【おすすめ仮想通貨ICO】<DREAMTEAM>今年最高に面白そうなICOを見つけた!! 2017年の振り返りとともに。

この1年を振り返ると、ビットコインの台頭で夢を掴んだ人に続けと言わんばかりに、ICOの投資勧誘が流行りました。

ビットコインを取り巻く投資家の選択肢は以下のような感じだったのではないでしょうか?

  • 正統派:ビットコイン投資
  • 一発狙い派:アルトコ・ICO投資
  • マニア派:(クラウド)マイニング投資

2016年ごろは、クラウドマイニングはHYIPと同列に語られていたこともあったため、下手するとビットコインそのものよりも注目を集めていたかもしれませんが、今年の年末の趨勢はこのような感じでしょう。

一発狙いですが、これが案外、その夢をつかんだ人はあまり多くないイメージです。

ビットコインの独り勝ちで、主要アルトコインでさえ、(モナコインなど多少の例外はありますが)ビットコインの上昇率に追随できていません。

となると、例えばビットコインを費やしてICOトークンを購入したとしても、ICOが配布され取引可能になるまでの数カ月のタイムラグ間にBTCがすでに5~10倍になっているというケースも存在し、結果ICOが2倍3倍になろうが実は機会的には損失を被っているというパターンも多く存在しています。

現に国内初のCOMSA(CMS)も資金調達に大成功しましたが、それがローンチされるまでにBTCは余裕で倍になりましたから、厳しい話をすれば、BTCで投資した方はかなり機会損失を被ったことになります。XEMでも投資することができるのも特徴でしたが、このXEMもここ2日で倍になる騒動が勃発しており、踏んだり蹴ったり(かもしれない)状態。

それと関連する話ですが、BTC建てなどでICOで資金を調達した企業は、ホワイトペーパー1枚であっさりとお金を集められ、また当初の目標金額よりもレートが大幅に上がったことによる爆益から仕事への士気が低下し、上場ゴールで終わってしまうというケースも観測されるようです。

またこれは想像の域でしかありませんが、GOX(盗難)を自演して、持ち逃げするという手法も囁かれています。

このように、詐欺にも近い状況がまかり通っていることから、ICOはもしかしたら意味がないのでは?という観念が浸透していったのが今年の終わりの空気感でもあります。

日本におけるICOもCOMSAを最初で最後として、オワコン化しそうなにおいがプンプンします。(なんとなく)

ちなみに私も5個くらいのICOに手を出しましたが、そもそもトークンがなかなか発行されないところが多く、火傷気味だなあ……というのが正直なところです。

良いICOとは

失敗した経験も踏まえ、良いICO、つまり将来的に伸びのあるICOを考えてみました。

個人的には以下のいずれかの条件を満たすものであると思います。

  • 理念や概念だけでなく実態としての事業が存在する
  • マイニングや投資そのものでありバックテストなどが明確である

一つ目について。

理念に関して言えば、例えばCOMSAは事業実態というよりは、仮想通貨の流通の新たなスキームであることから、実際のところは投機的な要素がない限りは高騰する余地は認められにくいものと考えます。

実態として存在する例の一つで、私が購入したMonacoというICOがあります。これは所有しているMCOトークンの数量と保有期間に応じて配布されるカードのグレードが変わってくるものです。

例えば50MCO以上であればルビーカード、〇〇MCO以上であればプラチナ、〇〇〇MCOならブラック…など。
そしてこのカードにより、現在の仮想通貨を換金したり支払いしたりすることができるという、実経済での役割を担います。そしてその中でのMCOの位置づけは、いわばポイントカードのポイントとして機能します。

あくまで例えですが、コンビニで1,000円お買い物をすると10MCOがたまるといった感じです。このMCOに価値を見出すか否かはユーザーや投資家次第ですが、これならば実体的な存在であり、一応の将来性もある通貨かと思います。チャートも最近爆上げしだしました。(ただし、MONACOはMONAと似ているので、一緒に上がったのかも……)

