米澤穂信『さよなら妖精』感想。

今回は『さよなら妖精』の感想です。

さよなら妖精 (創元推理文庫)

前回『王とサーカス』『真実の10メートル手前』をレビューしましたが、大刀洗万智シリーズで言えば本作が第一弾となります。

とはいえ本作の主人公は太刀洗ではなく、同級生の守屋であり、彼女は探偵役という立ち位置、という形になっています。

ちょっと青春寄りのミステリーですね。

日常に潜む謎を追っていきながら大きな謎を追いかけるという二重構造のお話。

主人公は守屋路行で冒頭では大学生。彼の高校時代の日記を頼りに、遠い異国の地から来たマーヤと過ごした季節を追想し、彼女が今どこにいるのかを探すという物語です。

一つ一つの日記にミステリー要素が忍んでいます。大刀洗万智は日常に潜む矛盾や謎を誰よりも早く察知する探偵役ですが、彼女自身が答えを出すのではなく、守屋に解答権を譲る形で進行していきます。

守屋はマーヤと親交を深めていくうちに”ある望み”が頭をもたげてきますが、この純粋な”望み”というのがミステリー性を深める原因であったという逆説的現象であり、結果として物語の刻印を深くすることとなります。

青春小説として読むにはちょっと大人びている感じがしますが、その一方で守屋の昇華しきれていない青い感情も気になり、あるいは羨ましくも思います。

彼女の瞳に恋をする。

守屋が解くべき謎は、突き詰めていえば、恋愛感情に根ざしたものでした。

しかし彼はマーヤを「異性として」ではなく、「人間として」憧れを抱いていると思い込みます。やがて守屋は、彼女の故郷を訪ねたいと考えるようになります。

この守屋の勘違いは、他の登場人物にも影響していきます。

太刀洗万智は、守屋に対して、異性として好意を持っていました。

ところが突然現れた異国の少女のせいで、本来ならば守屋のそばにいる人物だったのが、いつの間にか横恋慕する立場になってしまいました。彼女は、はがゆい思いで二人を見守りながら、自分の適切な立ち位置を保ちつづけます。

その感情が発露するのが最後のシーンです。万智が守屋にぶつける告白めいた怒りは、守屋はマーヤに対する「恋愛感情」を「憧憬」と理解し、万智はそれが恋愛感情なんだ、と訂正しているようにも見えます。

歴史との絡め方が微妙か

後年の『王とサーカス』では歴史的背景と一件の殺人という、わかりやすい構図でしたが、本作もその構図になぞらえられています。歴史的大舞台と、一つの恋愛、です。

執筆当初まだ若手だったことも有ると思いますが、ユーゴスラビアの歴史との絡め方が若干直線的で安易だったのではないかというのが感想です。

歴史的事実と経済的側面、そしてマーヤの言葉の断片から彼女の居場所を突き止めるというのが最終局面ですが、センター地理のように、推論しながら答えをも出していくような感じで、特段はっとする内容ではなかったため、あまり上手い使い方ではないような気もします。

また、現実の舞台を、あくまで青年の感傷の道具として用いているという見方もできます。このことの良し悪しの評価は分かれるでしょう。

『太刀洗シリーズ』への影響

本作と関係があるものとして、『真実の10メートル手前』の「ナイフを失われた思い出の中に」で、マーヤの兄が訪れます。『さよなら妖精』と内容的にはあまりリンクしない形をとっていますが、印象深い記述があります。

 私は思い出す。十五年前の、妹の言葉を。

日本に友人ができた。純真な者や正直な者、優しい者が彼女の友になった。そして、センドーと呼ばれていた少女は、とても恥ずかしがり屋だったという。(『真実の10メートル手前』P.249)

純真な者が守屋、正直な物が文原、正直な者がいづる。ここまではしっくり来ます。

しかしセンドー(大刀洗万智)が「恥ずかしがり屋」というのは、なんとも不思議な表現です。作中では「恥ずかしがり屋」といえる要素はあまり感じませんでしたが、万智とマーヤは秘密を共有した仲であったといいます。

センドーはマーヤにどんな打ち明け話をしていたのでしょう。それが少し気になります。

「ティーンエージャーの頃と同じと言われて、嬉しくはありません」(同p.249)

と言って喜ぶ万智はちょっとかわいい。

 

真実の10メートル手前
真実の10メートル手前

posted with amazlet at 16.02.02
米澤 穂信
東京創元社
売り上げランキング: 5,853

参考になりましたら
いいね!お願いします


メディア

【趣味】読書を趣味にして3年ほど経ったんだが…
1: 名無しさん@おーぷん 2018/05/17(木)20:07:54 ID:cJf 色々雑学付くし割と楽しい 以下、反応 2: 名無しさん@おーぷん 2018/05/17(木)20:08:26 ID:XoH 良いことと思う   3: 名無しさん@おーぷん 2018/05/17(木)20:09:38 ID:zV6 何読んでるの?   4: 名無しさん@おーぷん 2018/05/17(木)20:10:24 ID:cJf >>3 メインは科学分野の雑学本。いわゆるポピュラーサイエンス。   5: 名無しさん@おーぷん 2018/05/17(木)20:10:54 ID:FHb >>4 俺も読書好きだけど 歴史系ばっかだわ   9: 名無しさん@おーぷん 2018/05/17(木)20:14:31 ID:zV6 >>4 俺も科学書や哲学書はよく読むよ 高校時代には リチャード・ドーキンスの「利己的な遺伝子」 トマス・クーンの「科学革命の構造」 ルネ

続きを読む

【文豪】夏目漱石「独リボツチデ淋イヨ」 英留学中のはがきを100年ぶり発見(´・ω・`)
【小説】女の書く小説で面白いやつないよな
【セメント樽の中の手紙】また最後まで読んでしまった〈コピペ保存〉
【ネット】ネットで小説投稿を始めるたけど反応が薄くて早くも挫折しそう

「本の感想」記事をもっと見る

本の感想 人気記事

湊かなえ『ユートピア』概要・感想。「良くわからない作品は支離滅裂な作品より恐ろしい」
【悲報】なろう作家さん、Amazonの☆1レビューに憤慨、業務妨害罪としての法的手段を検討か(まとめ)
【小説】なろう作家の文章、そのシンプルさ故に賛否両論「なろう作者、やっぱり小学生レベルの文章力だった 」
【名文集】なろう小説にありがちな失敗wwwwwwwwww
『且坐喫茶』(いしいしんじ)概要・ネタバレ・感想。文章を賞味するという楽しみ方。
住野よる『また、同じ夢を見ていた』感想。キミスイよりも好きです。
苫米地英人『「速読脳」のつくり方』概要紹介。「7回読み」に通じる所あり!?
「自己催眠トレーニング」(松岡圭祐著)伝説の本の内容解説。その①
君の膵臓をたべたい(住野よる著)感想(若干ネタバレ有)
知念実希人著「天久鷹央の推理カルテ」の感想。