属)の監督と何やら話をするニーバリ。

 

ユンゲルスのライブデータ。出力は250~400W。

残り38.9キロ地点

2つ目のスプリントポイントは、特に争わずにブルットがトップで通過。

残り38.1キロ地点

バーレーンの選手が2名、前に出てくる。

残り36.4キロ地点

石畳のかなり斜度のキツい上り。

レース終盤

残り30.0キロ地点

メイン集団とのタイム差は5分15秒。

残り29.5キロ地点

アラファーチがメイン集団に吸収される。

残り27.2キロ地点

先頭はファンレンズバーグとポランチの2人が残る。

残り24.5キロ地点

グライペルやテクレハイマノはグルペットでゴールを目指す。

残り22.1キロ地点

ニーバリとキンタナのライブデータ。同じところを走っているので、あまり差がない。

残り17.4キロ地点

先頭の2人は上り区間に突入。タイム差は4分20秒とかなり縮まる。

残り17.4キロ地点

ガリビアが曲がれないと判断してコースアウト。それにつられて何人かの選手がついて行ってしまう。混乱の中、落車した選手も……。

残り16.1キロ地点

ポランチが抜け出し、単独先頭に。

残り15.0キロ地点

アスタナのティラロンゴがメイン集団からアタックをかける。

残り13.4キロ地点

ティラロンゴはメイン集団に吸収される。

残り12.9キロ地点

ブルットがメイン集団に吸収される。

残り12.4キロ地点

ピエール・ローランがメイン集団からアタック。アスタナのビルバオが少し遅れて追いかける。

残り10.5キロ地点

メイン集団では各チームがそれぞれお互いの様子を見ながら牽制状態に入る。

残り9.2キロ地点

ファンレンズバーグが吸収。

残り8.9キロ地点

スカイのミケル・ランダがパンクで遅れる。

残り8.3キロ地点

バーレーンのペリツォッティがアタックをかけ、モビスターのアナコナがチェックにはいる。

その後、メイン集団に吸収される。

残り6.5キロ地点

ポランチがかなりいいペースで上っていく。ローランとのタイム差は2分18秒。

ローランのライブデータ。斜度9%の道を登坂中。

残り5.8キロ地点

ディメンションデータのイゴール・アントンがメイン集団から抜け出すが、すぐに吸収される。

残り5.5キロ地点

ローランも吸収される。

残り4.1キロ地点

タイム差は1分台に。距離はおよそ300メートル。少し厳しいか!?

残り3.8キロ地点

メイン集団はかなり小さくなる。

残り3.2キロ地点

アスタナのジャスパー・ハンセンが抜け出す。

残り2.7キロ地点

メイン集団ではかなりの牽制状態となり、ペースが大きくダウン。

残り2.5キロ地点

ニーバリがアタック。

残り2.3キロ地点

ニーバリとハンセンは吸収。

残り1.9キロ地点

アントンがアタックし、さらにハンセンがついていく。

残り1.7キロ地点

そのままハンセンが先行する。ポランチとのタイム差は1分。

残り1.3キロ地点

ドゥムラン、ピノ、ザッカリンが仕掛ける。

残り1.1キロ地点

ザッカリンが一気に抜け出す。

残り450メートル

ザッカリンはまだ見えない。

残り0メートル

ポランチ、見事に逃げ切りを成功させる!

レース結果一覧

第4ステージの結果、総合成績、各賞ジャージ着用者についてまとめています。

第4ステージ結果

順位 選手名 チーム ゴールタイム
1 ヤン・ポランチ UAD 4時間55分58秒
2 イルヌール・ザッカリン KAT +19秒
3 ゲラント・トーマス SKY +29秒
4 ティボー・ピノ FDJ +29秒
5 ダリオ・カタルド AST +29秒
6 トム・ドゥムラン SUN +29秒
7 ボブ・ユンゲルス QST +29秒
8 アダム・イェーツ ORS +29秒
9 バウケ・モレマ TFS +29秒
10 ヴィンツェンツォ・ニーバリ TBM +29秒

