【めっちゃ詳しい】一条工務店の「全館さらぽか空調」はオススメか?その真価に迫る。

※最新情報
某営業所では2016年2月の売上は14棟と、全体の12~13%であり、好調である模様です。

一条工務店は2016年1月、「全館さらぽか空調」として、冬は床暖房、夏は床冷房という、新たなシステムの販売を開始しました。

旧来標準装備だった全館床暖房システムについても一部仕様変更されたという話もあったので、一条工務店の販売担当者にガッツリお話を伺ったうえで、まとめてみました。

※内容は担当者様の見解と私見も交えられていますので、正確性は保証しかねます。詳しい情報は直接ご確認ください。

まず、全館さらぽか空調とは?

「夏が涼しくて」「冬が暖かい」というのは、もちろん理想でありながら、今ではありきたりともいえます。

現にその理想だけでいえば、標準仕様の一条の家でも特に問題がありません。

しかし、それでいて、さらにお客様に快適を提供しようと、上を目指すのが一条工務店の理念のようです。(担当者さんの受け売りです笑)

では、さらに上とはなにか?

夏が涼しくても、湿度があれば快適とはいえませんし、冬が寒くても、乾燥していれば過ごしづらいですよね。

こういった悩みは、もちろん冷暖房器具や加湿器などで解決できるのですが、箇所箇所で器具を設けたとしても、全館一様の温度を保つことは難しいですし、少なくとも、機器操作の手間なども掛かってしまいます。

そこで開発されたのが「全館さらぽか空調」システム。

これは、夏でも冬でも快適な温湿度を、全館均等に保ち続けることができるという優れもの。

もはや冷暖房器具(場合によっては加湿器も)必要がなくなるということなので、業界激震となる予感を秘めているシステムです。

「さらぽか空調」のスペック

「全館さらぽか空調」を利用した場合の、数値で表した具体的スペック(性能)は以下の表となります。

季節 平均温度 平均湿度
27~28℃ 45~50%
20~22℃ 45~50%

夏はさらさら

室温は27~28℃に維持するとともに、換気システムが除湿を行います。湿度は45~50%に調整されるようです。

冬はぽかぽか

冬は室温20~22℃、換気システムが加湿を行い、湿度40~45%の環境を維持します。

夏も冬も同様の湿度を維持し続けるのは凄いですよね。

全館さらぽか空調の二つの要素

前述の通り、全館さらぽか空調は、単純な冷暖房ではありません。除湿や加湿の機能こそが肝要といえます。したがって、

全館さらぽか空調=全館床冷暖房+(デシカント)換気システム

で構成されていると言い換えることができます。*

では、次では、この全館床暖房とデシカント換気システムについて、具体的に申し上げたいと思います。

*天井サーキュレーターの存在も大事ですが、これ自体は標準で装備されていることもあり、今回は説明から省きます。

全館床冷暖房

床に温水あるいは冷水を流し快適さを向上させます。

これについては標準仕様(床暖房)とあまり変わりませんが、一点だけ大きな仕様変更があります。

Ⅲ地域(東北以北・中部地方の一部)は不凍液、Ⅳ地域以南(関東地方・近畿地方以南)は水道水で循環できるようになったとのことです。

元は全地域において不凍液の導入が必要とされていたのですが、多くの地域でこれが不要になります。

(ただ、標準仕様でも、不凍液→水道水へ切り替える流れにはなっているようです)

デシカント換気システム

これが今回の革新的システムです。名高い住宅関連機器メーカーである、長府製作所と共同して開発したと言われています。

デシカント換気システムとは、吸着剤+ヒートポンプを内蔵した換気システムです。

まずは従来の換気システムと比較することで、今回のシステムについて迫っていきたいと思います。

従来(標準仕様)との違い

ちなみに一条の標準仕様では、ロスガード90という換気システムが備えられています。

ロスガード90は全熱交換型換気扇、つまり顕熱(温度)も潜熱(湿度)もすべて交換するという優れものです。

ただ、全熱交換型換気扇の温湿度上の弱点は、熱交換をする以上、外気と室内の空気の温湿度の範囲内でしか交換ができないという原則があります。

たとえば外気が40度、室内が30度の場合、熱交換で室内の温度を25度にすることは不可能です。いくら頑張っても30℃~40℃の間の値にしかなりません。

したがって今よりも冷やす/温める場合は、どうしても冷暖房が必要となっていました。

しかし、その冷暖房さえも必要でなくしたのが、このデシカント換気システムである、というわけです。

ロスガード90とデシカント換気システム(表中は「デシカント」とします)の簡易比較表は以下のとおりです。

 項目 標準仕様 さらぽか空調
名称 ロスガード90 デシカント
共同開発 ダイキン等 長府製作所
特徴 全熱交換型 全熱交換+ヒートポンプ
同条件での夏の温湿度 28℃/60% 24℃/45%
同条件での冬の温湿度 19℃/35% 22℃/45%

※同条件での夏および冬の温湿度比較は、夏は外気30℃以上、冬は外気10℃以下としたとき、ヒートポンプの性能を示すための想定値ですので、現実の試算ではないことにご注意ください。
※どちらも天井サーキュレーターは付属します。

ヒートポンプの働き

ヒートポンプはおおまかに言うと、空気を温めたり冷やしたりする作用があります。

それにより、外から入る空気を、夏には冷やし(除湿)、冬には温かく(加湿)します。

結果、常に理想的な外気を取り込むことができ、室内環境が快適になるのです。

いくつかの疑問

上記までをお読みいただければ、大変すぐれた機能ではないかというようにお思いの方もいらっしゃると思います。

事実私もそう思います。

しかし、ここではあえて、いくつかの疑問を挟んでみようと思います。

疑問その1:光熱費ってそんなに減る?