二つ目について。

事業自体が投資事業(やマイニング事業)というものについては注目をする必要があるかと思います。

一例として、最近インデックスファンドのトークンであるCrypto20をご紹介しました(→関連記事)が、こちらは仮想通貨の上昇に応じて常に適切な通貨に組み換えをしてくれることで、最良のパフォーマンスをたたき出すものです。

過去のバックテストでの結果は以下の通りです。

2016年に1万ドルで始めたとしたら2017年8月には27万ドルになっているという計算です。

途轍もない膨れ上がりですね。バックテストもまあある種の詐欺の温床ではありますので信じる信じないは人それぞれですが、現状負けようのない相場なので、正当性はあるとみてよさそうです。

なお、この結果は8月までですが、それからビットコインの価値は3倍以上(50万→200万?)になりましたので、Crypto20は100万ドルを超えたのではないかと推測されます。

となると2年で100万→1億ですから驚異的という他なさそうです。

まあこういうICOは実体的ともいえ、大いにありだと思います。(ちなみに私はこれらの通貨含めて、いずれの通貨を勧めても全く得にも損にもなりませんのでご安心ください)

そしておすすめしたいのがDREAMTEAM

”ドリームチーム”……日本で聞くとめちゃくちゃベタで胡散臭い通貨のネーミングですね。ネットワークビジネスの会社とかにありそうな感じ(´・ω・`)

という先入観はさておき、これはゲームを支える通貨、ということだけを先に念頭に入れていただいて、以下のスポンサー予定表をご覧ください。

どうですか! 錚々たるネーミングのゲームがあるように思いませんか?ゲームをあまりしない私でさえ聞いたことがあるものが多いですね。流石にマインクラフトは誰もが聞いたことがあるレベル。

それと今の時期で言えば、ハースストーンのとてつもないクオリティのCMがやたらと流れていますよね。

実際、仮想通貨に投資をしたことがない私の友人も上のスポンサーリストをみて、「おおーっ!」と驚嘆をしたほどです。(彼はWoTファンです)

で、これらのゲームと通貨との関係が何か……というのは、想像に難くはなさそう。

ですが、実際にいくつかの説明文および画像を和訳して引用してみたいと思います。

  • トップeSportsトーナメントのプロバイダーやリーグ(ESLとStarLadder)と有名なプロスポーツチーム(NaViとSK Gaming)がDreamTeamと提携契約を結びます。
  • DreamTeamの夢の実現を支援するために、エスパート、テクノロジー、ファイナンス、その他の関連業界のトッププロフェッショナルが数多く参加しています。プレイヤーがゲームを見つけ、接続し、管理し、収益を上げることを可能にします。
  • DreamTeamのXsollaとのパートナーシップは、DreamTeamトークン所有者が最も人気のあるゲームやゲームプラットフォームで商品やサービスを支払うユニークな機会を提供します。

ざっくり言えば、eSportsに関するお金の巡りをよくするための通貨というところですね。ミソは全世界から資金を調達できるところにあるでしょうか。それを分配することにより、トッププロに対する相応の報酬や、養成機関の充実など、eSport文化自体の向上が期待できるという感じです。

もし仮にこれが実現したならば、ゲーム環境はその通貨までも国境を超えるわけですから、ひょっとするとこれからは、日本はクローズドで賞金がしょぼいからeSportsが流行らない……と心荒ませる必要もなくなるかもしれません。

それだけでなくゲーム内通貨にこのDreamTeamコイン(DTT)を用いれるようです。これはある種、これまで禁忌とされてきたRMTをCCT(クリプトカレンシートレード?)に変換してみようという荒業でもありますね。各国の法規制の壁があるかもしれませんが、なかなか面白そうな試みです。

いずれにしても、上の一覧にあるゲームが好きな方は、課金も兼ねて将来性に投資する、という価値は大いにあるのではないかと思います。 むしろそんな人にこそ!?なのかも?

