『谷中レトロカメラ店の謎日和』の感想。伏線はステレオグラフィック。

谷中レトロカメラ店の謎日和 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)
柊 サナカ
宝島社 (2015-09-04)
売り上げランキング: 13,278

本作は7篇の短編を通じ構成された作品です。

正直、オチはある程度予測は付きますが、この作品の素晴らしいところはもう一つの伏線を秘めていることです。

「カメラとは、写真とは、一体どういう事象のことをいうのか」という基本をなぞった本作は、なかなか美しい作品となっていると私は感じます。

欠片は最後に埋められる

好事家が「レトロカメラ」に対するに一汐の想いを馳せるのは、単にそのフォルムや機構が優れているからではありません。

その背景に制作する者の熱い情熱はもちろのこと、そのカメラで撮影する者の存在、また、ネガを現像する者の存在があってこそ、その価値が際立つのです。

最終章では、本作最大の謎であるヒロインの素性だけでなく、「レトロカメラ」というテーマの日常ミステリーの中で、ずっとないがしろにされてきた、本来存在するべき最後のパズルピースを埋めることに成功していることが、非常に良い読後感を与えることに寄与しているかと思います。

一種の叙述トリック、ともいえるでしょう。なかなかうまい「構図」です。

ビブリアとは違う?

日常系ミステリーの新機軸として称される『ビブリア古書堂の事件手帖』ですが、本作も似た雰囲気は有するものの、『ビブリア』とは異なった作品分類であると考えられます。

というのは、本作は、事件の答えを「カメラの中には隠していない」からです。答えはカメラそのものではなく、「写真」や「行動」に存在していおり、カメラは物語に色を添える触媒としての存在に徹しています。

小説の存在自体を物語解決のキーし、その薀蓄を以って解決してゆくのが『ビブリア』シリーズですから、その点は大きく異なると言えるでしょう。

B5/500世代の読了日記様感想ブログにもありますが、本作には、まさしく『昔の日常系ミステリー』のテイストが眠っている、と言えるでしょう。

穏やかな愛の短編集

メインストーリーもそうですが、いずれの短編においても穏やかな愛を感じることができる作品です。

レトロカメラの知識を楽しみたい方だけでなく、少し心が温まるような、そんなミステリーを楽しみたい方にはおすすめでしょう。

また中途半端なやきもきを続けるラノベ的恋愛ではなく、女流作家的(嫌悪感を持たれたらすみません)であることも、かえって美しく仕上がっているように思います。

個人的には続編は望まないので、単独でドラマ化などを希望したいところです。

(評価:78点)

谷中レトロカメラ店の謎日和 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)
柊 サナカ
宝島社 (2015-09-04)
売り上げランキング: 13,278

参考になりましたら
いいね!お願いします


メディア

【小説家になろう】なろうでブクマ4万件とかどうやるんや【テクニック】
1: 名無しさん@おーぷん 2018/09/16(日)00:59:49 ID:u0h わいもなりたいやで 2: 名無しさん@おーぷん 2018/09/16(日)01:00:58 ID:K0e おんj受けする作品書いて晒す   3: 名無しさん@おーぷん 2018/09/16(日)01:02:02 ID:u0h おんj受けってどんなや とりあえずハーレムNGかつ文章力か   4: 名無しさん@おーぷん 2018/09/16(日)01:02:52 ID:pzH センスと継続   5: 名無しさん@おーぷん 2018/09/16(日)01:03:12 ID:u0h 抽象的すぎんか   6: 名無しさん@おーぷん 2018/09/16(日)01:03:53 ID:K0e ていうかみんななろうばっか言うけど、他のサイトのほうがいい可能性はないんか   9: 名無しさん@おーぷん 2018/09/16(日)01:05:36 ID:u0h >>6 とりあえず読者の分母が多いやん

続きを読む

キリスト新聞社が【小説】「聖書ラノベ新人賞」開催 「キリスト教を批判してもいいの?」「そんな些末なことを気にする暇があったらもっと面白さを追求せよ。」
【鬼才】昨日募集されてたノベルゲーイッチ知ってる奴おる?
【やれやれ】村上春樹さんの小説、下品図書に認定される/香港【僕は射精した】
【趣味】読書を趣味にして3年ほど経ったんだが…

「本の感想」記事をもっと見る

本の感想 人気記事

湊かなえ『ユートピア』概要・感想。「良くわからない作品は支離滅裂な作品より恐ろしい」
【悲報】なろう作家さん、Amazonの☆1レビューに憤慨、業務妨害罪としての法的手段を検討か(まとめ)
『王とサーカス』感想・レビュー。最後まで目が離せない極上のミステリー。
【小説】なろう作家さん、ファミ通文庫編集の度重なる誤植に対し激怒、続刊断念か
「クイック自己催眠」が教えてくれる自己催眠の新たな方向性
君の膵臓をたべたい(住野よる著)感想(若干ネタバレ有)
『江ノ島西浦写真館』の感想・レビュー(ネタバレ無し)。こういうのもっと書きいんだろうな、と思った。
住野よる『また、同じ夢を見ていた』感想。キミスイよりも好きです。
【読書】黒川博行『果鋭』(かえい)感想 パチンコ辞めたい人にこそ送りたい劇薬、これ読んでも打ちたいならあきらめろん
【読書感想】住野よる『かくしごと』の未読了時の感想(ファン注意)