『わたしたちはその赤ん坊を応援することにした』(朝倉かすみ)概要・ネタバレ・感想。苦手でした……

今回は朝倉かすみ著『わたしたちはその赤ん坊を応援することにした』のレビューを行います。

わたしたちはその赤ん坊を応援することにした
朝倉 かすみ
幻冬舎
売り上げランキング: 652,889

正直無理だ・・

感想を見ていると概ね好意的な評価が多いですが、私にはどうしてもなじめない類の小説でした。作品が持っている重苦しい雰囲気にどうしても馴染めず、読みきった後も「時間を無駄にした」という思いと胸に去来する鉛のようなしこりが拭えずにいます。

おそらくこれは私自体の好みの問題であるかと思っています。たとえば女流作家の著名どころでは恩田陸作品を私はどうしても苦手としているのですが、世間評は高いという裏腹さに、なんともズレを感じてしまうところであります。

女性ウケはよく男性ウケが悪いと定義していいのか、もともと作品を享受する素養がないのか、それはなんとも言いがたいところです。

表紙・タイトルについて

タイトルについては読了してもあまり意味は分かりませんが、短編集の「森のような、大きな生きもの」「お風呂、晩ごはん、なでしこ」は、スポーツ選手らを応援する視点で書かれたものです。前者は「大いなる視点」で歴史上のスポーツ選手らを捉え、後者は一人の女子社員、フージコさんによるなでしこジャパンの応援について書かれたものです。

他者を応援することで自分を満たそうとする人生は、ある種「借り物の人生」のようなものです。作者はそのことに対する冷笑を発展させ、スポーツ選手、ひいては自分の子供に人生を仮託する人間の思考原理を、表題のようにシニカルに表したとも考えられます。

あるいは、パウロ=コエーリョの「ベロニカは死ぬことにした」という非常にセンセーショナルなタイトルの小説と似ているような気もしますから、単純にそれになぞらえた、というようにも考えられるでしょう。

いずれをもってしても、結果として何が言いたいのか主題がはっきりせず、タイトルと内容のギャップに違和感を覚えたのは私だけではないはずです。

各短編について簡単な評論を交えます。

森のような、大きな生き物

一躍有名になり、世間の目をかっさらったオリンピックのスターたちについて書かれたものです。実名を一切出さないのですが、ある年代以上の方であれば、誰のことを書いているのかは全てわかります。しかしこれを書いている視点は一体誰なのか、そういう正体が一切表れない点に「気味の悪さ」を感じます。

ニオイスミレ

近未来SFのような話です。優生思想が強く、優れた男性の種を残すことが価値であるとみなされる世の中に生きる女性たちの姿。しかしSFとしては設定がガバガバで面白いとは言いがたかったです。

P.45「彼女たちは『いしおんな』と呼ばれる。いしあたま同様、融通のきかない、頑固者という意味だ。わたしのように、さしたる理由もなく産もうとしない女も、『いしおんな』に入ってしまう。むかしはそこそこ数もいて、ある程度は市民権を得ていたらしいのだが、富国多産政策のもとでは少数派だった。」

「いしおんな」という定義や富国多産という言葉遊び。上記表現にどうしても違和感を覚えました。特に前者は石女(うまずめ)という言葉をご存知ないのか、いやまさかそんなことはないだろうとか、逡巡してしまいます。

まだ短編集の冒頭ですが、ここらへんで作者は大丈夫だろうかと若干心配になってきます。

あなたがいなくなってはいけない

チョピンと呼称している、本名も知らない友人を呼びつけておいて、自分の心情話を吐露し同情を得、逆にチョピンの不倫話を聞けば近所にばらまくという鬼畜ぶりを見せる、そんな女性の半生を描く作品。

彼女の行為が鬼畜なのかそうでないのか、あるいは男女で解釈違いがあるかもしれません。むしろ女性の「あるある」なのでしょうか・・??

地元裁判

夏の庭」かなと思ったらそうじゃなかった。

相談

珍しく男性主人公のお話です。しかしなんだろう、上司が部下の社内恋愛に嫉妬するという器の小ささに驚き。

ここまでで思ったんですが、この作品群は、2chの生活版でまとめられるたネタから着想を得ていたりするんじゃないかなあ。。

ムス子

真実を告げられ、「あっ……そうだったんだ」と途中から男のマインドが曇ってくる話の構成は先の「相談」と似ていなくもないです。

「男の幼稚さについて描いた2作品」だったのかもしれません。

フージコさん

ある意味では、標準的かそれ以下の働く女性モデルとなったお話です。

「キャリア・ウーマン」という呼称だけがかっこよくなっていく中で、蓋を開ければフージコさんのような現実が待っている。彼女を応援したくなるような共感作の仕上がりになっていることでしょう。

