『且坐喫茶』(いしいしんじ)概要・ネタバレ・感想。文章を賞味するという楽しみ方。

麦ふみクーツェ」「プラネタリウムのふたご」など、いしいしんじファンでもあるので手にした作品です。彼が「茶の道」と向き合った、エッセイとなっています。

且坐喫茶

いしいしんじらしくない作品、「らしい」世界へと成長

冒頭は荘厳な世界を表すためか、いしいしんじらしくない言葉運びを見せています。

特に私は茶道や茶の点前などについては全く知識を有しませんので、最初は、ゆるく考えていた世界です。(信長が反逆の臣、松永久秀に対し、茶釜を差し出す代わりに免罪の条件を呈示するほど、その位置づけが重要であったことは、知識としては有しています)

しかし、普段やわらかく優しい、生八ツ橋の皮でくるむようないしいしんじの語りから、「緑茶の緑とはすなわち血である」といった描写が飛び出すと、そのギャップに度肝を抜かれてしまい、「こりゃあ常人には届かない世界だな」と若干ビビってしまいました。

しかしらしさの片鱗をみせる。茶道との融合へ。

特に冒頭は格式ばった文体であったように思いますが、茶会を重ねるにつれ、文体が柔らかくなってゆきます。

「いしいしんじ調」とでもいうのでしょうか、「らしさ」が出てくるような文章へと発展していきました。

彼が先生との交流や陶芸家、茶杓の創作と向き合うことにより、峻烈な世界観が彼の物語的柔和な世界観と相まって優しく昇華されてゆくような気がし、文体を味わうだけで、いしいさんの成長を終えるような気がします。

茶の道の真髄がだんだん、上の空から丹田の方に落ちてゆくようなイメージへとなってゆくのが面白いと思ったところです。

もちろん真髄がどうとそういった小難しいことを語るものではありませんが、つまり面白さというのは、恐怖や厳しさの極地にある平穏たる世界なのかなというふうな感じです。

結び

  • いしいしんじの新しい文体が見える
  • しかし茶と融合することによりいしいしんじらしさが笑われる
  • 一作家の茶道における成長を文体から垣間見たい方におすすめかも?

書籍の帯には「いま、一字一句、先生に向けて書いています―」と、茶の先生の追悼作のような風合いも見せますが、それを経験することにより彼の著作の道も一つ深みを増したような気がます。

茶道について興味をもつことは一生無かろうと思っていましたが、なるほど興味深い世界のように感じました。

私にその世界は、開いているでしょうか・・笑

【PR】朗報!最高の頭脳革命教材が9,800円!

新聞各紙・メディアで紹介され、老若男女問わず様々な方に注目されている、

知力革命教材、レボリューシナプス。

作者の妻の、末期くも膜下出血からの奇跡の回復(エピソードはこちらから)のエッセンスが詰まった教材であり、ご高齢の方だけでなく、受験勉強をされる学生などにも圧倒的な支持を得ています。

知力に革命を起こすとされる伝説の教材、大幅値下げをDLMakretで行ったのですが、当のDLMarketがサーバーダウンで回復に半年以上かかるという事態に。そこで別サイトで大幅減額をすることにしました
期間限定なのでお見逃し無いよう。通常19,900円が、この度ご迷惑をおかけしていることもかんがみ、送料込みでPaymo(ペイモ)で9800円と史上最高の価格とさせて戴きました。この機会に是非!

実体験記事はこちらから

インフォトップのランディングページを確認する

メディア

【悲報】唐澤弁護士の著書「炎上弁護士」、ガチでAmazonランキング独占中
1: 風吹けば名無し 2018/11/07(水) 18:29:07.75 ID:+ArnFY0F0 以下、反応 2: 風吹けば名無し 2018/11/07(水) 18:29:18.42 ID:+ArnFY0F0 マジのガチやぞ   7: 風吹けば名無し 2018/11/07(水) 18:29:56.21 ID:+ArnFY0F0 1500円でこれ   10: 風吹けば名無し 2018/11/07(水) 18:30:30.30 ID:+ArnFY0F0 やっぱ落として アカン   12: 風吹けば名無し 2018/11/07(水) 18:30:49.25 ID:ZiLrj+vS0 予約したけどこれ何ページの予定なんや? パンフレットみたいな薄っすいのならキャンセルするつもりやけど   13: 風吹けば名無し 2018/11/07(水) 18:30:56.03 ID:a1PTaj7n0 國井健太が尊師に依頼しそう   30: 風吹けば名無し 2018/11/07(水) 18:32:

続きを読む

【なんでやねん】最近の児童向け絵本の表紙の萌え絵化に「子供に悪影響の声」
【速報】ワイの小説、めちゃくちゃ上手い(まとめ)
【なろう】「三億円事件を実行したのは私です」 小説家になろうに投稿された自称犯人の告白文が話題に
【ラノベ】「涼宮ハルヒ」5年ぶり新作キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

「本の感想」記事をもっと見る

本の感想 人気記事

朝井リョウ『世にも奇妙な君物語』あらすじ・感想。これは…………すごい!!
【悲報】唐澤弁護士の著書「炎上弁護士」、ガチでAmazonランキング独占中
東野圭吾『人魚の眠る家』感想。感動!考えさせられた!【もりの談義】
湊かなえ『ユートピア』概要・感想。「良くわからない作品は支離滅裂な作品より恐ろしい」
【名文集】なろう小説にありがちな失敗wwwwwwwwww
【悲報】なろう作家さん、Amazonの☆1レビューに憤慨、業務妨害罪としての法的手段を検討か(まとめ)
中田永一『私は存在が空気』概要・感想。好き嫌いが分れる「とりあえず」作品。
川副真佑実『いいこと みつけた!』~もっと評価されていい列伝~
【小説】なろう作家の文章、そのシンプルさ故に賛否両論「なろう作者、やっぱり小学生レベルの文章力だった 」
【読書】「速読」は科学的に不可能だと証明される…真の速読は「飛ばし読み」の技術に過ぎず