1: 2017/08/15(火) 20:55:36.26 ID:CAP_USER9 ■食いだおれの街・大阪を体現する「黒門市場」。そこに、ある変化が 外国人観光客にわかりやすいように、横断幕によって「フリーwi-fiの無料休憩所」や「トイレ」を案内。よく見ると、手荷物預かりや外貨両替機もあることが示されている http://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/homes-press/uploads/press/2017/06/6619fe856b848a0a5c9685d924f7578f-600x450.jpg■プロの料理人から外国人観光客まで訪れる商店街 “食い道楽”と称されるように、浪花っ子は食へのこだわりが強い。 「黒門市場」と言えば、戦前から続く大阪ミナミの台所。難波から歩いて5分の商店街は、鮮魚や精肉をはじめ日用品や飲食店などおよそ180の店が軒を連ねる。年の瀬、手にいっぱいの買い物袋を抱えた人でにぎわう光景をテレビで目にしたことがあるかもしれない。また、NHK朝の連続テレビ小説のロケ地になったことでも...