 

総合成績

順位 選手名 チーム タイム
1 ボブ・ユンゲルス QST 19時間41分56秒
2 ゲラント・トーマス SKY +6秒
3 アダム・イェーツ ORS +10秒
4 ヴィンツェンツォ・ニーバリ TBM +10秒
5 ドメニコ・ポッツォヴィーボ ALM +10秒
6 ナイロ・キンタナ MOV +10秒
7 トム・ドゥムラン SUN +10秒
8 バウケ・モレマ TFS +10秒
9 ミケル・ランダ SKY +10秒
10 ティボー・ピノ FDJ +10秒

マリア・ローザ(個人総合時間賞)

ボブ・ユンゲルス(QST)

マリア・ロッソ・パッショーネ(ポイント賞)

 

アンドレイ・グライペル(LTS)

順位 選手名 チーム ポイント
1
2
3

マリア・アッズーラ(山岳賞)

ヤン・ポランチ(UAE)

順位 選手名 チーム ポイント
1 ヤン・ポランチ UAE
2
3

マリア・ビアンカ(新人賞)

ボブ・ユンゲルス(QST)

順位 選手名 チーム 総合タイム
1 ボブ・ユンゲルス QST 19時間41分56秒
2 アダム・イェーツ ORS +10秒
3 ダビデ・フォルモロ CDT +10秒

不明データは判明後に追記します。

ひとこと

ポランチは最後、かなり厳しそうでしたが、粘りに粘ってのステージ優勝でした。途中で山岳ポイント妨害事件(?)もありましたが、いい終わり方ができて良かったですね。

そして、総合優勝争いは、ニーバリが少し動かそうとしていましたが、結局はお見合い状態で何も起こりませんでした。ただ、お互いのライバルの状態は把握したでしょう。これからどんどん仕掛けてくれることに期待しています。

folder

スカパー加入料が無料!

国内最大のスポーツ専門テレビチャンネルであるJ-SPORTS
グランツール(ジロ・ツール・ブエルタ)はもちろん、春のクラシックや世界選手権まであらゆるサイクルロードレースを網羅しています。

→2017年からジロはDAZNのみの放映となりました。

劣悪なD◯ZNを経験すればわかるスカパーの偉大さ!(・ω・`)

当サイトでは試合結果速報や、レース内容解説をお伝えしていますが、やはりレースは映像で見るのが一番です!

スポーツ

【ジロデイタリア’17】第21ステージのレース展開と結果について トム・ドゥムランが初のグランツール制覇!
2017年5月28日(現地時間)、第100回ジロ・デ・イタリアの第21ステージが行われました。 本記事では第21ステージのレース展開、結果・総合成績・各賞ジャージ着用者について紹介いたします。 レース展開 第21ステージのレース展開です。 ※画像出典:DAZN 第1走者の       キリエンカがスタート。今日は落車せずにゴールしたいところ。   ヴァンエムデンが暫定1位となる33分08秒でゴール。   トラトニックは暫定4位に入る。   キリエンカはあまり調子が良くなかったか。暫定3位のタイムでゴール。   アダム・ハンセンは17回目のグランツール完走を達成。   ロスコフが暫定4位のタイムを記録。   ユンゲルスがスタート。ここから総合上位勢が登場する。   モレマがスタート。   フォルモロはそれほどペースを上げずに走る。 &nb

続きを読む

【ジロデイタリア’17】第20ステージのレース展開と結果について ティボー・ピノが今大会初勝利! キンタナとニーバリはドゥムランとの差を広げられず
【ジロデイタリア’17】第19ステージのレース展開と結果について ミケル・ランダ、単独で逃げを決めて今大会初勝利!
【ジロデイタリア’17】第18ステージのレース展開と結果について ティジェイ・ヴァンガーデレンがグランツール初勝利!
【ジロデイタリア’17】第17ステージのレース展開と結果について ピエール・ローランが逃げ切り優勝を決める

「'17ジロ」記事をもっと見る

'17ジロ 人気記事

記事が見つかりませんでした。