【まとめ】GIGAZINEパワーエステート事件 地積測量図を入手し検証した(公図・ブルーマップあり)

参考資料

本編まとめ

357: 名無しさん@1周年 2019/04/03(水) 18:14:20.35 ID:SpJAl8/I0

地積測量図を取ってみた。

97-1の地積測量図は、平成31年2月のものと、
昭和42年9月の2種類。

平成31年2月のものは、合筆後のもので、
キレイさっぱりしちゃってる。

昭和42年9月のものは、3連長屋もよくわかる。
分筆されていた状態のものだから。
三連長屋分の所の地番は、正面向かって左から、97-1、97-2、97-3と
3並びで振られてる。

(注:資料は公図)

興味本位で調べてみたけど、たいした事わからんかったな。
金掛けるだけ無駄だったw

 

374: 名無しさん@1周年 2019/04/03(水) 18:18:15.65 ID:DNXeD4sc0

>>357
土地は正面向かって「右」から(東から)
97-1,97-2,97-3
ちなみに建物は
97-1,97-3,97-2

-2と-3が家屋番号と地番が一致しない

 

390: 名無しさん@1周年 2019/04/03(水) 18:24:09.42 ID:SpJAl8/I0

>>374
建物向かって右側から

土地 97-1(50.384) 建物97-1(27.27)
土地 97-2(45.048) 建物97-1-3(35.28)
土地 97-3(47.181) 建物97-2(31.23)

カッコ内は面積。

整理するとこんな感じかと。
家屋番号97-1-3を振った意味がわからんのだが。

 

414: 名無しさん@1周年 2019/04/03(水) 18:34:49.78 ID:DNXeD4sc0

また仮説

建物「97-2」について
現在まで祖父の残した資材が保管されていたことから祖父も倉庫として自身の会社に貸していたと思われる
(赤字の会社という言葉がやはり母blogに有る、建設関係の会社?)

編集長は鍵を引き継いだが建物「97-2」を「真ん中」だと勘違いした上に偶然にも「真ん中」を開けられてしまう鍵だった、「真ん中」は誰の利用も無かった

ここから編集長による誤解による「真ん中」の占有が始まった
地主も放ったらかしにしてたので今回の事件まで空き家「真ん中」の占有に気付かなかった

>>390
これについては
97-2(左側)が増築部分で
97-3(真ん中)は97-1に仕切って2つに分けたと推測している

 

417: 名無しさん@1周年 2019/04/03(水) 18:37:09.51 ID:Bco/nT1X0
>>414
登場人物みんな勘違い説の誕生

 

433: 名無しさん@1周年 2019/04/03(水) 18:43:26.96 ID:SpJAl8/I0
>>414
真ん中だと勘違いしたっていう根拠なんかある?
https://gigazine.net/news/20190329-gigazine-destruction/
この記事を見る限り、第一倉庫として矢印をさした先は、正面向かって一番左の建物なんだが。

 

799: 名無しさん@1周年 2019/04/03(水) 21:30:43.71 ID:DNXeD4sc0

とんでもないことになりました

>>374
自ら間違いを発見
JTNブルーマップの見方を間違っていたw
https://mobile.twitter.com/mikumo_hk/status/1112537327685922816

マップの青字は地番つまり合筆される前は
建物も地番も右から97-1,97-3,97-2の順で存在していた
(地積測量図が地番の振り方が間違っている)

つまり土地97-3は建物「左」ではなく建物「真ん中」の敷地
そして
今のとこ土地97-2の閉鎖登記簿はアップされてない
https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

 

378: 名無しさん@1周年 2019/04/03(水) 18:19:31.09 ID:bRgq7o830

>>357
お疲れ様w

何のために97-1、97-2、97-3と分筆したのかはわからないけど
綺麗に駐車場と合筆したって事は、その辺の土地の権利は
全部地主側にあったって事だな
GIGAの母の言う土地も売って貰ったって証言も
97-2部分だけ売るってのは不自然だし信憑性に欠ける

 

781: 名無しさん@1周年 2019/04/03(水) 21:17:57.49 ID:uifkjL5x0
>>378
逆に分筆した当時は、借家に対する明確な意図を持って分筆したと考えるのが正しいと思うがなあ。

 

via: GIGAZINE社第一倉庫ショベルカーで破壊→業者が説明『脱法的地上げ行為に加担している事実ない』 ★2

 

【PR】投資に興味がある方は!

私LHは、このたびTradeviewアンバサダー(紹介者)として、世界最高のホワイトラベルであるFXブローカー、Tradeview Ltdから認めていただくことになりました。
FX裏情報を語ったり、世界のトップEA開発者らと協同した日本向けEAの開発など、仮想通貨含め、FXに関するいろいろな事業を展開してゆく予定です。
Tradeviewは仮想通貨も10倍レバで取引できるブローカーであり、その観点から投資情報をお届けしたいと考えております。

Tradeviewは完全A-Book(注文を呑まない優良業者)であることが確定しており、
加えて手数料についても最大限の優遇をはかっています。
そして万一の際には3.5万ドル(約400万円)の補償と、フルバックアップシステムの
ブローカー。もちろん私のIBでは、BTCやXRPもトレードできます。

もちろんTVの宣伝だけではなく、投資全般に関係する上質な情報を提供してまいりますので、今後ともご愛顧賜りますよう、どうぞよろしくお願いいたします。

仮想通貨・FXに関する極上品質の専門サイトを作成しました!

必ず得する情報・裏情報が満載です。ぜひご覧ください。

TV×LH公式リーフレットです。各項目の解説はリンク先にあります。

ライフハック

【反応まとめ】GIGAZINE社第一倉庫ショベルカーで破壊される→遂に力技でねじ伏せる地上げ屋「日新・・・」が本社にやってきた
1: ばーど ★ 2019/04/09(火) 21:44:24.28 ID:rceHDekw9 【この顔にピンと来た人はGIGAZINEへご連絡ください】 https://i1.wp.com/keisui.com/wp-content/uploads/2019/04/P4670663-1.jpg ついに本日2019年4月7日「日新・・・」がやって来た。 ※省略 やって来た時には編集長はにこやかに応対している。受付で名前を書かせることに成功。一人は、1回目の解体作業の時にやって来た人は加藤(株式会社エムズ・ジャパンの営業 日新プランニングの子会社のようなものらしい。)と名乗った。もうひとりのおじさんは新山建植と書いたが、字が汚くてよく読めない。建植って名前を早速検索してみたら、「標柱などを建てること」と書かれていた。意味深である。 この新山というおじさんは、日新の「顧問的な仕事」をしているということで、トラブルやゴタゴタを解決する役だそうであるが、名刺を要求してもガンとして出さない。そこで「あなたは本当に日新プランニングの人なの。新山という名前は本

続きを読む

【まとめ】GIGAZINEパワーエステート事件 地積測量図を入手し検証した(公図・ブルーマップあり)
【まとめ】GIGAZINEパワーエステート事件の経緯を推測してみた
【GIGAZINE vs パワーエステート】こんな格好の話題なのに テレビ報道はまだなの?(まとめ)
【GIGAZINE vs パワーエステート】自宅が勝手に壊されたときの対処法…過失傷害?(まとめ)

「GIGAZINE事件」記事をもっと見る