『谷中レトロカメラ店の謎日和』の感想。伏線はステレオグラフィック。

谷中レトロカメラ店の謎日和 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)
柊 サナカ
宝島社 (2015-09-04)
売り上げランキング: 13,278

本作は7篇の短編を通じ構成された作品です。

正直、オチはある程度予測は付きますが、この作品の素晴らしいところはもう一つの伏線を秘めていることです。

「カメラとは、写真とは、一体どういう事象のことをいうのか」という基本をなぞった本作は、なかなか美しい作品となっていると私は感じます。

欠片は最後に埋められる

好事家が「レトロカメラ」に対するに一汐の想いを馳せるのは、単にそのフォルムや機構が優れているからではありません。

その背景に制作する者の熱い情熱はもちろのこと、そのカメラで撮影する者の存在、また、ネガを現像する者の存在があってこそ、その価値が際立つのです。

最終章では、本作最大の謎であるヒロインの素性だけでなく、「レトロカメラ」というテーマの日常ミステリーの中で、ずっとないがしろにされてきた、本来存在するべき最後のパズルピースを埋めることに成功していることが、非常に良い読後感を与えることに寄与しているかと思います。

一種の叙述トリック、ともいえるでしょう。なかなかうまい「構図」です。

ビブリアとは違う?

日常系ミステリーの新機軸として称される『ビブリア古書堂の事件手帖』ですが、本作も似た雰囲気は有するものの、『ビブリア』とは異なった作品分類であると考えられます。

というのは、本作は、事件の答えを「カメラの中には隠していない」からです。答えはカメラそのものではなく、「写真」や「行動」に存在していおり、カメラは物語に色を添える触媒としての存在に徹しています。

小説の存在自体を物語解決のキーし、その薀蓄を以って解決してゆくのが『ビブリア』シリーズですから、その点は大きく異なると言えるでしょう。

B5/500世代の読了日記様感想ブログにもありますが、本作には、まさしく『昔の日常系ミステリー』のテイストが眠っている、と言えるでしょう。

穏やかな愛の短編集

メインストーリーもそうですが、いずれの短編においても穏やかな愛を感じることができる作品です。

レトロカメラの知識を楽しみたい方だけでなく、少し心が温まるような、そんなミステリーを楽しみたい方にはおすすめでしょう。

また中途半端なやきもきを続けるラノベ的恋愛ではなく、女流作家的(嫌悪感を持たれたらすみません)であることも、かえって美しく仕上がっているように思います。

個人的には続編は望まないので、単独でドラマ化などを希望したいところです。

(評価:78点)

谷中レトロカメラ店の謎日和 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)
柊 サナカ
宝島社 (2015-09-04)
売り上げランキング: 13,278

【PR】朗報!レボリューシナプスが大幅値下げ

新聞各紙・メディアで紹介され、老若男女問わず様々な方に注目されている、

知力革命教材、レボリューシナプス。

作者の妻の、末期くも膜下出血からの奇跡の回復(エピソードはこちらから)のエッセンスが詰まった教材であり、ご高齢の方だけでなく、受験勉強をされる学生などにも圧倒的な支持を得ています。

知力に革命を起こすとされる伝説の教材、大幅値下げをDLMakretで行ったのですが、当のDLMarketがサーバーダウンで回復に半年以上かかるという事態に。そこで別サイトで大幅減額をすることにしました
期間限定なのでお見逃し無いよう。通常19,900円が、この度ご迷惑をおかけしていることもかんがみ、送料込みでPaymo(ペイモ)で9800円と史上最高の価格とさせて戴いました。リンクからどうぞ。

実体験記事はこちらから

インフォトップのランディングページを確認する

メディア

【悲報】唐澤弁護士の著書「炎上弁護士」、ガチでAmazonランキング独占中
1: 風吹けば名無し 2018/11/07(水) 18:29:07.75 ID:+ArnFY0F0 以下、反応 2: 風吹けば名無し 2018/11/07(水) 18:29:18.42 ID:+ArnFY0F0 マジのガチやぞ   7: 風吹けば名無し 2018/11/07(水) 18:29:56.21 ID:+ArnFY0F0 1500円でこれ   10: 風吹けば名無し 2018/11/07(水) 18:30:30.30 ID:+ArnFY0F0 やっぱ落として アカン   12: 風吹けば名無し 2018/11/07(水) 18:30:49.25 ID:ZiLrj+vS0 予約したけどこれ何ページの予定なんや? パンフレットみたいな薄っすいのならキャンセルするつもりやけど   13: 風吹けば名無し 2018/11/07(水) 18:30:56.03 ID:a1PTaj7n0 國井健太が尊師に依頼しそう   30: 風吹けば名無し 2018/11/07(水) 18:32:

続きを読む

【なんでやねん】最近の児童向け絵本の表紙の萌え絵化に「子供に悪影響の声」
【速報】ワイの小説、めちゃくちゃ上手い(まとめ)
【なろう】「三億円事件を実行したのは私です」 小説家になろうに投稿された自称犯人の告白文が話題に
【ラノベ】「涼宮ハルヒ」5年ぶり新作キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

「本の感想」記事をもっと見る

本の感想 人気記事

【名文集】なろう小説にありがちな失敗wwwwwwwwww
朝井リョウ『世にも奇妙な君物語』あらすじ・感想。これは…………すごい!!
【悲報】なろう作家さん、Amazonの☆1レビューに憤慨、業務妨害罪としての法的手段を検討か(まとめ)
【小説】なろう作家さん、ファミ通文庫編集の度重なる誤植に対し激怒、続刊断念か
【読書感想】『小説 明日のナージャ~16歳の旅立ち~』感想というか雑文。
『東大首席弁護士が実践! 誰でもできる<完全独学>勉強術 』と『東大首席弁護士が教える「7回読み」勉強法』(山口真由著)のまとめと比較と感想。興味深い本です。
東野圭吾『人魚の眠る家』感想。感動!考えさせられた!【もりの談義】
湊かなえ『ユートピア』概要・感想。「良くわからない作品は支離滅裂な作品より恐ろしい」
『王とサーカス』感想・レビュー。最後まで目が離せない極上のミステリー。
【朗報】「自軍300、敵軍5000の戦闘で9割勝てる戦術」のなろう小説がガガガ文庫から書籍化決定!!