『ブラック・スキャンダル』レビューつまり感想。ジョニー・デップハゲよりコリー・ストールハゲのほうがやり手だったという話。

『ブラック・スキャンダル』(2015米、原題『Black Mass』,の感想です。

blascha

ジェームズ・ジョセフ・バルジャー(通称ジミー)という南ボストン(サウシー)で活躍した犯罪組織のリーダーが、FBI捜査官であり、同郷の絆のあったジョンとの協定で、敵方のマフィアであるアンジェロを撲滅することに成功。それを契機にジミーは勢力を広げるが、やがてFBIと捜査官との共謀などが、新任のワイシャック判事によって暴かれてしまう、という話です。

原題を日本風に「スキャンダル」としたところで、コメディ的な躍動も期待したのですが、全くそんなことはありません。人によっては胃が重くなるような、そんなバイオレンス映画です。タイトルに上手く転がされました

あんまりにボンボンと人を殺しますから、「この人いつ殺られるんだろ……!?」と、ヒヤヒヤしてしまい、ホラー映画さながらです。

しかし殺し殺されの映画でなかなかストーリーの糸を手繰るのは難しいもので、何が面白かったのか?と聞かれると、答えるのに窮してしまいます。

強いて言えば、ジミーの子供だけが唯一の救いです。

緑色の瞳をしたこの子役の名前はルーク・ライアン君ですが、オッサンども(女性もいます)が残酷な殺され方をしていく中で、この無垢なる少年は美しく可愛いです。(え?)

彼はバイオレンスの多重層のなかに存在する一輪の華です。登場してから間もなく死んでしまうのですが、儚く去ってゆくからこそいとおしく、心に残るものはないです。(ショタコンじゃないっすよ)

深い緑色の瞳、Yours are the sweetest eyes I’ve ever seen です。

ちぐはぐで難しい映画だ

話の展開としては、最初にウィークス、次いでマルトゥーノ、コノリー、フレミといった、かつてジミーと行動をともにした仲間が司法取引で証言を行い、回想をするという形になっています。

ただこれがちょっと厄介で、1975年はウィークスの証言、1982年が……と、時代によって証言者が変わっていくような話の流れになっているのと思いきや、そうでもないのです。

終盤になってジミーがFBIと内通していることを暴かれた新聞を手にし、(作中の最初の証言者である)ウィークスに渡した時、ウィークスが「えっ、マジで??内通してるわけないでしょ、嘘だと言ってくれ!??」みたいなガチで知らなかったリアクションがあります。

しかし回想シーン冒頭では、当然ながらジミーがFBIのジョンと内通するシーンも描かれますから、証言をもとに回想していると考えるとどうしても矛盾が生じてしまうのです。

えっじゃあ、あの司法取引のシーンは何の意味があったの?となります。

まあ最後にはキャプションで、罪に加担した彼らの顛末が語られます。ウィークスは5年、マルトゥーノは12年、コノリーは……といった感じです。

ただこれは珍しくなくて、最近では『ブリッジ・オブ・スパイ』でもこういったキャプションがありました。否応なく比較してしまいますが、『ブリッジ・オブ・スパイ』のほうがストーリー性も後日談のキャプションもインパクトが強いです。

んまあ、司法取引の減刑感が半端ないのと、死刑はないのね…というのが州法ならではの世界であるとともに、FBIのジョンに科せられた刑期の長さには驚きます……(小並感) もしかしたらそういうコンセプトのムービーだったのか……汗

登場人物・出演陣

あと、登場人物が似たような顔立ちなので、誰が誰か判別するのが難しいのと、ジミー・ビリー・ジョンと、似たような名前が主要人物なので、把握がかなり厄介です。

『SHERLOCK』シリーズで比較的親しまれたベネディクト・カンバーバッチが出ていることで、ちょっと気になった作品でもあります。ジミーの弟ビリーは、マサチューセッツ州の上院議長を務めますが、作中でとりわけ目立つ振る舞いはありません。友情出演レベルです。というか、この方はぶっちゃけ劣化が目立ちますね。

ジョニー・デップの役はまさに狂気ですが、しかし特筆するほどの珍しさを帯びるキャラクターでもないので、正直演技力の評価は難しいなと感じるところです。

彼らよりも、彼らの罪を暴きたてる検事が『アントマン』の敵ハゲの人(コリー・ストール)だったのがむしろ印象的でした。

今作でもある意味敵ハゲっすね。

antman_10(画像は『アントマン』より)