パンフレット紹介のモデルケースでは、夏場の光熱費が従来であれば23,200円であったところ、10,800円にまで減った(8月)と試算されています。

natsuda出典:「全館さらぽか空調」パンフレット

ただ、諸条件についての詳しい試算も書かれていませんし、Q値が低いと言われる一条工務店の家が、2万円以上の電気代がかかるという従来の試算は、若干不自然な気がします。

「全館さらぽか」の目的は「快適さ」にあるため、手間いらずにして、廊下やバスルーム、トイレに至って、どこの部屋でも快適に温度調整ができるという利点があるのは前提です。

そのため、例えば全部屋を同温度に維持するように冷暖房をつけた場合との比較かもしれません。

この経済性については、買い手側は精査が必要なようです。

疑問その2:足元が冷えるという懸念

担当さんによると、このシステムにおいては、夏でも靴下を履くことを推奨しているようで、やはり床の冷気は気になります。

確かにサーキュレーター毎に温度調整をすることは可能ですが、足元の冷えというのは冷え性の大敵ですから、気になる方も多いのではないでしょうか。

贅沢な悩みかもしれませんが、快適すぎるからこその難点、というのも抱えているように思います。

個人的見解:結構冒険かも?

かなり魅力的でもあるこのプランですが、やはり我先にと飛びつくにまでは、少しばかり勇気がいるような気がします。

話によると、坪単価+1.5万円で限定500棟とのことです。

延床30㎡なら45万円と、一見高いようですが、全館エアコンを導入するコストと比較すれば、そこまで分が悪い話ではないかもしれません。

 

……とは書いてみたものの、やはりちょっといい値段ですよね。

まあそれもこれも、標準仕様が過不足のない理想的なプランだから、果たしてここまでは必要かな?と思ってしまうのでしょう。

ゆくゆくは標準仕様にこの「全館さらぽか空調」が組み込まれることもあるかと思いますが、会社としてもすぐには踏み出せないのは、まだまだ実験的な意味が含まれているように思います。

そのため、しばらくは様子見というのも一つかもしれません。
(じゃあいつまでたっても建てられないじゃんって言われそうですが……笑)

追伸:カタログの内容はほぼ標準仕様の家にも当てはまる

本記事の一番上に画像を掲示した、「全館さらぽか空調」のカタログですが、これに記述されている内容は、標準仕様の家でも当てはまることも多く含まれています(PM2.5対策など)。

そのため、担当の方にお話を伺うにあたっては、「デシカント換気システム」がどういう機能なのか、このことに焦点を絞って話を聞かれるのが重要かと思います。

詳しくお知りになりたい方は、この点に留意するといいでしょう。


暮らし・習慣

マンションってポエムで売るもんなの笑える
1: 名無しさん@おーぷん 2018/11/07(水)20:16:45 ID:7uE 昔でいう団地の現代版マンションの本来の価値の無さを誤魔化すかのように、 毎年、これでもかとポエムを詠んでくる業界 ギャグすぎる件 以下、反応 2: 名無しさん@おーぷん 2018/11/07(水)20:18:38 ID:7uE マツコの知らないマンションポエムの世界   3: 名無しさん@おーぷん 2018/11/07(水)20:18:45 ID:7uE 正統の聖域 Setagaya Sanctuary   18: 名無しさん@おーぷん 2018/11/07(水)20:24:35 ID:eSU >>3 これかっこいい   4: 名無しさん@おーぷん 2018/11/07(水)20:19:14 ID:7uE まだ、誰も知らない世界へ。 シティタワーズ東京ベイ   6: 名無しさん@おーぷん 2018/11/07(水)20:20:15 ID:7uE もっと、街に恋をする。

続きを読む

【住まい】ニュータウンに家買うたけど歳食って歩くのはきつい 買物も病院も遠いどうすれば(´^ν^`;)
【賃貸】ワイ安すぎる賃貸を見つける
【賃貸】部屋借りた経験上、「絶対外せないな」ってなった条件挙げてけ
【賃貸】誰も家を貸してくれない…上京後に劣悪な環境で苦しむ若者たち【貧困】

「家造り ~住宅メーカーを選ぶコツ~」記事をもっと見る

家造り ~住宅メーカーを選ぶコツ~ 人気記事

【めっちゃ詳しい】一条工務店の「全館さらぽか空調」はオススメか?その真価に迫る。
【東京】「カーサ桜上水」マンション敷地に戸建て 二重使用で違法建築に 是正命令も 杉並区
ハウスメーカー選びのコツはQ値・U値・C値!営業トークにだまされないで!
【住宅】糸魚川大火に耐えた『奇跡の1軒』、地元の建築家に「丈夫な家を」と依頼(まとめ)
【不動産】全入居者が集団服毒自殺死したマンションが話題に 野球ができるぞ(´・ω・`)
【住まい】ワイが大阪で借りた部屋ンゴwww 【事故物件】
【負動産時代】伊豆の別荘地、10万円投げ売り「もはや財産ではない」(反応まとめ)
【鍵】自宅の鍵をなくして、鍵屋にぼったくられて人生終了ww(プロ登場・まとめ)
【企業】不動産業者の対応がひどすぎると炎上 業者「お客様の無知が悪い」宅建業法違反の可能性も
【住まい】本当は怖いタワーマンション 絶景眺望の落とし穴「高層階症候群」とは