冒頭でも述べましたが、この作品は、主人公フージコさんが、今からなでしこジャパンを応援する――というところで終わります。結びはこうです。

P.222「今夜の相手は格下だけど、油断は禁物。フージコさんはきもちをぐっと引き締めて、アパートの鍵を開けた。」

若干過剰気味に自分を重ねて仮託しているようにも思います。冒頭に申しましたように、こういった人生モデルに対する皮肉というのが表題『わたしたちはその赤ん坊を応援することにした』につながっているようにも感じます。

点数:★★☆☆☆

好きな人には良いかもしれません。そもそも冒頭の作品も10代の方にはモデルになる人物は分からないでしょうし、より人を選ぶ作品になることでしょう。

以上です。


 

ベロニカは死ぬことにした (角川文庫)
パウロ コエーリョ
角川書店
売り上げランキング: 22,571

婚活コンシェルジュから聞いた真の出会い方

婚活コンシェルジュから聞いた業界の内情を暴露!無用な出会いを避けるためにまずは以下を読んでみてください。(こちらはLHオリジナル記事です)

※随時更新!

パーティーで会うか、相談所で会うか

婚活としての代表例は、

  • 婚活パーティー
  • 結婚相談所

の大きくは二つに分かれます。アプリでの出会いなどもありますが、これは身元がほとんど保証されておらず詐欺や事件に巻き込まれる可能性もあるので、肉体関係目的など、結婚まで見込んだ長期的交際に結びつかないことが多く、正直に言えば、普通の人が使うイメージはありません。

一方で婚活パーティーや結婚相談所は、相手の顔が見えることや身元が保証されていることもあるため、かなりの確率で”問題のない”異性と知り合うことが可能となります。

ではどちらがいいか?

これは個人の性格などによるものと思われます。相手の容姿や第一印象を重視されたい場合は婚活パーティーを、相手の資産や仕事、身元保証などを含め慎重に考えるのであれば結婚相談所となるでしょう。

婚活パーティーに関して言えば、独身証明書などを求めることがないことから、既婚者が参加しているケースも散見されます。そのため、安全性の高いのは結婚相談所タイプといえるでしょう。

結婚相談所はイメージが悪い?それは古い

そもそも結婚相談所、と聞くとどうも堅苦しい・敷居が高い・モテない人の終着駅という印象がありますが、そのイメージはもはや古いです。逆に結婚相談所を活用して出会いを求めないということが情報弱者であるとさえ云える時代かもしれません。

すでにウェブの進化の果てで、”現実的な出会い”という原点回帰に至っています。

圧倒的なセンスで婚活を革命したのはパートナーエージェントではないでしょうか。

どういう組み合わせなのかという、絶妙な有名キャラクターを用い、婚活に対する印象を鮮やかに変える資料の質は、凄まじささえ感じるところです。

結婚相談所には実は二種類ある

さて、結婚相談所に関する重要なお話ですが、実は結婚相談所といっても、大きくは二種類に分かれます。

それは、

  • 専任コンシェルジュ系
  • 情報提供系

の二つです。この分類名はLH独自ですが、前者は専属のカウンセラーが付くもの、後者は付かないものです。上記のパートナーエージェントの画像でも、『成婚コンシェルジュ』という言葉がありますが、まさに専任コンシェルジュ系の代表たる結婚相談所です。

専属のコンシェルジュは、婚活における情報強者たるツールになりえます。結婚相談所に登録するということは、最低誰かしらのコンシェルジュの審査を受け、登録することになります。そのため、そのコンシェルジュネットワークを通じ、相手がどういった人柄であるか、ということが必ず分かるのです。

もちろんコンシェルジュの質にもよるところなので一概にはいえませんが、相手に会う前に相手を知る(機先を制する)、という意味で、専属コンシェルジュの存在は大きな武器にはなります。

(裏話)コンシェルジュが合わない場合はやめたほうがいい

コンシェルジュとの出会いもまた一つの婚活ファクターです。そのため、合わないコンシェルジュと一緒には歩まないほうが良いです。これについては運の要素も大きいですが、コンシェルジュ同士もかなりの優勝劣敗(成績が悪いと消える)世界なので、ある程度の質は担保されているとみていいでしょう。

ただ人と人との話なので、コンシェルジュが信頼できないのに彼女(主に女性です)を通じた紹介で自分の本音を暴露できるかというとそれも微妙。ここは気をつけてください。

専属コンシェルジュ系で選ぶならば

専属コンシェルジュ系が最もおすすめとしましたが、そこで選ぶのであれば、

に絞られるかと思います。パートナーエージェントに関しては先の例にもある通りの圧倒的なセンスとアプローチ力で全国規模で会員を集め、スムーズな婚活を可能としています。

