【ジロデイタリア’17】第10ステージ(個人TT)のレース展開と結果について ドゥムラン異次元の走りでステージ優勝&マリアローザ獲得

2017年5月16日(現地時間)、第100回ジロ・デ・イタリアの第10ステージが行われました。

本記事では第10ステージのレース展開、結果・総合成績・各賞ジャージ着用者について紹介いたします。

レース展開

第10ステージのレース展開です。

※画像出典:DAZN

タイムトライアルが得意なキリエンカが登場。

 

ザンドス・ビジギトフが2位の好タイムを記録。

 

今のところ上位2人のタイムが傑出している。

 

エドモンソンが暫定3位に入る。

 

キリエンカは中間計測ポイントを暫定1位で通過。

 

ケイゼルが暫定3位に入る。

 

クインツァートが暫定4位に入る。

 

かなり目立つアピール方法(笑)

Carlienというトライアスロンの選手にデートを申し込む内容。

※胸をはだけていたということで(?)罰金対象となったそうです。

 

サモイラウが暫定4位に入る。

 

ガズプロムのブラットがフェンスに激突。しばらく動けなかったが、何とかリスタートする。

 

ベンナーティが暫定4位に入る。4位の更新ラッシュ!

 

キリエンカ、最後のコーナーで痛恨の落車!

 

それでも暫定1位でゴールする。タイムロスが惜しい……

 

ヘップバーンが暫定3位に入る。

 

マヌエーレ・ボアーロのライブデータ。コーナーを立ち上がる際は600W超を発揮。

 

ルドヴィグソンのきれいなフォーム。

 

暫定10位までの選手。

 

LLサンチェスがトップタイムを更新。

 

キンタナはバイクのメカニカルドーピングチェック中。

 

中間の暫定順位。

 

第10ステージの優勝候補、トム・ドゥムランがスタート。

 

最終出走者、キンタナ。

 

ユンゲルスが中間計測でトップタイムをマーク。

 

ゲラント・トーマス、暫定1位の好タイムでゴール。

 

キンタナがコーナーでオーバーラン。危うく落車。

 

ユンゲルスも良いタイムで中間計測ポイントを通過。

 

ドゥムランは快調。

 

ザッカリンは暫定9位のタイムでゴール。

 

ニーバリはそこそこのタイムでまとめる。

 

ドゥムラン、異次元の走り! Gトーマスのタイムを49秒も縮める。

 

マリアローザはドゥムランへ渡る。

 

ステージ優勝が確定し、笑顔を見せる。

レース結果一覧

第10ステージの結果、総合成績、各賞ジャージ着用者についてまとめています。

第10ステージ結果

順位 選手名 チーム ゴールタイム
1 トム・ドゥムラン SUN 50分37秒
2 ゲラント・トーマス SKY +49秒
3 ボブ・ユンゲルス QST +56秒
4 ルイスレオン・サンチェス AST +1分40秒
5 ヴァシル・キリエンカ SKY +2分00秒
6 ヴィンツェンツォ・ニーバリ TBM +2分07秒
7 マキシム・モンフォール LTS +2分13秒
8 ヤン・トラトニク CCC +2分13秒
9 ヨス・ファンエムデン TLJ +2分15秒
10 アンドレイ・アマドール MOV +2分16秒

トム・ドゥムラン(SUN)

総合成績

順位 選手名 チーム タイム
1 トム・ドゥムラン SUN 42時間57分16秒
2 ナイロ・キンタナ MOV +2分23秒
3 バウケ・モレマ TFS +2分38秒
4 ティボー・ピノ FDJ +2分40秒
5 ヴィンツェンツォ・ニーバリ TBM +2分47秒
6 ボブ・ユンゲルス QST +3分56秒
7 ドメニコ・ポッツォヴィーボ ALM +4分05秒
8 イルヌール・ザッカリン KAT +4分17秒
9 アンドレイ・アマドール MOV +4分39秒
10 ステフェン・クライスヴァイク TLJ +5分19秒

マリア・ローザ(個人総合時間賞)

トム・ドゥムラン(SUN)

マリア・ロッソ・パッショーネ(ポイント賞)

フェルナンド・ガビリア(QST)

順位 選手名 チーム ポイント
1 フェルナンド・ガビリア QST 191
2 ジャスパー・ストゥイベン TFS 160
3 アンドレ・グライペル LTS 129

マリア・アッズーラ(山岳賞)

ヤン・ポランチ(UAE)

順位 選手名 チーム ポイント
1 ヤン・ポランチ UAE 44
2 ナイロ・キンタナ MOV 35
3 ティボー・ピノ FDJ 27

マリア・ビアンカ(新人賞)

ボブ・ユンゲルス(QST)

順位 選手名 チーム 総合タイム
1 ボブ・ユンゲルス QST 43時間01分12秒
2 ダヴィデ・フォルモロ CDT +2分23秒
3 ヤン・ポランチ UAD +2分55秒

ひとこと

第9ステージで落車したGトーマスもかなり頑張っていたのですが、ドゥムランの走りが異次元でした。風の強い区間がいくつかあったようなので、TTに強い選手にはだいぶ有利だったみたいです。

ドゥムランとキンタナとのタイム差は2分以上開きました。キンタナ相手には決して十分ではないタイム差かもしれませんが、ドゥムランがどこまでマリアローザを守れるかにも注目ですね。

folder

スカパー加入料が無料!

国内最大のスポーツ専門テレビチャンネルであるJ-SPORTS
グランツール(ジロ・ツール・ブエルタ)はもちろん、春のクラシックや世界選手権まであらゆるサイクルロードレースを網羅しています。

→2017年からジロはDAZNのみの放映となりました。

劣悪なD◯ZNを経験すればわかるスカパーの偉大さ!(・ω・`)

当サイトでは試合結果速報や、レース内容解説をお伝えしていますが、やはりレースは映像で見るのが一番です!

スポーツ

【ジロデイタリア’17】第21ステージのレース展開と結果について トム・ドゥムランが初のグランツール制覇!
2017年5月28日(現地時間)、第100回ジロ・デ・イタリアの第21ステージが行われました。 本記事では第21ステージのレース展開、結果・総合成績・各賞ジャージ着用者について紹介いたします。 レース展開 第21ステージのレース展開です。 ※画像出典:DAZN 第1走者の       キリエンカがスタート。今日は落車せずにゴールしたいところ。   ヴァンエムデンが暫定1位となる33分08秒でゴール。   トラトニックは暫定4位に入る。   キリエンカはあまり調子が良くなかったか。暫定3位のタイムでゴール。   アダム・ハンセンは17回目のグランツール完走を達成。   ロスコフが暫定4位のタイムを記録。   ユンゲルスがスタート。ここから総合上位勢が登場する。   モレマがスタート。   フォルモロはそれほどペースを上げずに走る。 &nb

続きを読む

【ジロデイタリア’17】第20ステージのレース展開と結果について ティボー・ピノが今大会初勝利! キンタナとニーバリはドゥムランとの差を広げられず
【ジロデイタリア’17】第19ステージのレース展開と結果について ミケル・ランダ、単独で逃げを決めて今大会初勝利!
【ジロデイタリア’17】第18ステージのレース展開と結果について ティジェイ・ヴァンガーデレンがグランツール初勝利!
【ジロデイタリア’17】第17ステージのレース展開と結果について ピエール・ローランが逃げ切り優勝を決める

「'17ジロ」記事をもっと見る

'17ジロ 人気記事

記事が見つかりませんでした。