私はどちらかといえばなんとなくな投資になってしまいますが、最初の調達額もそれほど多くはない分、この通貨の存在が世界にばれてしまったら、恐ろしく跳ね上がるような予感がします。

……とかなんとか言ってるあいだに、第一回のクラウドセールのSOFT CAP(最低ボーダーライン)に達してしまいました。これ、ハードキャップ(通貨発行締め切り)も時間の問題ですね(;´・ω・)

1ETH=2000DTTの交換率で、最小投資額は0.1ETH=200DTT、BTC支払い可能です。

多分(というかほぼ間違いなく)入金元口座とトークン受け取り口座は違っていてもOKです。

受け取り口座は会員ページに指定できます。

(MyEtherWalletやMetamaskなどのERC20口座を入力します)

  • 期間は12月11~14日
  • ボーナスは1日目―10%、2日目―5%、3日目―3% なので迷ってる暇はなさそうです。

これを逃したら次回は2018年2月になり交換レートが20%も下がりますので、ご参考にどうぞ。

最後に

一応お断りですが、DreamTeamが本当に大手ゲームと提携するのか、は予定の域に過ぎないため、過度の妄信は禁物です。詐欺という可能性はいつも捨てきれません。ただまあ、タイトルがメジャーすぎる点などから、流石に誇大妄想ではないかなとは思います。私は0.1BTCほど投資しました。

というわけで総括ですが、まあICOもオワコン化は甚だしいかもしれませんが、このように夢を見させてもらえるようなものは、あと数年はあるかもしれませんね。それを見極める能力を培っていきたいところです。

私はマイニング・クラウドマイニングを基として、ちょくちょくICOの夢を追いかけていきたいと思う所存です。

参考になりましたら
いいね!お願いします

本記事は5ch.netの各人の情報や、また当サイト管理人の主観に基づいた見解などを記しており、確実な投資実績を保証するものではございません。
くれぐれも投資は自己責任にてよろしくお願い申し上げます。

バンクエラで資産5倍に?

ネム財団の代表も立ち上げに加わっており、1月25日には銀行を買収。全世界からの注目を浴びているICOプロジェクトです。

また、このトークンは現在1BNK=0.020ユーロですが、次回セールでは1BNKが0.1ユーロ以上になると明言していることから、5倍以上の価値になる可能性が存在します。

調達額によって、どんどん価格が吊り上がっていますので、早期参入がチャンスです。

また毎週運用益を分配してくれ、想定年利も3~6%となかなか。

例えば1万ドルを入金すれば、年間300~600ユーロ分の報酬が見込めます。

かなり夢のあるプロジェクトです。(→購入手順はこちら、簡単です。)

おすすめウォレット

コインエクスチェンジ

コインのすべてをコールドウォレット・マルチシグで保管していると名言した唯一の事業者で、セキュリティ対策には万全を期しています。

CEOを中心とした危機管理委員会を設置し、外部専門家による疑似攻撃テストの実施を行うなど、高度で洗練された防御システムを日々改善していることが見受けられます。
仮想通貨のウォレットとしては全幅の信頼を置いてよい取引所ではないかと思う次第です。

かれこれ半年、ずっとQUOINEXって言ってました。ちにたい(´;ω;`)ブワッ

Binance

国内で扱われていないオルトコインや草コインが扱え、手数料が0.1%なのも海外取引所最安レベル。
ほぼすべての通貨のウォレットがあるので、マイニングの採掘高を入れられる。
メアドだけでも一定量は取引可能なところがうれしい。