IBJも同様で、PartyPartyという婚活と同時並行的に行うことで、顧客を増やしている非常に力強い組織です。

フィオーレに関しては、規模が近畿~北九州といった西日本に限られますが、大阪圏を中心とした顧客データベースは圧倒的と言えます。そのため全国展開ではなしえない料金の安さや同一圏内での相手の多さなどが大きな武器となります。

エクセレンス青山は、都心と極めて限定的な場所であることと、特に男性は年収などのステータスが求められますが、その分確実な出会いも可能となることでしょう。

落ち目のところ

  • サンマリエ

etc…など、やはり名前を最近聞かないところは弱いです。積極的に広告戦略を打っているところは強い、またセンスのあるところは強い、そういったシンプルなイメージで婚活業態をとらえると良いかと思われます。

情報提供系で選ぶなら

情報提供系は基本的によく耳にするところです。

  • ツヴァイ
  • (楽天)オーネット
  • ノッツェ
  • ゼクシィ

など。しかしどうでしょう、これは別にコンシェルジュ系を持ち上げる意図ではありませんが、「最近聞かない」ところが多くないですか?

そうなのです、30代の方であればどれも一度は耳にしたことがある企業ではあります。しかしどうしても業態としては苦戦しているのが現状というところで、その原因が何かを突き詰めると、「専属コンシェルジュ系ではない」というところなのです。

登録して独身証明、収入証明を出してくれたらそこからは勝手に婚活してくれ、というタイプです。一応担当はつくのですが、規模や業績の問題から、あまり個人に関与する印象は低いです。

結局が自由主義になるところで、増えてくるのは男性会員です。これは婚活的なアプリなどを利用すればわかりますが、情報”だけ”で交際をする世界では、男女比のバランスが極めて崩れます男性が多くなり、女性が減るという現象が起きます。これは想像に難くはないでしょう。)

また、例えばですが、楽天オーネットも”楽天”という名前がついたり、事業譲渡をしたりとなかなか複雑なところです。ただ、楽天と聞くとイメージが保たれそうですが、よく考えると楽天自体が、「自由にお店を選んで買い物を楽しんでね」主義なわけであり、手厚いサポートはまず期待できないとみていいのです。

結論:コンシェルジュ系に入会しつつ婚活パーティで己を分析するべし

結論としては、コンシェルジュ系のサービスに入会するのがお勧めかと思います。

コンシェルジュ系では、

というところでしょう。関西圏であればフィオーレはコストの安さや立地、親しみやすさなどは優れており参加しやすいと感じます。ちなみに当サイトからの紹介で入会金3万円が無料になります。(LHを見たとお伝えください。伝わらなかった場合はinfo@life-hacking.netまでご連絡ください。)

そして、両輪になる婚活パーティーとしてのおすすめは、

となります。パーティ―パーティーはIBJ婚活とあまり密接に関係はしておらず、別分野として力を入れていることから、おすすめであります。

と、以上ご報告になります。ご参考にどうぞ。(`・ω・´)

恋愛・結婚・離婚

【足利大付属高】女子マネと交際した部員に正座させ蹴った元コーチを書類送検
1: ガーディス ★ 2018/04/03(火) 12:17:31.98 ID:CAP_USER9  栃木県足利市の足利大付属高(旧足利工大付属高)で昨年6月、男子バレーボール部の男性コーチ(66)(昨年12月に退職)が当時2年生の男子生徒に体罰を加えたとして、栃木県警は2日、元コーチを傷害容疑で宇都宮地検足利支部に書類送検した。 また、同じ生徒に暴力をふるったとして、同級生の部員2人を別の暴行容疑で書類送検した。 県警や同校などによると、元コーチは昨年6月下旬、校内で生徒を正座させ、胸を数回蹴るなどしてけがをさせた疑い。同校の調べに「生徒が部内で禁止された女子マネジャーとの交際をしていることを知り、かっとなった」と説明している。部員2人は同3月頃、寮で生徒を蹴るなどした疑い。 同部は全国大会で優勝経験がある。元コーチらの書類送検について、同校は「再発防止に向けて決意を新たにしなければいけない」としている。 http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14524714 以下、反応 2: 名無

続きを読む

【2ch】経 験 上 、 「 マ ジ で や め と け 」 っ て こ と
【仕事】転職したいけど有能な奴wwwwwwwwwwwwwwwwww
【業界激震】乃木坂46橋本奈々未さん ソニーミュージック社長と熱愛発覚か、社内恋愛は容認されていた
『わたしたちはその赤ん坊を応援することにした』(朝倉かすみ)概要・ネタバレ・感想。苦手でした……

「社内恋愛」記事をもっと見る

社内恋愛 人気記事

記事が見つかりませんでした。