1: 2017/04/27(木) 15:58:10.79 ID:CAP_USER9 BE:511393199-PLT(15100) 毎年、批評家を中心とした、ベストを更新している海外サイト「THEY SHOOT PICTURES, DON'T THEY?」で恒例の21世紀のベスト1000が発表されました。 そういう意味では、プロというかやはり映画通好みのランキングです。 2,839の批評家の複数のリストと投票から集められた結果を集計して出された1000本で対象となる作品は、2000年から2016年までに製作された作品。 そこから5519本にのぼるノミネートされた作品から選んでいるとのことです。 今年は、2015年から2016年にかけて45人の新規監督を含む合計132の映画が加わった上での選考です。 初ランクインしたのは、バリー・ジェンキンス監督の『ムーンライト』が117位。139位に『ありがとう、トニ・エルドマン』 209位が『マンチェスター・バイ・ザ・シー』217位が『ELLE』225位が『ラ・ラ・ランド』などとなっています。 さて、日本人監督は、何...