Bittrex・Bitmex

Bittrexは数多くの有望銘柄を取り揃えている。ムーンなどは少ないが安定的な上昇に期待できるような銘柄揃い。

モナコイン(MONA)も対象通貨になっているため、日本人にとっても親しめる口座である。

またBitmexはレバレッジを最大100倍にしてBTCなどのトレードを行える、ビットコインFXファンの多くの方に圧倒的人気がある取引所。

為替やFXに例えれば、BITTREXで株売買を、BitmexでFX売買を、という感じで機能が分かれるので、この二つはセットと考えてもいいかもしれません。

名前も似ており、どちらもお互いを補う合う存在であるため、二つとも登録しておいて損はないでしょう。

HitBTC

上場銘柄が厳選されているため、価値の上昇&安定に期待できるものが多数。こちらも手数料0.1%
実はBCHの取引高が世界最大

ビットフライヤー

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

知る人ぞ知る国内最大手取引所。
ただしサーバーが弱くよく落ちる。でも金光碧ちゃん率いる経営陣は高学歴で布陣としては鉄壁。
今後の飛躍に期待したい。ビットコインをアマゾンギフトに交換できる点も地味にうれしい。

ザイフ

手数料-0.01%、定額積立機能が特徴。
ただし鯖落ち、ひっそりと個人顧客の資産がGOX、送金消滅、メンテ明けの価格操縦疑惑など、さまざまなトラブルを抱えています。メールサポートは1週間が当たり前、電話はかけてもつながらないのがデフォと、サポートはに不安感が残る。金融庁の立ち入り検査に早々に指定され、セキュリティ体制が不安視されている。

仮想通貨情報

【ICO投資情報】CreditsのICOが開始されたと思ったら終わってた…今の時代ICOって意味あんの?って話[18/2/19]
注目してたCreditsのICOの開始メールに今日気づきました。 そして気づいたら終わってました。 ……(´;ω;`)ブワッ で、でも! Now the individual cap is restricted to 0.5 Eth. (個人での投資上限は0.5イーサだお) たった0.5ETHしか投資できないってことだったら意味ないじゃん! テンバガーなんてそうそうないんだから、あったとしても利益は知れてるからもうええねん! ……とか負け惜しみを言わせてもらいます。 日程を押さえておけよ、と指摘されそうですが、Creditsの場合は詳細日程が事前に知らされてなく不意打ちだったのではないかと思うので、こればっかりはどうしようもなかった。。 ICOに投機的意味が薄れてきた ような。 最近のICOへの広告規制等の強化という、厳しい風当たりだけでなく、あまりにも案件が多すぎて上場されても「おお~っ!」という感動もなくなってきました。 昨年だったら上場されただけで「上場されてるのは信頼の証」という話もありましたが、今年はそういうわけにはいかな

続きを読む

【ICO投資情報】HydroCoinのICO情報 ~水素製造・貯蔵技術の開発・発展を目指す~ 【HYC】
【ICO投資情報】マスコインという壮大なるネタコインを買うべきか否か…
【仮想通貨ICO】Medicalchain(MTN)は上場中、噴き上げなく値ごろなので狙い目かも…[2/8]
【ICO投資情報】HEDGECONNECTはどう?第二のBITCONNECTへようこそ(´・ω・`)

「ICO投資情報」記事をもっと見る

ICO投資情報 人気記事

【2018年最高のICO】今年初めに押さえておきたい仮想通貨ICO第8選!
【REGAIN ICO】詐欺色の濃いICO、あと1000トークンを残すのみだが…
【ICO投資情報】Bankera(バンクエラ/BNK)を購入してみた!その概要と方法に迫ります。
【仮想通貨ICO】Medicalchain(MTN)は上場中、噴き上げなく値ごろなので狙い目かも…[2/8]
【ICO投資情報】SP8DEは論外? 買いかどうかを見極めつつ、購入方法についてもお知らせします。
【ICO投資情報】CreditsのICOが開始されたと思ったら終わってた…今の時代ICOって意味あんの?って話[18/2/19]
【Fountain Connect】CCAシリーズ第三弾のICOは流石に詐欺か!?これを勧めてるサイトには要注意……徹底分析!
【おすすめ仮想通貨ICO】<DREAMTEAM>今年最高に面白そうなICOを見つけた!! 2017年の振り返りとともに。
【仮想通貨】ビットコインバブルに乗り遅れた人に捧げたい、新たな投資方法【CRYPTO20】
【2017-2018おすすめICO】2017年は結構あたりを引いた! 2018年の抱負と対策