最後に、渋いセリフなど

バイオレンス映画として観ても際立つ何かが欠けているため、それほどオススメできる映画ではないかな、というのが感想ですが、唯一良いなと思う点は、セリフの渋さにあるでしょう。

一つだけ紹介しましょう。

ジミーの息子(ルーク・ライアン君!)から同級生と喧嘩した話を聞いた時に、ジミーが話したセリフ。

「そいつの顔をぶん殴ったのがまずかったんじゃないんだ。
みんなの見てる前で殴ったからまずいんだ」

息子は「じゃあ見てないところで殴る!」と喜び、母は邪道な教えに頭を抱えますが、まあある種では世の中の理を表してるようでもあります。

個人的にはなんだろう、「大事な話をするときに校内放送を使うやつはいない」というタモリの名言を思い出しました。

……うーん、名言チョイスが悪かったでしょうか。。笑

ま、そういった渋いセリフを探す為に本作を楽しむ、というのも一つかもしれませんよ。

【PR】投資に興味がある方は!

私LHは、このたびTradeviewアンバサダー(紹介者)として、世界最高のホワイトラベルであるFXブローカー、Tradeview Ltdから認めていただくことになりました。
FX裏情報を語ったり、世界のトップEA開発者らと協同した日本向けEAの開発など、仮想通貨含め、FXに関するいろいろな事業を展開してゆく予定です。
Tradeviewは仮想通貨も10倍レバで取引できるブローカーであり、その観点から投資情報をお届けしたいと考えております。

Tradeviewは完全A-Book(注文を呑まない優良業者)であることが確定しており、
加えて手数料についても最大限の優遇をはかっています。
そして万一の際には3.5万ドル(約400万円)の補償と、フルバックアップシステムの
ブローカー。もちろん私のIBでは、BTCやXRPもトレードできます。

もちろんTVの宣伝だけではなく、投資全般に関係する上質な情報を提供してまいりますので、今後ともご愛顧賜りますよう、どうぞよろしくお願いいたします。

仮想通貨・FXに関する極上品質の専門サイトを作成しました!

必ず得する情報・裏情報が満載です。ぜひご覧ください。

TV×LH公式リーフレットです。各項目の解説はリンク先にあります。

メディア

【悲報】『天気の子』ヒロイン天野陽菜さん、すでにデリヘルの講習済だった模様…(まとめ)
782: 風吹けば名無し 2019/07/19(金) 17:21:41.90 ID:zvw5GPxR0 陽菜がデリヘルの待機所に行く途中で穂高に連れ去られたシーン あのあと廃墟ビルでなぜ陽菜があんなに怒ったか それは、すでに講習終わった後だったから 講習は実際にデリバリーされた際の一部始終を行い 初心者の場合口内〇精についても実施する ※タイトル修正しました… 以下、反応 796: 風吹けば名無し 2019/07/19(金) 17:22:29.36 ID:h3+3oio00 >>782 エッッッッッ   816: 風吹けば名無し 2019/07/19(金) 17:23:17.74 ID:UwMzsq540 >>782 あんなにキレるのは納得いくけどすぐに機嫌直すのはあんま納得いかんわ まあいちいちそこに突っ込んでもどうしょもないけど   833: 風吹けば名無し 2019/07/19(金) 17:24:07.34 ID:agDafmOMa >>

続きを読む

【天気の子】三葉と四葉はどこで出てきたんや?(まとめ)
【悲報】天気の子のネタバレが早速投下されてしまう(まとめ)
【悲報】『天気の子』瀧くんが超絶ブラックの介護職になってて草wwww
【最速レビュー】『天気の子』観たやつ来い(まとめ)

「映画」記事をもっと見る

映画 人気記事

【天気の子】三葉と四葉はどこで出てきたんや?(まとめ)
【悲報】『天気の子』ヒロイン天野陽菜さん、すでにデリヘルの講習済だった模様…(まとめ)
【4DX】前から見るか後ろから見るか、端で見るか真ん中で見るか。おすすめの位置は?
【君の名は。】「”バカでも分かる”作品だからこそヒットした」―岡田斗司夫評について
【新海誠】『君の名は。』の『虹色ほたる』トレパク疑惑に新展開(まとめ)
【悲報】『天気の子』瀧くんが超絶ブラックの介護職になってて草wwww
映画『聲の形』感想。生きているうちにもう一度見に行きたい映画(ネタバレ少しあります)
【映画】『君の名は。』のパクリ説が浮上、『虹色ほたる』など
【映画】駿台生ワイ、入口でSIカードタッチでUターンして映画館やネカフェに直行してしまう
【最速レビュー】『天気の子』観たやつ来い(まとめ)