【ジロデイタリア’17】第21ステージのレース展開と結果について トム・ドゥムランが初のグランツール制覇!

2017年5月28日(現地時間)、第100回ジロ・デ・イタリアの第21ステージが行われました。

本記事では第21ステージのレース展開、結果・総合成績・各賞ジャージ着用者について紹介いたします。

レース展開

第21ステージのレース展開です。

※画像出典:DAZN

第1走者の

 

 

 

キリエンカがスタート。今日は落車せずにゴールしたいところ。

 

ヴァンエムデンが暫定1位となる33分08秒でゴール。

 

トラトニックは暫定4位に入る。

 

キリエンカはあまり調子が良くなかったか。暫定3位のタイムでゴール。

 

アダム・ハンセンは17回目のグランツール完走を達成。

 

ロスコフが暫定4位のタイムを記録。

 

ユンゲルスがスタート。ここから総合上位勢が登場する。

 

モレマがスタート。

 

フォルモロはそれほどペースを上げずに走る。

 

ポッツォヴィーヴォがスタート。ザッカリンとのタイム差を逆転できるか。

 

ステージ優勝も獲りたいユンゲルス、暫定3位で中間計測を通過。

 

ザッカリンは表彰台(総合3位以内)を狙いたい。

 

優勝候補のドゥムラン。マリアローザ獲得に向け気合十分。

 

モレマは暫定21位のタイムで中間計測を通過。

 

フランスTTチャンピオンのピノ。逆転マリアローザ獲得のチャンスもあり!

 

ポッツォヴィーヴォ、中間計測

 

ユンゲルス、第2計測ポイントでタイムを落とす。

 

連覇を狙うニーバリ。総合上位勢の中では一番調子が良さそう。

 

ザッカリンは暫定8位のタイムで中間計測を通過。

 

最終走者、キンタナがスタート! できるだけタイムを落とさずに走りたい。

 

ドゥムランは暫定2位で中間計測を通過。

 

モレマはあまりタイムが伸びない。

 

ピノは中間計測の時点でドゥムランに逆転を許す。

 

ニーバリも中間計測の時点でドゥムランにタイム差を逆転される。

 

ザッカリンが第2計測ポイントを通過。

 

 

ユンゲルスは暫定7位でゴール。

 

キンタナは中間計測の時点ではマリアローザをキープ。

 

ドゥムランはいいペースをキープ。

 

バーチャルの総合順位。ザッカリンがピノと並ぶ。

 

アダム・イェーツはマリアビアンカを失ってしまう。

 

このまま総合4位を守れるか。

 

モレマは暫定27位でゴール。

 

ニーバリはキンタナを抜いて総合2位に浮上したい。

 

ドゥムランがバーチャルマリアローザに。

 

キンタナは第2計測ポイントを1分06秒遅れで通過。

 

ザッカリンは後半にタイムを伸ばせなかった。

 

ドゥムラン、総合優勝がほぼ確定! クインツァートのステージ優勝もほぼ確定!

 

ピノは暫定26位のタイムでゴール。

 

ニーバリはドゥムランに42秒の差をつけられる。

 

キンタナは総合2位が確定する。

ファンエムデンはグランツール初勝利!

レース結果一覧

第21ステージの結果、総合成績、各賞ジャージ着用者についてまとめています。

第21ステージ結果

順位 選手名 チーム ゴールタイム
1 ヨス・ファンエムデン TLJ 33分08秒
2 トム・ドゥムラン SUN +15秒
3 マヌエル・クインツィアート BMC +27秒
4 ヴァシル・キリエンカ SKY +31秒
5 ジョセフ・ロスコフ BMC +35秒
6 ヤン・バルタ BOH +39秒
7 ゲオルク・プライドラー SUN +51秒
8 ボブ・ユンゲルス QST +54秒
9 ヤン・トラトニク CCC +57秒
10 アンドレイ・アマドール MOV +1分02秒

ヨス・ファンエムデン(TLJ)

総合成績

順位 選手名 チーム タイム
1 トム・ドゥムラン SUN 90時間34分54秒
2 ナイロ・キンタナ MOV +31秒
3 ヴィンツェンツォ・ニーバリ TBM +40秒
4 ティボー・ピノ FDJ +1分17秒
5 イルヌール・ザッカリン KAT +1分56秒
6 ドメニコ・ポッツォヴィーボ ALM +3分11秒
7 バウケ・モレマ TFS +3分41秒
8 ボブ・ユンゲルス QSF +7分04秒
9 アダム・イェーツ OQS +8分10秒
10 ダヴィデ・フォルモロ CDT +15分17秒

ナイロ・キンタナ、トム・ドゥムラン、ヴィンツェンツォ・ニーバリ

マリア・ローザ(個人総合時間賞)

トム・ドゥムラン(SUN)

サンウェブのメンバーがステージ上に上がってくる。

マリア・ロッソ・パッショーネ(ポイント賞)

フェルナンド・ガビリア(QST)

順位 選手名 チーム ポイント
1 フェルナンド・ガビリア QST 325
2 ジャスパー・ストゥイベン TFS 192
3 サム・ベネット BOH 117

マリア・アッズーラ(山岳賞)

ミケル・ランダ(SKY)

順位 選手名 チーム ポイント
1 ミケル・ランダ SKY 224
2 ルイスレオン・サンチェス AST 118
3 オマール・フライレ DDD 104

マリア・ビアンカ(新人賞)

ボブ・ユンゲルス(QST)

順位 選手名 チーム 総合タイム
1 ボブ・ユンゲルス QST 90時間41分58秒
2 アダム・イェーツ ORS +1分06秒
3 ダヴィデ・フォルモロ CDT +8分13秒

ひとこと

今年のジロ・デ・イタリアは総合上位勢のタイム差がそれほど広がらず、最後まで見ごたえのあるレース展開でした。

ドゥムランが強すぎましたね。中盤までは山岳ステージでもキンタナやニーバリとほとんど変わらないパフォーマンスを発揮できていたように思います。終盤はさすがに疲労がたまってきたのか、遅れることはありましたが、それでもタイムロスは最小限でした。

それと今大会はガリビアの活躍も目立ちました。
グランツール初出場で、いきなりステージ4勝。
山岳ステージではしっかりアシストもこなしていましたし、逃げにも積極的に乗っていました。

ゴール前での位置取りがうまく、ペーター・サガンのようなタイプの選手になれそうな予感がします。将来がとても楽しみです。

folder

スカパー加入料が無料!

国内最大のスポーツ専門テレビチャンネルであるJ-SPORTS
グランツール(ジロ・ツール・ブエルタ)はもちろん、春のクラシックや世界選手権まであらゆるサイクルロードレースを網羅しています。

→2017年からジロはDAZNのみの放映となりました。

劣悪なD◯ZNを経験すればわかるスカパーの偉大さ!(・ω・`)

当サイトでは試合結果速報や、レース内容解説をお伝えしていますが、やはりレースは映像で見るのが一番です!

スポーツ

【ジロデイタリア’17】第21ステージのレース展開と結果について トム・ドゥムランが初のグランツール制覇!
2017年5月28日(現地時間)、第100回ジロ・デ・イタリアの第21ステージが行われました。 本記事では第21ステージのレース展開、結果・総合成績・各賞ジャージ着用者について紹介いたします。 レース展開 第21ステージのレース展開です。 ※画像出典:DAZN 第1走者の       キリエンカがスタート。今日は落車せずにゴールしたいところ。   ヴァンエムデンが暫定1位となる33分08秒でゴール。   トラトニックは暫定4位に入る。   キリエンカはあまり調子が良くなかったか。暫定3位のタイムでゴール。   アダム・ハンセンは17回目のグランツール完走を達成。   ロスコフが暫定4位のタイムを記録。   ユンゲルスがスタート。ここから総合上位勢が登場する。   モレマがスタート。   フォルモロはそれほどペースを上げずに走る。 &nb

続きを読む

【ジロデイタリア’17】第20ステージのレース展開と結果について ティボー・ピノが今大会初勝利! キンタナとニーバリはドゥムランとの差を広げられず
【ジロデイタリア’17】第19ステージのレース展開と結果について ミケル・ランダ、単独で逃げを決めて今大会初勝利!
【ジロデイタリア’17】第18ステージのレース展開と結果について ティジェイ・ヴァンガーデレンがグランツール初勝利!
【ジロデイタリア’17】第17ステージのレース展開と結果について ピエール・ローランが逃げ切り優勝を決める

「'17ジロ」記事をもっと見る

'17ジロ 人気記事

記事が見つかりませんでした。